メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ホイット・メリフィールド
  • ウィット・メリーフィールド

ウィットリー・デビッド・メリフィールドWhitley David Merrifield, 1989年1月24日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州デイビー郡アドバンス英語版出身のプロ野球選手二塁手外野手)。右投右打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ所属。愛称はウィット・バード[1]

ウィット・メリフィールド
Whit Merrifield
カンザスシティ・ロイヤルズ #15
Whit Merrifield on June 6, 2016.jpg
2016年6月6日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州デイビー郡アドバンス英語版
生年月日 (1989-01-24) 1989年1月24日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手外野手
プロ入り 2010年 MLBドラフト9巡目
初出場 2016年5月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

2010年に行われたカレッジ・ワールドシリーズジャッキー・ブラッドリー・ジュニアサム・ダイソンらと共にサウスカロライナ大学の優勝に貢献した。

2010年のMLBドラフト9巡目(全体269位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り[2]。契約後、傘下のA級バーリントン・ビーズ英語版でプロデビュー。47試合に出場して打率.253、5本塁打、26打点、5盗塁を記録した。

2011年はA+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーし、126試合に出場して打率.262、5本塁打、36打点、24盗塁を記録した。

2012年はA+級ウィルミントンとAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレーし、2球団合計で125試合に出場して打率.258、9本塁打、44打点、28盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、サプライズ・サグアロス英語版に所属した。

2013年はAA級ノースウエストアーカンソーでプレーし、94試合に出場して打率.270、3本塁打、43打点、17盗塁を記録した。

2014年はAA級ノースウエストアーカンソーとAAA級オマハ・ストームチェイサーズでプレーし、2球団合計で120試合に出場して打率.319、8本塁打、49打点、16盗塁の成績を残した。

2015年はAAA級オマハでプレーし、135試合に出場して打率.265、5本塁打、38打点、32盗塁を記録した。

2016年は開幕をAAA級オマハで迎えた。5月18日にラウル・モンデシー出場停止の影響でメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。同日のボストン・レッドソックス戦にて「9番・左翼手」で先発出場してメジャーデビューし、この試合で初安打も放った。以後ルーキーながら二塁手のレギュラーで起用されるようになり、最終的には81試合に出場して打率.283、2本塁打、29打点、8盗塁を記録した。

2017年も開幕はAAA級オマハでスタートしたが、9試合の出場で打率.412、3本塁打と好調を維持。開幕から二塁を守っていたモンデシーが不調だったこともあり、4月18日にメジャーに昇格。その後はマイナーに降格されることなくレギュラーに定着。主に1番打者として145試合に出場し、初めて規定打席に到達した。打率.288、19本塁打、78打点、34盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを受賞した。

2018年は二塁手として自身初の開幕戦先発出場を果たした。20試合連続安打[4]、192安打、45盗塁はいずれも両リーグ1位で、盗塁王は2年連続での受賞となった。他にも打率.304、12本塁打、42二塁打(アメリカンリーグ6位)、OPS.806の好成績でMVPの投票では17位だった[5]。オフの2018日米野球で来日した。2019年1月28日、ロイヤルズと4年総額1625万ドルで契約延長(5年目の2023年は球団側のオプション)[6]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 KC 81 332 311 44 88 22 3 2 122 29 8 3 1 1 19 1 0 72 1 .283 .323 .392 .716
2017 145 630 587 80 169 32 6 19 270 78 34 8 1 7 29 0 6 88 13 .288 .324 .460 .784
2018 158 707 632 88 192 43 3 12 277 60 45 10 2 6 61 2 6 114 12 .304 .367 .438 .806
MLB:3年 384 1669 1530 212 449 97 12 33 669 167 87 21 4 14 109 3 12 274 26 .293 .342 .437 .780
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集

内野守備


一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2016 KC 1 9 0 0 1 1.000 65 92 156 4 39 .984 5 1 8 1 2 .900
2017 1 3 0 0 0 1.000 132 232 341 11 93 .981 1 0 1 0 0 1.000
2018 5 38 1 0 4 1.000 108 175 287 6 71 .987 -
MLB 7 50 1 0 5 1.000 305 499 784 21 203 .984 6 1 9 1 2 .909
外野守備


左翼(LF) 右翼(RF) 中堅(CF)




































2016 KC 13 20 2 0 1 1.000 4 8 1 0 1 1.000 -
2017 7 10 1 0 0 1.000 10 13 0 1 0 .929 -
2018 1 2 0 0 0 1.000 8 15 0 1 0 .938 30 81 1 0 0 1.000
MLB 21 32 3 0 1 1.000 22 36 1 2 1 .949 30 81 1 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

獲得タイトル編集

記録編集

背番号編集

  • 15(2016年 - )

代表歴編集

テレビ出演編集

日本TBS系で放送された正月番組「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2018年大会に出場している。

脚注編集

  1. ^ Royals Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  2. ^ Whit Merrifield Selected By Kansas City Royals In Ninth Round Of 2010 MLB Draft University of South Carolina Official Athletic Site”. gamecocksonline.com (2010年6月8日). 2016年8月4日閲覧。
  3. ^ Royals call up Whit Merrifield and send Christian Colon to Omaha”. kansascity.com (2016年5月18日). 2016年8月4日閲覧。
  4. ^ 2018 MLB Baseball Hitting Streaks” (英語). ESPN. 2019年3月10日閲覧。
  5. ^ 2018 Awards Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ ロイヤルズ2年連続盗塁王メリフィールドが契約延長”. 日刊スポーツ (2019年1月29日). 2019年3月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集