ラヴ・ミー・ドゥ

ビートルズ > ビートルズの作品 > ラヴ・ミー・ドゥ
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ラヴ・ミー・ドゥ

ラヴ・ミー・ドゥ」(英語: Love Me Do)は、ビートルズの楽曲である。1962年10月5日にパーロフォンよりデビュー・シングルとして発売され、B面には「P.S.アイ・ラヴ・ユー」が収録された。1962年に発売されたシングル盤は、全英シングルチャートで最高位17位を獲得し[5]、1982年に発売された12インチシングル盤は最高位4位を獲得した[6]。1964年にアメリカでトリー・レコード英語版より発売されたシングル盤は、Billboard Hot 100で第1位を獲得した[7]

ラヴ・ミー・ドゥ
ビートルズシングル
初出アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー
A面 日本の旗 オール・マイ・ラヴィング
B面 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 P.S.アイ・ラヴ・ユー
リリース
規格
録音
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
プリーズ・プリーズ・ミー 収録曲
プリーズ・プリーズ・ミー
(A-7)
ラヴ・ミー・ドゥ
(B-1)
P.S.アイ・ラヴ・ユー
(B-2)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
ラヴ・ミー・ドゥ (オリジナル・シングル・ヴァージョン)
(1)
フロム・ミー・トゥ・ユー
(2)
ミュージックビデオ
テンプレートを表示

本作は、ビートルズの前身にあたるクオリーメン時代に書かれた楽曲で、ジョン・レノンハーモニカとレノンとポール・マッカートニーによるツイン・ボーカルが特徴となっている。なお、本作は3回にわたってレコーディングされ、それぞれドラマーが異なっている。

背景・曲の構成編集

「ラヴ・ミー・ドゥ」は、1958年から1959年にかけて不登校生だった当時16歳のポール・マッカートニーによって書かれた作品で[8]ジョン・レノンはミドルエイトを書いた[8][9][10]。作者クレジットはレノン=マッカートニー[注釈 1]で、レノンは「『ラヴ・ミー・ドゥ』はポールの曲だ。僕らが本格的な作曲家になる前、ハンブルクの頃から曲を持っていたのを知ってるよ」と語っている[10]

「ラヴ・ミー・ドゥ」は、G7とCコードを基調とした楽曲で、ミドルエイトのみDに移るというコード進行となっている。レノンが演奏したブルージーかつドライなハーモニカのリフ[11]から始まり、レノンとマッカートニーによるツイン・ボーカルが加わってくる。

当初はレノンがタイトルセクションを歌っていたが、フレーズに重なるかたちでハーモニカのパートが追加されたため、ハーモニカを演奏するレノンではなくマッカートニーがこの部分を歌うことになった[12][13]。この処置について、マッカートニーは「そのセッションまではこの部分を歌うのはジョンの担当だった。だけど歌詞がハーモニカのソロに被るから、"Love me do"の部分で止まってしまう。そこでジョージ・マーティンがハーモニカをフィーチャーするアイデアを出して、急遽僕がリードをとることになった。本当に緊張したよ。今聴いても緊張して声が震えているのがわかる」と語っている[10][13]

レコーディング・リリース編集

「ラヴ・ミー・ドゥ」は、EMIスタジオで3回にわたってレコーディングされ、それぞれドラマーが異なっている。

レコーディング日 備考
1962年6月6日 EMIのオーディションでのレコーディング。ドラムスは当時ビートルズのドラマーだったピート・ベストが演奏[14]。しかし、プロデューサーのマーティンは、ベストの演奏に満足しなかったため、このセッションから2か月後にベストは解雇された[15][16]
1962年9月4日 デビュー・シングル用のレコーディング。ドラムスは解雇されたベストに代わって加入したリンゴ・スターが演奏。同日に15テイク録音され、シングル第1版に収録された。しかし、セッションの2週間前にバンドに加入し、リハーサルが不十分であったことから、マーティンはスターの演奏にも満足しなかった[17]。また、同日にミッチー・マレー英語版作曲の「ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット」もレコーディングされ[18]、マーティンはこちらをデビュー・シングルとする予定だったが、レノンとマッカートニーがオリジナル曲でのデビューを強く希望したことから、ビートルズ側の主張が認められて本作がデビュー・シングルとなった[19]
1962年9月11日 2度目のデビュー・シングル用のレコーディング。同日のセッションではアンディ・ホワイトがドラムスを演奏したため、スターはタンバリンを演奏した[20]。18テイク録音され、最終テイクがマスターとして採用された[21]

