アレックス・クラウディオ

アメリカ合衆国の野球選手
アレックス・クラウディオ
Alex Claudio
テキサス・レンジャーズ #58
Alex Claudio pitching in Arlington in Sept 2014.jpg
2014年9月
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区フンコス
生年月日 (1992-01-31) 1992年1月31日(25歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト27巡目でテキサス・レンジャースから指名
初出場 2014年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

アレクサンダー・クラウディオAlexander Claudio, 1992年1月31日 - )は、プエルトリコフンコス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、MLBテキサス・レンジャーズに所属している。

目次

経歴編集

2010年MLBドラフトテキサス・レンジャースに27巡目指名され、入団。

2014年8月13日怪我で離脱したダルビッシュ有の代わりにメジャーに昇格し、同日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビューを果たした[1]。同年は15試合でマウンドに登り、防御率2.92・投球イニングを上回る奪三振を記録して、奪三振率10.2をマークするなど、活躍した。

2015年は、前年とほぼ同等の18試合に投げた。メジャー初勝利を挙げたほか、前年に1.46だったWHIPを1.15まで引き下げた。奪三振率は低下したが、防御率もわずかながら良くなり、着実に成長の跡を示した。

2016年は、過去2シーズンの通算試合数よりも多い39試合にリリーフ登板。防御率2.79・4勝1敗・WHIP1.26という好成績を記録、防御率はMLBデビュー以来、年々下げて更なる成長の証を残した。

2017年開幕前の2月8日第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[2]3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[3]

選手としての特徴編集

左投げのサイドスローで、セットポジションに入る前に腕をくねらせる動作が特徴的。
球種は、最速88.7mph(約143km/h)・平均85mph(約138km/h)のトップスピンのかかったシンカーを中心に、平均67mph(約108km/h)のチェンジアップ、平均74mph(約119km/h)のカーブ、平均80mph(129km/h)のスライダーを使用する。GB%が60%と高く、シンカーなどでゴロを打たせて取るピッチングスタイル[4]

詳細情報編集

脚注編集

  1. ^ Rangers place RHP Yu Darvish on 15-day disabled list
  2. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  3. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  4. ^ FanGraphs

関連項目編集

外部リンク編集