メインメニューを開く

カメヤマ株式会社は、大阪府大阪市北区大淀中に本社を置く、ろうそくを専門に取り扱う企業である。一般には亀山ローソクカメヤマローソクの名で知られ、ろうそくの国内シェアは約5割を占める。社名は、創業の地である三重県亀山市に由来する。

カメヤマ株式会社
Kameyama Co.,Ltd
カメヤマ本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 カメヤマ
カメヤマローソク
本社所在地 日本の旗 日本
531-0076
大阪府大阪市北区大淀中2丁目9番11号
設立 1946年昭和21年)
(亀山蝋燭株式会社)
業種 その他製品
法人番号 1120001032418
事業内容 ローソク及び線香の製造・販売
各種燭台の輸入販売
代表者 代表取締役会長CEO 谷川花子
資本金 7,000万円
従業員数 約500名
関係する人物 谷川兵三郎(創業者)
外部リンク http://www.kameyama.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

1927年、亀山で谷川兵三郎(ひょうさぶろう)がローソクの製造を目的に谷川蝋燭製造所を創業。1946年に法人組織となり、亀山蝋燭株式会社を設立。1977年亀山ローソク株式会社に、1983年カメヤマローソク株式会社にそれぞれ社名変更。1993年に関連会社を合併したのを機に、社名を現社名のカメヤマ株式会社に改めた。スパイラルキャンドルを生み出した国内最大手メーカーであるとともに、世界でも有数のキャンドルメーカーでもある。

1995年、キャンドルを中心とした生活雑貨を扱う「キャンドルハウス事業部」を設置。2000年東京青山に「キャンドルハウス事業本部」を設置し、全国7箇所(東京、大阪、名古屋広島福岡札幌新潟)にショールームを設け、アロマキャンドルなど様々なキャンドル、そして、メッシュ製品などのインテリアアイテムまで幅広いアイテムを取り扱っている。

結婚式において定番となっているキャンドルサービス1959年に生み出し、2002年からパーティースタイルウエディングを提唱し、様々な流行に添ったウエディングスタイルを発表し続けている。2002年には、キャンドルサービスのホスピテリティを引継ぎ、新たなキャンドルセレモニー「キャンドルリレー」を発表した。詳しくは次項を参照。

2001年、本社機能を大阪へ移し、創業の地である亀山に「亀山本社工場」を設けている。

キャンドルリレー編集

キャンドルリレーというスタイルは、1990年代初頭にカジュアルスタイルの結婚披露宴で登場した。ただし現在のキャンドルリレーとスタイルは異なり、最初の入場時とお色直しの再入場時に入口から新郎新婦の席まで列を作り、リレー形式によって灯すほか様々なスタイルがあった。その時点でキャンドルリレーがまだ定着しなかったのは、キャンドルの灯火をリレーをする意味合いが薄く、一方で点火するキャンドルがスパイラルやテーパーなど流蝋を伴うリスクがあったことが要因と推測される[独自研究?]。カメヤマは5年の歳月をかけて2002年に独自の「キャンドルリレー」を提唱し、手に持って安全な透過型のリレー専用のキャンドルを開発した。

2007年からは、コーディネートに最も必要とされるカラーに着目、自在にカラーリングが可能なリキッドキャンドルを用いたスタイルを発表した。取り扱う商品は仏事用のローソク以外に、線香、生活雑貨用や装飾用のキャンドルのほか、メッシュ製のインテリア、窓や鏡をキャンバスに様々なデザインを描けるジェルジェムなどがある。

その他同社は、CHA青山店 (Candle House Aoyama) というブランド名でキャンドルやインテリア雑貨を数多く取り揃えた直営アンテナショップを運営している。2007年(平成19年)4月には、東名阪自動車道亀山パーキングエリア内にあるハイウェイオアシス館の運営開始と併せ、カメヤマ株式会社がCHAオアシス店と称してキャンドル雑貨を販売しており、多くの観光客で賑わっている。

故人の好物シリーズ編集

カメヤマでは、異業他社とのコラボレーションによる「故人の好物シリーズ」を展開している。日々親しまれている食品そっくりのパッケージによる、ろうそく・線香などを企画・販売している。

コラボレーションの例編集

菓子編集

酒類編集

カップ麺編集

ペットフード編集

  • 黒缶キャンドル

広報活動編集

基本的にはスポットCMである[要説明]。過去に『朝だ!生です旅サラダ』(ABC制作・テレビ朝日系列)に提供した事があり、2017年3月の『サタデープラス』(MBS制作・TBS系列)にも提供していた。

提供番組編集

関連項目編集

外部リンク編集