メインメニューを開く

イオンモール大高(イオンモールおおだか)は、愛知県名古屋市緑区南大高二丁目450番地にある大型ショッピングセンター[5]

イオンモール大高
AEON MALL Ōdaka
ÆON MALL Odaka (6).JPG
地図
店舗概要
所在地 459-8016
愛知県名古屋市緑区南大高二丁目450番地
座標 北緯35度3分11秒 東経136度56分51.2秒 / 北緯35.05306度 東経136.947556度 / 35.05306; 136.947556座標: 北緯35度3分11秒 東経136度56分51.2秒 / 北緯35.05306度 東経136.947556度 / 35.05306; 136.947556
開業日 2008年平成20年)3月25日(グランドオープン)[1][2]
施設所有者 イオン株式会社(開業時)[4]
施設管理者 イオンリテール株式会社
SC事業本部中部事業所(専門店街)
中部カンパニー名古屋事業部(イオン大高店)
[要出典]

イオンモール株式会社
敷地面積 82,229 m²[5]
延床面積 161,843 m²[5] (容積率197%)
商業施設面積 61,235 m²[6]
中核店舗 ジャスコ大高店[2]

イオン大高店
店舗数 190(開業時)[2]

210
営業時間 9:00 - 22:00
駐車台数 4,800台
駐輪台数 500台
前身 イオン大高ショッピングセンター[3]
最寄駅 南大高駅[7]
外部リンク 公式ウェブサイト
AEON MALL logo.svg

目次

概要編集

イオン株式会社が名古屋市緑区の大高南特定土地区画整理事業地の一角を[4]借用して山﨑建設が建設施工し[要出典]、「イオン大高ショッピングセンター」として2008年平成20年)3月25日に正式に開業した[1]

建物は5階建てで、開業時点での敷地面積約80,000m2に立体駐車場を含めた延べ床面積約160,000m2[2]、商業施設面積は約51,165m2[4]、店舗数は約190であった[2]

店舗部分は3階層のGMS棟(イオン大高店)とエンクローズドモール(イオン大高専門店街)で構成されている[8]

店舗東側には[7]2009年(平成21年)3月14日JR東海道本線南大高駅が開業[9]し、駅からペデストリアンデッキで当店専門店棟1階と直接連絡している[10]

2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[11]に伴い、同年11月21日に「イオン大高ショッピングセンター」から名称が変更された[3]略称は「大高イオン」。

2013年(平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをイオンモールの運営に委託することになった[11]ことに伴い、同社の管理運営に移行した。

また、核店舗の「ジャスコ」は、2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一することに伴って「イオン」に改称することになった[12]

そのほか、シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ」は運営会社の「ワーナー・マイカル」が「イオンシネマズ」と2013年(平成25年)7月1日に合併して「イオンエンターテイメント」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更することになった[13]

2014年(平成26年)4月24日に大改装を行いリニューアルオープンした。77の新店舗が新たに出店して専門店の数も210に増えた[14][15]。フードコートの席数は1100席ある[16]

イオン大高専門店街は全長280mの南北に縦長のショッピングモールである。[要出典]

核店舗のイオン大高店(開業時はジャスコ)は、名古屋市が2007年(平成19年)10月から緑区で実施しているレジ袋有料化促進モデル事業[17]の関係で、ジャスコ(現・イオン)では初めてレジ袋の無料配布を開業時から行わない店舗となった[1]

店舗の立地する近隣の地区の伝統工芸である有松・鳴海絞りを店内装飾して常設展示することで、地域性を持たせている[2]

2014年(平成26年)1月18日に「カンシャ カンレキ NHK名古屋」のPRCM作成のために、「フラッシュモブ」が行われた。[要出典] 各務原イオンと当初の設計図は一緒である。

テナント編集

イオン大高店を核店舗として210の専門店が入居している。

イオン大高店と反対側の北側部分には、ジョーシンスポーツオーソリティユニクロ未来屋書店ナムコランドなどの面積の広い専門店が配置されている[8]

柿安本店がビュッフェレストラン「柿安三尺三寸箸」と、中華ビュッフェレストラン「上海柿安」、ハンバーグステーキレストラン「炭火焼ハンバーグカキヤス」という飲食店3店の他に、子会社の柿安グルメフーズが運営する和菓子店「柿安口福堂」という4店を初めて同時出店した[18]

名古屋市に本社を置くレディースアパレル企業株式会社ヤマダヤは「MEDOC」メドック、「Vin」ヴァンの2店舗を 西尾市に本社を置く化粧品販売の株式会社くわこやは「Parfum」パルファンを運営するなど、地元企業の出店も多くみられる。

