イオンモールむさし村山

東京都武蔵村山市にあるショッピングセンター

イオンモールむさし村山(イオンモールむさしむらやま)は、東京都武蔵村山市に立地するイオンモール株式会社運営のモール型ショッピングセンター 。2核1モールのリージョナル型(RSC)。

イオンモールむさし村山
ÆON MALL MUSASHIMURAYAMA
AEONMALL-Musashimurayama-mu.JPG
地図
店舗概要
所在地 208-0022
東京都武蔵村山市榎一丁目1-3[1]
座標 北緯35度44分48.2秒 東経139度23分6.2秒 / 北緯35.746722度 東経139.385056度 / 35.746722; 139.385056座標: 北緯35度44分48.2秒 東経139度23分6.2秒 / 北緯35.746722度 東経139.385056度 / 35.746722; 139.385056
開業日 2006年平成18年)11月18日[1]
施設所有者 日本リテールファンド投資法人[3][4]
三井住友信託銀行株式会社[5]
施設管理者 株式会社ダイヤモンドシティ

イオンモール株式会社
敷地面積 約137,000[1]
延床面積 約150,000[1]
商業施設面積 約84,000[1]
中核店舗 イオンむさし村山店
店舗数 約180店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約4,000[1]
前身 プリンス自動車工業村山工場

日産自動車村山工場

ダイヤモンドシティ・ミュー

イオンモールむさし村山ミュー
商圏人口 約105万人(約43万世帯、自動車実走25分圏)[2]
最寄駅 玉川上水駅武蔵砂川駅
(いずれもバス利用)
最寄IC 青梅IC入間IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示
店内(2007年)

2007年平成19年)9月22日に、運営会社の株式会社ダイヤモンドシティがイオンモール株式会社と合併したことに伴い、「ダイヤモンドシティ・ミュー(DIAMOND CITY mu:)」から「イオンモールむさし村山ミュー」に改称[6]。さらに、2011年(平成23年)10月21日には現名称に再改称した[7]

概要編集

かつての日産自動車村山工場(旧プリンス自動車工業)跡地に立地する[2]、施設は日本リテールファンド投資法人の投資物件である[3]

キャッチコピーは「ちょっといい。もっといい。いちばんいい。」。ダイヤモンドシティ時代から使われていた「ミュー (mu:) 」の名は、立地する「武蔵村山」の頭文字の「Mu」、伝説の大陸「ムー大陸」、学術・文化・音楽をつかさどる神「Muse」から採られていた[2]

計画当初の仮称(大規模小売店舗立地法上の届出名称)は、ダイヤモンドシティ立川・武蔵村山ショッピングセンター(ダイヤモンドシティたちかわ・むさしむらやまショッピングセンター)であった[8]

当モールでは「イオンモールむさし村山・メンバーズカード」を発行しており、専門店各店での買い物によりポイントが貯まり、そのポイントを用いた抽選で買物券が交付されるというサービスを実施している。他のイオンモールのメンバーズカードとの互換性はない。また、イオンや一部の専門店ではポイントの付与、買物券の使用はできない。詳細は公式サイト「イオンモール メンバーズカード入会のご案内」を参照。

沿革編集

2006年(平成18年)11月18日、「ダイヤモンドシティ・ミュー」として開業[1]。ダイヤモンドシティとしては東京都内初出店となった[2]。開店時には、北に百貨店の「武蔵村山三越」、中央に約180の専門店街、南に総合スーパージャスコ」むさし村山店が出店し、ひとつのモールに2つの大型店を配する形態(2核1モール)をとっていた[2]

2007年平成19年)9月22日に、運営会社の株式会社ダイヤモンドシティがイオンモール株式会社と合併したことに伴い、「ダイヤモンドシティ・ミュー(DIAMOND CITY mu:)」から「イオンモールむさし村山ミュー」に改称した[6]

三越としても郊外初出店であったが、中三イオンモール秋田)、近鉄百貨店西京都店(京都ファミリー)など他のイオングループが運営するショッピングセンターに進出した百貨店と同様に、売上面では苦戦が続いた。そのため三越は2008年(平成20年)9月25日、同社の構造改革の一環として2009年(平成21年)3月1日限りでの撤退を表明し[9]、予定通り同日をもって閉店した。

三越の撤退後、跡地にはしばらくテナントが入らず閉鎖された状態が続いていたが、3階に家電量販店の「ノジマ」が出店することが決定し、ノジマの開店日となった2009年9月18日から三越跡は「ノースタワー」の名称が付与された[10]

2009年(平成21年)11月20日、アパレル大手ワールドが運営する大型複合衣料品店「FLAXUS(フラクサス)」とスポーツ用品専門店「Victoria」がノースタワーの1階と2階にそれぞれ出店した[10]。これにより、ノースタワーは全面リニューアルオープンすることになった。なお「FLAXUS」は元々センターコート付近にあった店舗を移転したものである[10]

2010年(平成22年)3月20日、旧「FLAXUS」区画の1階部分の一部に、室内遊び場と知育玩具販売店の「ボーネルンドあそびのせかい」が開店[3]。続いて同年4月24日には、旧「FLAXUS」区画の1階残りの部分と2階にファストファッション大手の「H&M」が開店し、この結果、すでに出店していたGAPZARAと合わせて世界三大アパレルブランドの店舗が日本のショッピングセンターとしては初めて揃うこととなった[3]。同時期にはモールへのバス路線についても新設・増便されている[3]

2011年(平成23年)10月21日、現名称の「イオンモールむさし村山」に再度改称した[7]

主なテナント編集

2012年7月18日現在[11]

出店店舗全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を、商品券・クレジットカード・電子マネーでの決済が可能な店舗は公式サイト「ご利用頂けるクレジットカード・商品券のご案内」を参照。

核テナント編集

交通アクセス編集

公式サイト「アクセスガイド」も参照。

最寄り駅は西武拝島線武蔵砂川駅(南へ約1.8km)であるが、武蔵村山市のコミュニティバスを除き同駅からはバス路線の設定がない。公共交通機関で来訪する場合は、同じ西武拝島線の玉川上水駅もしくは、JR立川駅昭島駅から路線バスを利用するのが一般的である。

なお、延伸が計画されている多摩都市モノレール線上北台駅 - 箱根ケ崎駅間が開業した場合は、当モールの北側約400mの新青梅街道上を通る予定であり、新駅の設置される位置によってはアクセスが飛躍的に向上する可能性がある[12]

バス停留所名は、ショッピングモールの名称変更後もしばらくは「ダイヤモンドシティ」のままであったが、2008年2月16日に「イオンモール」に変更された。西武バスでは2018年9月1日に「イオンモールむさし村山」に変更したが、立川バスでは「イオンモール」[13][14]のままである。

道路編集

路線バス編集

立川バス西武バスの一般路線バスが運行されている。また、立川バスが運行受託する武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)も経由する。

開店当初に設定されていた玉川上水駅からの臨時シャトルバスは、2007年2月28日をもって終了した。

立川バス編集

  • 玉12-1 玉川上水駅 - 団地中央 - 新海道 - イオンモール
  • 立25立川駅北口 - 砂川七番 - 玉川上水駅北口 - 桜街道 - 団地中央 - 新海道 - イオンモール
  • 立11-3 立川駅北口 - 災害医療センター - 武蔵村山市役所 - 三ツ藤 - イオンモール
  • 立13 立川駅北口 - 災害医療センター - 武蔵村山病院入口 - イオンモール
  • 立13-1 立川駅北口 - 災害医療センター - 武蔵村山病院入口 - イオンモール - 三ツ藤 - 箱根ヶ崎駅東口
  • 昭23 昭島駅北口 - 西武立川駅入口 - 三ツ藤 - イオンモール
  • 昭27 昭島駅北口 - 西武立川駅南口 - 三ツ藤 - イオンモール

以上の各路線は終点「イオンモール」下車。なお、立13系統と立13-1系統は日中の時間帯に経路の差があり、立13-1系統が走っている時間帯にはイオンモール経由の箱根ヶ崎駅東口行きの立11-3系統が運転され、立川駅からは立13-1より所要時間がかからず、到着する。また、昭島駅からのイオンモール行きは日中のみ西武立川駅南口ロータリー内まで入る昭27系統が運行される。

  • 立11-2 立川駅北口 - 災害医療センター - 武蔵村山市民会館
  • 立11-1 立川駅北口 - 災害医療センター - 三ツ藤住宅
    以上の各路線は「村山医療センター入口」または「新海道」下車、徒歩10分。
  • 玉12-2 玉川上水駅 - 団地中央 - イオンモール東 - 武蔵村山病院
    「イオンモール東」下車。
武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)編集
  • 玉川上水ルート:玉川上水駅 - 村山団地 - 東経大前(→イオンモール→/←武蔵村山市役所←)村山温泉かたくりの湯
  • 武蔵砂川ルート:武蔵砂川駅 - イオンモール - 三ツ藤 - 富士塚(→西残堀→/←武蔵村山高校南←)中原三丁目
  • 西循環ルート:イオンモール→武蔵村山高校南→市民総合体育館→村山温泉かたくりの湯→武蔵村山市役所→イオンモール
    「イオンモール」下車。各ルートの乗継地点ともなっている。
西武バス編集

周辺施設/企業編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g イオンモールむさし村山 モール概要 - イオンモール株式会社
  2. ^ a b c d e 「DIAMOND CITY mu:(ダイヤモンドシティ・ミュー)」11月18日(土)グランドオープン (PDF) - 株式会社ダイヤモンドシティ・イオン株式会社・株式会社三越・ラサール インベストメント マネージメント株式会社 ニュースリリース 2006年10月3日
  3. ^ a b c d e 〜日本初! 世界3大アパレルのショップがイオンモールむさし村山ミューに勢ぞろい〜 2010年4月24日(土)「H&M」がオープン (PDF) - イオンモール株式会社 ニュースリリース 2010年3月19日
  4. ^ 日本リテールファンド投資法人>不動産ポートフォリオ>ポートフォリオマップ>イオンモールむさし村山 - 2012年12月18日閲覧
  5. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  6. ^ a b 『“新生”イオンモール誕生祭』 (PDF) - イオンモール株式会社 ニュースリリース 2007年9月19日
  7. ^ a b 「イオンモール」ショッピングセンター(SC)名一部変更のご案内 (PDF) - イオンモール株式会社 ニュースリリース 2011年9月20日
  8. ^ 大規模小売店舗立地法届出内容一覧(東京都・平成17年度) (PDF) - 2012年7月12日閲覧
  9. ^ 株式会社三越における構造改革の実施についてのお知らせ (PDF) - 三越伊勢丹ホールディングス ニュースリリース 2008年9月25日
  10. ^ a b c 〜わくわくがぞくぞくのリニューアル〜 2009年9月18日(金)10:00より「イオンモールむさし村山ミュー」にニューショップが続々オープン! (PDF) - イオンモール株式会社 ニュースリリース 2009年9月17日
  11. ^ a b c イオンモールむさし村山 フロアガイド - イオンモール株式会社
  12. ^ “多摩モノレール延伸に都が着手へ、7駅設置計画…さらに2方向への延伸構想”. 読売新聞. (2020年1月23日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200123-OYT1T50110/ 2020年1月24日閲覧。 
  13. ^ 運行系統一覧・管轄営業所 運行系統 | 路線バス”. 立川バス. 2020年8月24日閲覧。
  14. ^ 路線図 | 路線バス”. 立川バス. 2020年8月24日閲覧。

近隣の大型ショッピングセンター編集

イオングループ

その他

関連項目編集

外部リンク編集