本作がデビュー・シングルとしてイギリスで発売された際、スターがドラムスを演奏した9月4日のテイクが使用されたが、以後の再版シングル[注釈 2]や、『プリーズ・プリーズ・ミー』をはじめとしたアルバム、ビートルズのEPにはホワイトがドラムスを演奏した9月11日テイクが採用された[20]。スターがドラムスを演奏した9月4日のテイクは、1980年にアメリカで発売された『レアリティーズ Vol.2』でアルバム初収録となり、『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』や『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された。なお、9月4日のテイクはマスター・テープが破棄されているため、シングル・レコード盤からマスタリングされた音源が収録された[22]。1992年10月5日にビートルズのデビュー20周年を記念して発売されたCDシングル盤には両方のテイクが収録されている[23]。ピート・ベストのドラムスを演奏した6月6日のテイクは、1995年に『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』で発表されるまで未発表となっていた。

BBCで8度にわたって収録され、1962年10月からの1年間にわたって、『ヒア・ウィー・ゴー』、『タレント・スポット』、『サタデー・クラブ』、『サイド・バイ・サイド』、『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』、『イージー・ビート』といった番組で放送された。1963年7月10日にBBCで収録され、23日の『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』で放送されたテイクは、アルバム『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録されている。1963年2月20日の『パレード・オブ・ザ・ポップス』においては、BBCのラジオを通じてこの曲を生演奏で放送している。なお、BBCのドキュメンタリー番組『ザ・マージー・サウンド』のためにサウスポートにあるリトル・シアターでの演奏が撮影されており、同番組でその一部が放送された後、2015年に再発売された『ザ・ビートルズ1[注釈 3]に付属のDVD/Blu-rayに収録された[24]

1969年に行なわれたゲット・バック・セッションでこの曲が演奏された。この時はかつてのアレンジよりもテンポを落としたブルース調での演奏だった。このほか、「レボリューション1」のテイク18の後半部分では、マッカートニーが「ラヴ・ミー・ドゥ」のサビのフレーズを歌っている[注釈 4]

2012年11月14日に発売50周年を記念し、パーロフォンのジャケットを使用した限定のレプリカ・17cmアナログレコードが発売された。このレコード盤のA面にはスターがドラムスを演奏した9月4日のテイクが収録されたが[25]、発売当初のレコード盤には誤ってホワイトがドラムスを演奏した9月11日のテイクが収録されていた。

演奏編集

1962年6月6日のテイク
1962年9月4日のテイク
  • ポール・マッカートニー - ボーカル、ベース
  • ジョン・レノン - ボーカル、ハーモニカ
  • ジョージ・ハリスン - アコースティック・ギター
  • リンゴ・スター - ドラムス
1962年9月11日のテイク
  • ポール・マッカートニー - ボーカル、ベース
  • ジョン・レノン - ボーカル、ハーモニカ
  • ジョージ・ハリスン - アコースティック・ギター
  • リンゴ・スター - タンバリン
  • アンディ・ホワイト - ドラムス

チャート成績編集

認定編集

国/地域 認定 認定/売上枚数
イギリス (BPI)[34] Silver 200,000 
アメリカ合衆国 (RIAA)[35] Platinum 1,000,000^

^認定のみに基づく出荷枚数
 認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバー・バージョン編集

収録アルバム編集

1962年6月6日のテイク
1962年9月4日のテイク
1962年9月11日のテイク
BBCセッション

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ アルバム収録の方はマッカートニー=レノンと表記されている。
  2. ^ 黒のラベルのリイシュー盤の場合、9月4日と9月11日の両方のテイクで発売されている。オリジナル盤での見分け方は、レコードの送り溝に刻印されているマトリックス番号が9月4日のテイクの場合は 7XCE 17144-1N 、9月11日のテイクの場合は 7XCE 17144-2N となっている。
  3. ^ オリジナルは2000年に発売。
  4. ^ この部分はリリース版では使用されず、2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) スーパー・デラックス・エディション』に収録されたテイク18で確認することができる。