2014年(平成26年)10月2日に1階に「南大高中日文化センター」が開設された[19]

出店店舗全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を参照。

過去に出店していたテナント編集

  • しゃぶ菜大高店
    • 2008年(平成20年)3月下旬から6月4日の間、店舗責任者の指示にて1日数回から10回程度、継続的に食べ残しのしゃぶしゃぶ肉を別の客に提供していたことが明らかとなり、6月25日に名古屋市緑保健所の立ち入り検査を受けると共に営業自粛した[20]。この事件に伴うイオン側からの退店勧告を受け、2008年(平成20年)6月26日付で閉店となった[21]

交通アクセス編集

 
平面駐車場
 
南大高駅と結ぶ自由通路

自家用車編集

多くの幹線道路国道23号名四国道)・国道302号名古屋環状2号線)・伊勢湾岸自動車道名古屋第二環状自動車道名古屋高速3号大高線知多半島道路)が交差する地域にあり、渋滞が懸念されるため、公共交通機関での来店を案内している[22]。モールの西側・南側には名古屋南ジャンクションがある。

公共交通機関編集

鉄道編集

東海旅客鉄道(JR東海)

バス編集

名古屋市営バス
名鉄バス
  • 鳴海大高線:鳴海駅 - 緑区役所 - 大高緑地西 - イオンモール大高
    • 2016年10月1日より新たに大高緑地西停留所が新設された。
    • 2018年10月1日より新たに緑区役所停留所が新設された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “イオン、中部最大級「イオン大高SC」オープン 初の開店からレジ袋無料配布中止”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2008年4月2日)
  2. ^ a b c d e f “イオン大高SC 3月25日本格開店”. 読売新聞(読売新聞社).(2008年2月27日)
  3. ^ a b “11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します” (プレスリリース), (2011年10月27日), https://www.aeon.info/news/2011_2/pdf/111027R_1.pdf 2018年10月4日閲覧。 
  4. ^ a b c 『19-15(新設):平成19年8月届出 イオン大高ショッピングセンター:緑区大高南特定土地区画整理事業地内(縦覧期間:平成19年12月21日まで)』 名古屋市、2007年8月13日。
  5. ^ a b c “イオン大高ショッピングセンターオープンについて” (プレスリリース), イオン株式会社, (2008年2月26日), オリジナルの2008年10月6日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20081006215340/http://www.aeon.info/ICSFiles/afieldfile/2008/02/26/080226R.pdf 2018年10月4日閲覧。 
  6. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2017年12月31日). 2018年7月1日閲覧。
  7. ^ a b 黒谷正人 “東海道線新駅名は「南大高」 イオンに隣接、来春開業”. 中日新聞(中日新聞社).(2008年12月16日)
  8. ^ a b イオン大高ショッピングセンター フロアマップ”. イオンモール. 2014年7月21日閲覧。
  9. ^ “名古屋の市バスが南大高、鳴海駅に 乗り入れに伴い4系統路線変更”. 中日新聞(中日新聞社).(2009年2月26日)
  10. ^ イオンモール大高公式ホームページ :: 電車のご案内”. イオンモール. 2016年8月13日閲覧。
  11. ^ a b “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社).(2013年10月24日)
  12. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞(日本経済新聞社).(2011年3月2日)
  13. ^ “イオン、「ワーナー・マイカル・シネマズ」の劇場名を「イオンシネマ」に変更”. 日刊工業新聞(日刊工業新聞社).(2013年6月12日)
  14. ^ 新店店舗情報 イオンモール大高”. イオンモール. 2014年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月22日閲覧。
  15. ^ リニューアルオープン特設ページ イオンモール大高”. イオンモール. 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月22日閲覧。
  16. ^ イオンモール大高公式ホームページ :: もっと知りたい!! イオンモール大高”. イオンモール. 2017年1月22日閲覧。
  17. ^ “めいきん生協--モデル事業で協定、名古屋市 レジ袋有料化へ”. 生協流通新聞(アド・バンクセンター).(2007年10月5日)
  18. ^ “柿安本店、イオン大高SCに2業態4店を同時出店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2008年4月18日)
  19. ^ “中日文化センター 大高イオンで開所 関係者ら式典”. 中日新聞(中日新聞社).(2014年10月3日)
  20. ^ 鈴木泰広 (2008年6月26日). “しゃぶ菜大高店 食べ残しの肉を使い回し”. 毎日新聞(毎日新聞社)
  21. ^ “「しゃぶ菜」肉使い回し 新潟、大阪、岐阜でも”. 朝日新聞 (朝日新聞社).(2008年7月2日)
  22. ^ イオンモール大高公式ホームページ :: アクセスマップ”. イオンモール. 2017年1月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集