出典編集

  1. ^ Merseybeat Music Genre Overview - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  2. ^ Pollack 1990.
  3. ^ Gregory 2008.
  4. ^ Deville, Chris (2013年11月27日). “Beatles Albums From Worst to Best”. Stereogum.com. 2020年11月8日閲覧。
  5. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年11月8日閲覧。
  6. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年11月8日閲覧。
  7. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年5月30日). 2020年11月8日閲覧。
  8. ^ a b Harry 1992, p. 413.
  9. ^ Miles 1997.
  10. ^ a b c Beatles Interview Database 2009.
  11. ^ MacDonald 1998, p. 51.
  12. ^ MacDonald 2005, p. 59.
  13. ^ a b Paul McCartney (2013年10月23日). Paul McCartney - 'The Making Of Queenie Eye'. https://www.youtube.com/watch?v=tSAc7JNx2PA 2020年11月8日閲覧。 , 2019年1月5日閲覧
  14. ^ Lewisohn 1988, p. 16-17.
  15. ^ Miles 1997, p. 57.
  16. ^ Spitz 2005, p. 330.
  17. ^ Lewisohn 1988, p. 20.
  18. ^ The Beatles 2000, p. 77.
  19. ^ Lewisohn 1988, p. 18.
  20. ^ a b Lewisohn 1992, p. 59.
  21. ^ Lewisohn 1988, p. 20-21.
  22. ^ 斉藤早苗(監修)、葉山真(文責) (2009年). ビートルズパスト・マスターズ』のアルバム・ノーツ [ブックレット]. Apple/EMI Music Japan.
  23. ^ CD Singles - The Beatles - Love Me Do - Parlophone - UK - CDRS 4949”. 45worlds. 2020年11月22日閲覧。
  24. ^ ザ・ビートルズの「Love Me Do」が全米1位になるまでの長い道のり”. uDiscover. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2019年10月5日). 2020年11月22日閲覧。
  25. ^ “EMI、ビートルズ「Love Me Do」発売50周年記念のレプリカ17cmアナログレコードを発売 - 価格は1,000円”. PHILE WEB (音元出版). (2012年10月12日). https://www.phileweb.com/news/hobby/201210/12/1092.html 2020年11月8日閲覧。 
  26. ^ Kent, David (2005). Australian Chart Book (1940-1969). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 0-646-44439-5 
  27. ^ Hall, Ron (1990). The CHUM Chart Book: A Complete Listing of Every Record to Make the "CHUM Chart" from Its Beginning on the 27th May, 1957 Through 14th June, 1986. Rexdale (Toronto): Stardust Productions. p. 11. ISBN 0-920325-15-7. https://books.google.com/books?id=tEnYAAAACAAJ 
  28. ^ Flavour of New Zealand, 4 June 1964”. Flavour of New Zealand. 2020年11月8日閲覧。
  29. ^ Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, NJ & London: The Scarecrow Press, Inc. pp. 32-34 
  30. ^ a b "Ultratop.be – The Beatles – Love Me Do" (in Dutch). Ultratop 50. 2020年11月8日閲覧。
  31. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – Love Me Do" (in Dutch). Single Top 100. 2020年11月8日閲覧。
  32. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年11月8日閲覧。
  33. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年10月15日). 2020年11月8日閲覧。
  34. ^ "British single certifications – Beatles – Love Me Do". British Phonographic Industry. 2020年11月8日閲覧 Enter Love Me Do in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Silver in the field By Award. Click Search
  35. ^ "American single certifications – The Beatles – Love Me Do". Recording Industry Association of America. 2020年11月8日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  36. ^ Embley, Jochan (2019年1月10日). “Looking back on David Bowie's most legendary gig”. 2020年11月8日閲覧。
  37. ^ Birthday [Single] - Paul McCartney | Songs, Reviews, Credits, Awards - オールミュージック. 2020年12月5日閲覧。
  38. ^ Erlewine, Sthephen Thomas. “Vertical Man - Ringo Starr | Songs, Reviews, Credits, Awards”. 2020年12月5日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

先代:
  • メアリー・ウェルズ
  • 「マイ・ガイ」
Billboard Hot 100 第1位
1964年5月30日
次代: