朝だ!生です旅サラダ

朝だ!生です旅サラダ』(あさだ! なまですたびサラダ)は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)[注 1]1993年平成5年)4月3日から毎週土曜日の午前中に放送している旅番組

朝だ!生です旅サラダ
ジャンル 旅番組
出演者 神田正輝
向井亜紀
三船美佳
勝俣州和
東留伽朝日放送テレビアナウンサー
ラッシャー板前 ほか
オープニング 『君を探しに』(F-BLOOD
エンディング 同上
製作
チーフ・
プロデューサー
山田敬文(朝日放送テレビ)
制作 朝日放送テレビ
放送
音声形式

2005年4月2日よりステレオ放送

それまではモノラル制作(モノステレオ放送)を実施。
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年4月3日 - 現在
放送分 90分
回数 1400
公式サイト
放送開始から1997年3月まで
放送期間 1993年4月3日 - 1997年3月29日
放送時間 土曜日 8:30 - 9:30
放送枠 朝日放送テレビ制作土曜朝のワイドショー
放送分 60分
1997年4月から
放送期間 1997年4月5日 - 現在
放送時間 土曜日 8:00 - 9:30
放送枠 朝日放送テレビ制作土曜朝のワイドショー
放送分 90分

特記事項:
ハイビジョン制作
2018年3月31日までの制作局は、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
放送回数は通算(2020年8月1日時点)。
テンプレートを表示

概要編集

国内・海外でのロケ映像を交えながら、レギュラー出演者やスタジオゲストが、ロケ先での旅の魅力や情報を紹介。現在は、レギュラー出演者が日本各地の飲食店や温泉などをロケで紹介するコーナー、ラッシャー板前とネット局の女性アナウンサーによる日本各地からの生中継コーナー、視聴者が電話で応募できる日本各地の名産品プレゼントコーナーも設けられている(詳細後述)。

番組開始から1997年3月29日までは、8:30 - 9:30の60分番組として放送されていた。同年4月5日以降は、放送時間を8:00 - 9:30の90分間に拡大している(詳細後述)。

原則として朝日放送(ABC)→朝日放送テレビ(ABC TV)本社(大阪市北区大阪市福島区)内スタジオからの生放送で、2005年4月2日からステレオ放送ハイビジョン制作を実施。朝日放送テレビが全国高校野球選手権大会中継を優先する毎年8月には、試合を中継しないネット局に向けて[注 2]裏送りで放送するが、この場合には朝日放送テレビのスタジオで収録した内容を放送することが多い。ただし、通算の放送回数1300回に達した2018年8月18日放送分では、裏送りながらスタジオからの生放送と長野県原村からの生中継(長野朝日放送協力)を実施した。その一方で、中継予定の試合が雨天で中止になった場合や、3試合日以下の場合には、2011年・2012年を除いて、事前に収録した全編の映像が朝日放送テレビでも放送される(まれに生放送を実施)。

2003年3月18日には、20時からおよそ2時間にわたって、『春だ!生です旅サラダ』(はるだ-)という特別番組を全国ネットで放送。2008年4月の時点で『おはようワイド・土曜の朝に』の放送期間(14年間)を越えたため、朝日放送テレビ制作土曜朝のワイドショーとしては放送期間が最も長い番組になっている。2012年9月22日の放送で放送回数1000回[1]2013年4月の放送で放送開始20年目に到達。2013年12月28日には、一部地域を除いて[注 3]放送時間を3時間45分(8:00 - 11:45)にまで拡大した『超拡大スペシャル』を放送している。

2018年4月3日には、番組開始25周年の記念本としてKADOKAWAから『朝だ!生です 旅サラダWalker』が発売された[2][3]

2020年3月28日までは、朝日放送テレビ本社内のスタジオにラッシャー板前以外の出演者(レギュラー陣)が集まるとともに、ロケ企画のリポーターを迎える方式で放送されていた。しかし、年頭から世界規模で新型コロナウイルスへの感染が拡大している影響で、新規の取材ロケや生中継企画を事実上休止。また、大半のレギュラー陣が生活・活動の拠点を首都圏に置いている関係で、上記の方式による生放送が難しくなった。このため、同年4月4日以降は、過去に放送した映像の再編集版を中心に放送。当時のレギュラーアナウンサーだった小西陸斗(朝日放送テレビアナウンサー)のみ朝日放送テレビ本社スタジオ、他のレギュラー陣は(放送時点で大阪府内在住の三船美佳を含めて)別の場所からの生中継(いわゆる「リモート方式」)で出演するようになった。

2020年の8月には、第102回全国高等学校野球選手権大会が中止される一方で、同大会を予定していた期間(中旬)に2020年甲子園高校野球交流試合を6日間にわたって開催。朝日放送テレビでは全16試合を関西ローカル向けに中継していたが、全日とも第1試合の開始時間が10:00以降に設定されていたため、期間中唯一の土曜日(15日)には1日の本番終了後に収録した映像を全局同時ネットで放送した[4]。また、1日放送分で、通算の放送回数が1400回に到達。22日放送分からは、首都圏在住のレギュラー陣も、朝日放送テレビ本社のスタジオへ再び集結している。

レギュラー出演者編集

放送開始時点でのレギュラー出演者は草野仁向井亜紀田中義剛竹内都子で、草野がメイン司会、向井がサブ司会を務めていた。以上のレギュラー陣のうち、現在まで一貫して出演を続けているのは向井だけである。

1997年4月5日放送分からは、司会を草野から神田正輝に交代[3]。また、生中継コーナーでのレギュラーリポーターにラッシャー板前を起用した[注 4]

2009年3月28日放送分で、田中と竹内がスタジオレギュラーを降板。同年4月4日放送分からは、竹内の後任として三船美佳、田中の後任として浦川泰幸朝日放送〈当時〉アナウンサー)が出演するようになった。それまで一部エリア(後述)での生中継へ不定期で登場するだけだった同局のアナウンサーは、この改編からスタジオレギュラーに定着。番組内の天気予報やニュース速報を担当するようになった。また、向井はプレゼント案内や問い合わせ先紹介のフォロー役に回っていた。

2011年1月15日放送分から、男性タレントとしては田中の降板以来1年9ヶ月振りのレギュラー出演者として勝俣州和が加入。レギュラーアナウンサーは、スタジオでのコーナー進行・告知や天気予報に専念している。同年4月2日放送分からは、これまで月替わりゲストで賄ってきた「海外マンスリー」(後述)のリポーター・進行役を、オーディションによって選ばれた女性タレント(通称「旅サラダガールズ」)が月替わりで担当している[5][6][7]。「旅サラダガールズ」の任期は基本として1年間だが、2016年度以降に選出された人物の一部は、数年にわたって出演を続けている。

三船は出演開始の時点で高橋ジョージと結婚していたため、当初は自宅のあった首都圏から、生放送に向けて毎週末に来阪していた。しかし、高橋と離婚する意向を固めた2015年頃から、高橋との間に授かった第一子(長女)と共に大阪府内で生活している(2016年3月に離婚が成立)。三船自身は、生活の拠点を大阪へ移した理由の一つに当番組へのレギュラー出演を挙げていて、転居後に知り合った美容師と結婚したことを2019年4月6日放送分で報告[8]2020年7月12日放送分で第二子(女児)の懐妊を発表する[9]と、同年8月15日放送(1日収録)分への出演(いずれもリモート方式)を最後に産前産後休業へ入っている[10]。実際には9月17日に第二子を出産した[11]が、休業期間中は竹内から続く女性レギュラー枠に三船の代役を置いていない。

変遷編集

歴代の出演者一覧
期間 メイン サブ レギュラー アナウンサー 中継
男性 女性
1993.4.3 1997.3.29 草野仁
[注 5]
向井亜紀 田中義剛 竹内都子 (不在) (コーナーなし)
[注 4]
1997.4.5 2009.3.28 神田正輝 ラッシャー板前
[注 6]
2009.4.4 2010.3.27 (浦川が兼務) 三船美佳[注 7] 浦川泰幸[注 8]
2010.4.3 2011.1.8 (横山が兼務) 横山太一[注 9]
2011.1.15 2011.9.24 勝俣州和
2011.10.1 2012.3.31 堀友理子[注 10]
2012.4.7 2012.12.22 加藤明子[注 11]
2013.1.12 2013.9.28 古川昌希[注 12]
2013.10.5 2015.7.25 小寺右子[注 13]
2015.8.1 2019.3.30 ヒロド歩美
[注 14]
2019.4.6 2020.8.15 小西陸斗[注 15]
2020.8.22 2020.9.26 (三船の産休中につき不在)
2020.10.3 現在 東留伽[注 16]

堀・小寺は、スタジオレギュラーに起用される前にも、近畿地方徳島県から「ラッシャー板前の生中継」を放送する週にリポーターとして出演していた。

「私の三ツ星レストラン」リポーター編集

「海外マンスリー」レギュラーリポーター(『旅サラダガールズ』)編集

いずれも月替わりで担当。第○期生の俗称は○○サラダとして統一している。
2011年度(第1期生 2011年4月 - 2012年3月・野菜サラダ)
2012年度(第2期生 2012年4月 - 2013年3月・ポテトサラダ)
2013年度(第3期生 2013年4月 - 2014年3月・ツナサラダ)
2014年度(第4期生 2014年4月 - 2015年3月・卵サラダ)
2015年度(第5期生 2015年4月 - 2016年3月・コブサラダ)
2016年度(第6期生 2016年4月 - 2017年3月・タラモサラダ)
2017年度(第7期生 2017年4月 - 2018年3月・海藻サラダ)
2018年度(第8期生 2018年4月 - ・フルーツサラダ)
2019年度(第9期生 2019年4月 - ・シーザーサラダ)
  • 広瀬未花 - 5期連続。
  • 江田友莉亜 - 3期連続。
  • 妃海風 - 前年度より継続。
  • 青木愛 - 同上。
  • 渡辺舞 - 同上。
  • 山代エンナ - 同上。

主なコーナー編集

週末行ってみっか!
2015年4月から隔週で放送。東京近辺から週末に日帰りで楽しめる首都圏の名所旧跡や観光スポットを三船が訪れる。タイトルの「行ってみっか」は、三船の名前(美佳=みか)に由来。同年3月までは、後述の「おでかけゴハン!」を放送していた。
俺のひとっ風呂
2011年2月から隔週に放送中のコーナーで、勝俣が全国各地の有名露天風呂を紹介。2015年3月までは「おでかけゴハン!」、同年4月以降は「週末行ってみっか!」と交互に放送されている。勝俣が「いただきます」と言いながらふんどし一丁の姿で入浴することや、「ごちそうさま」の一言でロケVTRを締めくくることが特徴。勝俣と縁の深い男性芸能人(哀川翔など)をゲストを迎えたうえで、ゲストと一緒にふんどし一丁で入浴することもある。
海外マンスリー
女性タレントによる海外旅行の模様を、事前収録による自身のナレーションを交えながら、4週にわたって紹介する(「総集編」の場合は向井がスタジオで生ナレーションし、他のレギュラーがVTRを見ながら感想を述べる)。
2011年3月末までは、月替わりゲストによるリポートとナレーションで構成。同年4月以降は、年度ごとに選ばれる前述の「旅サラダガールズ」が、月替わりでリポーターを務める。
2005年4月2日放送分よりハイビジョン制作を実施。これに伴い、地上デジタルではアプコンで放送されていたものが、このコーナーのみアナログ・デジタルとも16:9比率[注 17]の映像になっている。
2017年5月13日放送分より映像にシネライクガンマと呼ばれるフィルム映像に似た粒立ち感のあるデジタルエフェクトが用いられるようになった。
2017年9月30日放送分より特別編集版としてネット配信が開始された。
ラッシャー板前の生中継
テレビ朝日[注 18]を除く当番組のネット局と、当番組を放送しないクロスネット局のテレビ宮崎[注 19]が週替わりで担当する生中継(テレビ宮崎のみ裏送り形式で参加)。全国各地の旬な話題を、ラッシャー板前が中継担当局の女性アナウンサーと共に伝える。近年は、ネット局でもHD-SNG中継車を順次導入している関係で、ハイビジョンによる中継が増えている。
中継の参加局には、サービスエリアやネット局の有無に見合った担当地域を割り当てている。例えば、制作局の朝日放送テレビでは、近畿地方に加えて(大半の地域で当番組を視聴できる)徳島県・(当番組のネット局がない)鳥取県からの中継も担当している(過去には系列局ではない高知県からの中継も担当していた)[注 20]。また、当番組の直後に生放送による自社制作のローカル情報番組を編成している中継担当局では、ラッシャーが当番組に続いて出演する。
当初は番組の最初に放送していた。以降は、「海外マンスリー」の後 → 8:10頃(2コーナー目)を経て、8:30前後にCM(または後述の「ゲストの旅」)をはさんだ2部構成で放送を継続している。
2014年9月までの放送では、ラッシャーと中継に出演した関係者が中継先から手を振る映像を、エンディングの提供クレジットの背景に用いていた。同年10月以降は、中継で紹介した名産品のプレゼント企画を、中継の最後にスタジオから実施。当日の定められた締め切り時間までに電話で申し込むことを条件に、視聴者に抽選で名産品を進呈している。
2007年春からはそれまでのフリップでの中継先紹介から日本地図のコンピューター・グラフィックで紹介している。同年12月には雲も含めたバージョンに進化している。
前述の事情で当番組の全編を事前に収録する毎年8月上旬〜中旬の放送では、ラッシャーが朝日放送テレビのスタジオへ登場するとともに、中継参加局の女性アナウンサーから毎週3名が出演。参加各局で収録したロケVTRを流しながら、各局のアナウンサーが夏季休暇に適した地元の名所旧跡や観光スポットを紹介する。
日本縦断コレうまの旅
ヒロドがレギュラーで出演していた2016年3月5日放送回から開始。前週まで放送された「日本全国 コレ!うまかろう!!」のリニューアル企画で、ヒロドが「プレゼントソムリエ」という役割で全国各地に赴くとともに、現地で人気の料理や名産の食品を調査する。調査ロケのVTRを流した後に、探し出した数品の中から1品を、他のレギュラー陣がスタジオで試食。試食された名産品については、当日の定められた締め切り時間までに電話で申し込むことを条件に、視聴者に抽選で進呈する。レギュラーアナウンサーがヒロドから小西に交代した2019年4月6日以降の放送回にも、代々のレギュラーアナウンサー(小西→東)が「プレゼントソムリエ」を引き継ぎながら継続。
ゲストの旅
全国各地の名所をゲストが巡った模様を、VTRと共に紹介。VTRを流している間は、ゲストがスタジオで直々にナレーションを付けることが多い。ただし、ゲストによっては、向井や朝日放送テレビアナウンサーがナレーターを務めることもある。
海外スペシャル
月によっては、土曜日が5週ある。その場合、そのうちの1週は、ラッシャー生中継以外のコーナーを全て休み、海外マンスリーの拡大版企画を放送。基本は海外マンスリーと一緒だが、通常4週に分けるものをまとめて放送する。特別企画として位置づけられているため、普段海外マンスリーに出ない有名人が旅をすることが多い。

番組内の天気予報は、長らく向井が担当していたが、2009年4月のレギュラー入れ替えで浦川が加わってからは、スタジオレギュラーの朝日放送テレビアナウンサーが伝えるようになった。

過去のコーナー編集

みやこの宿かり日記
1995年4月から2009年3月まで放送。竹内都子がお薦めの宿泊地を紹介。
私の三ツ星レストラン
1997年4月から2009年3月まで放送。後半の旅コーナーに出演するゲストお薦めのレストランをレポーターが案内する。
元気な散歩道
2009年4月から2010年12月まで放送。三船美佳が各地を散歩する(主に東京都内が多い)。
日帰りハッピー♥(「俺のひとっ風呂」と隔週交互のコーナー)
2011年1月から2012年3月まで放送。三船が紹介。
おでかけゴハン!(「俺のひとっ風呂」と隔週交互のコーナー)
2012年4月から2015年3月まで放送。三船が、各地のおいしいご飯のお店を紹介する。
日本全国 コレ!うまかろう!!
2010年秋から2016年2月27日まで放送。横山以降のスタジオレギュラーアナウンサーが進行を担当。スタジオゲスト(以前はスタジオレギュラー)の1人が注目する日本各地の名産品を紹介するとともに、レギュラー陣とゲストがスタジオで現物を試食。名産品は、当日の11:00までに電話で申し込むことを条件に、視聴者に抽選で進呈していた。

タイトルロゴ編集

  • 初代:番組開始 - 2000年3月
  • 2代目:2000年4月 - 2010年4月24日
  • 3代目:2010年5月1日 - 現在
    • この代から「朝だ!生です」の表記が消えた。

放送時間編集

※ここでの時刻表記は、すべて日本時間とする。

その他のイレギュラー対応編集

スタッフ編集

  • SW:勝間敦(VEの回あり)、岡田光司・川本龍文(朝日放送テレビ)【週替り】/村越順司(朝日放送テレビ、VEの回あり)
  • CAM:渡邊一樹・田中康彦・栢分祐二(朝日放送テレビ)、錦戸浩司(アイネックス)【週替り】
  • VE:大谷暁貴、丸尾恵介・鹿嶋友樹(朝日放送テレビ)、下村剛司【週替り】/瀧晃一(朝日放送テレビ)
  • MIX:山中康男(朝日放送テレビ)、和三暁章、坂本宗之、岩橋貞成【週替り】/村井信夫(朝日放送テレビ)
  • LD:遠山昇、水原一浦、細川圭吾・瀧本貴士(朝日放送テレビ)【週替り】
  • SE:藤原和美、角田研【週替り】
  • TK:東野未有希
  • 美術:佐々文章
  • 木版画:田村洋子
  • ブレーン:安川純子
  • フードコーディネート:テーブルファクトリー
  • 庶務:梅井奈美江
  • 海外構成:桑原尚志
  • リサーチ:戸高米友見、重村千恵
  • 美術協力:東リ
  • 技術協力:NTTレゾナント、関西東通(旧・大阪東通東通)、アイネックス、BRIO【毎週】、戯音工房東通インフィニティー(2012年3月まで東通AVセンターと表記)、3one、SOUND-K、Glinkstudio【週替り】
  • 水中カメラ【不定期】:速形豪、長田勇、萩原浩一
  • 取材カメラ:西脇靖記(トラッド)、宮川量康(港家)、坂本泰司(EYEZEN)、吉本順一、金子貴志、馬崎博資、佐々木健、安田浩一(マイシャ)、永麦満、高橋勇土、武田和仁(リベンジ)、橋口和利(LOOP)、谷茂岡稔、寺内浩二(ハートビーツ)、坂本元希【週替り】/班目 理、田中智裕(HBCフレックス)、下妻邦康(LOOP)
  • FD:金澤麻希
  • AD:貝原謙人(ディレクターの回あり)、米澤のぞ美
  • 取材ディレクター:河野督・京師直樹・松村綾希・楢崎祐基(楢崎→以前はAD→OAD、ディレクターの回あり、一時離脱→復帰)(ABCリブラ)、武井有希(ホワイトブレイン)、甲斐巧真、石原直行(Free)、原田莉帆、坂本篤/川内一恵、光岡麦(BAX)、阿部風太、石野浩一、森上知名、淡嶋聡【週替り】/飯島秀治、田中章善(ABCリブラ)
  • チーフディレクター:本田香織(以前はディレクター)
  • プロデューサー:酒井聡志(ABCリブラ、以前は、AP)、桐山知子(images、以前は取材ディレクター)、手塚旬子(NEXUS)
  • チーフプロデューサー:山田敬文(朝日放送テレビ、2019年10月5日-)
  • 制作協力:NEXUS、images、ANN系列中継担当局【毎週】、BAX、officeMano、ホワイトブレイン、FREE、オフィスながも【週替り】
  • 制作:ABCリブラ
  • 制作著作:朝日放送テレビ(2019年1月5日まで制作)

過去のスタッフ編集

  • 構成:鈴木桂、古川順一
  • 協力:NTTメディアクロス、wind
  • FD:木戸久美
  • AD:綾川由里絵、尾崎良介
  • ディレクター:三宅大介「日帰りHAPPY♥」、渡邊拓史
  • AP:端山竜二(ABCリブラ)
  • チーフプロデューサー:山村啓介、松田安啓、岡田充、幡谷和久(朝日放送〈当時〉)、安井一成(朝日放送テレビ、以前はプロデューサー)、熊田容子(朝日放送テレビ)、秋山利謙(ABCリブラ)
  • プロデューサー:鳥海久慎、藤井武夫、奈良井正巳、柴田聡(朝日放送〈当時〉)、石原康男・山本泰弘・岸岡孝治(岸岡→朝日放送〈当時〉はプロデューサー→一時離脱)(ABCリブラ)、中村準一(NEXUS)

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 朝日放送テレビ[注 1] (ABC TV) テレビ朝日系列 土曜 8:00 - 9:30 制作局
北海道 北海道テレビ (HTB) [注 22]
青森県 青森朝日放送 (ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ (IAT) 1996年10月開局から[注 23]
宮城県 東日本放送 (KHB)
秋田県 秋田朝日放送 (AAB)
山形県 山形テレビ (YTS)
福島県 福島放送(KFB)
関東広域圏 テレビ朝日 (EX)
山梨県 山梨放送 (YBS) 日本テレビ系列
新潟県 新潟テレビ21 (UX) テレビ朝日系列
長野県 長野朝日放送 (abn)
静岡県 静岡朝日テレビ (SATV) [注 24]
石川県 北陸朝日放送 (HAB) [注 25]
福井県 福井放送 (FBC) 日本テレビ系列
中京広域圏 メ〜テレ (NBN) テレビ朝日系列
広島県 広島ホームテレビ (HOME) [注 26]
山口県 山口朝日放送 (yab) 1993年10月開局から[注 27]
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 (KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ (eat) 1995年4月開局から
高知県 高知放送 (RKC) 日本テレビ系列 [注 28]
福岡県 九州朝日放送 (KBC) テレビ朝日系列
長崎県 長崎文化放送 (NCC)
熊本県 熊本朝日放送 (KAB)
大分県 大分朝日放送 (OAB) 1993年10月開局から
鹿児島県 鹿児島放送 (KKB)
沖縄県 琉球朝日放送 (QAB) 1995年10月開局から[注 29]
  • 山梨放送と福井放送と高知放送の日本テレビ系列3局は、スポーツ中継などで本番組が休止ないしは時間の短縮が行われる場合、この3局には差し替え番組が用意される(3局それぞれで番組編成をする場合もある)。また、オリンピック開催期間中に同系列が当該時間帯でオリンピック関連の特別番組を組む場合、そちらの放送を優先し本番組は休止となる。これは、本番組が生放送であることや番組編成、スポンサー関係等の事情から遅れネット(飛び乗り・飛び降り)が困難であるため。

エンディングテーマ編集

現在編集

過去編集

  • 2011年 - 、「白い色は恋人の色蘭華ベッツィ&クリスのカバー。アルバム『昭和を詠う〜大切なものへ〜』、2011年10月19日、BELLWOOD RECORDS BZCS-1083所収)
  • 2016年1月 - 3月、「ハンモックに揺られながら」成底ゆう子(アルバム『ナリシカー』、2016年2月3日、KING KICS-3342所収)
  • 2017年4月 - 2020年3月、「未来列車」F-BLOOD(2017年4月19日配信限定リリース)

尚、エンディングテーマは頻繁に変更されており、松永貴志の「Wave!」、岩崎宏美の「Thank You!」などが使用されていた。

海外向けの派生番組『トラベルサラダ』編集

2016年10月11日から2017年1月10日まで、Dlifeで毎週火曜日の19:00 - 19:30に放送。「ゲストの旅」「週末行ってみっか!」「俺のひとっ風呂」の再編集版で構成されていた。

書籍編集

  • 「旅サラダ みやこの宿かり日記~くつろぎの厳選50宿~」(2003年4月18日初版刊行、出版社:ブックマン社、編:ブックマン社特別編集部、ISBN 978-4893085283
  • 「旅サラダ みやこの宿かり日記2~幸せになれる厳選50宿~」(2004年11月25日初版刊行、出版社:ブックマン社、編:ブックマン社特別編集部、ISBN 978-4893085702
  • 「旅サラダ みやこの宿かり日記3~こだわりの厳選50宿~」(2007年9月1日初版刊行、出版社:ブックマン社、編:ブックマン社特別編集部、ISBN 978-4893086549
    • いずれも、竹内が「みやこの宿かり日記」のロケで訪れた旅館やホテルを厳選して紹介。第1弾は、番組の放送10周年記念企画として刊行された[16]
  • 「旅サラダ 勝俣州和の俺のひとっ風呂 厳選50湯」(2018年3月9日初版刊行、出版社:扶桑社、編:『旅サラダ』俺のひとっ風呂編集班、ISBN 978-4594612559
    • 勝俣が「俺のひとっ風呂」のロケで訪れた160ヶ所以上の温泉から、自身で厳選した50ヶ所の温泉を紹介したムック
  • 「朝だ!生です 旅サラダWalker ウォーカームック」(2018年4月3日初版刊行、出版社:KADOKAWAISBN 978-4048960557

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 2018年3月31日までは、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  2. ^ 当該時間帯に地元代表校が第1試合に出場する場合、それに関与する系列局でも当該試合を生中継する際には当番組を休止することがある。
  3. ^ 山梨放送・福井放送・高知放送は11:20で飛び降りのため3時間20分。
  4. ^ a b ラッシャーが『小林悠 たまむすび』(TBSラジオ2014年8月8日放送分「その筋の話」にゲスト出演した際、1996年度は松尾伴内たけし軍団の先輩)がリポーターを務めたが、生の海産物が食べられないため1年で自分に交代した、と語っている。
  5. ^ 降板後、2012年9月22日放送分の「ゲストの旅」にゲスト出演。約15年半ぶりの本番組出演となった。
  6. ^ 当初は笑福亭純瓶→続いて松尾伴内。2016年2月20日放送分はラッシャーがインフルエンザ罹患に伴い欠席したため、伴内が代理出演。
  7. ^ 産前産後休業中も、公式サイトなどではレギュラー陣の1人として扱われている。
  8. ^ 2010年上期より『おはよう朝日です』の司会を担当することに伴って、横山に交代した。交代から1年1ヶ月後より『パネルクイズ アタック25』の第2代司会者として全国ネット番組へのレギュラー出演を再開していたが、2015年3月で両番組とも降板。2017年12月までは、塚本・古川が出演している『キャスト』のメインキャスターを担当した。
  9. ^ 2011年下期より『おはようコールABC』の司会を担当するため堀に交代。同番組では、2020年10月2日の最終回まで司会を続けている。
  10. ^ 2011年6月までは、近畿地方および徳島県における「ラッシャー板前の生中継」にリポーターとして出演していた。降板後に朝日放送を退社。
  11. ^ 第1子の妊娠が進んだため交代(『パネルクイズ アタック25』の出題は翌年3月放送分まで続投)。
  12. ^ 着任前週の2013年1月5日放送分は塚本麻里衣(朝日放送テレビアナウンサー。近畿地方および徳島県における「ラッシャー板前の生中継」リポーターだが、当時は『キャスト』サブキャスターでもあったため加藤の後任とはならず)が担当。交代から約1ヶ月後の同年10月28日より、『キャスト』のサブキャスターを塚本と共に務めている(水曜リポーターから昇格)。この時期から一時、三船が火曜日にコメンテーター、小塚舞子が隔週木曜日にリポーター→コーナーキャスターとしてレギュラーで出演していた。
  13. ^ 第2子の出産を控え産休に入るためヒロドに交代。
  14. ^ 2014年11月放送回より特番『芸能人格付けチェック』のアシスタント、2017年10月より『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送→朝日放送テレビ・メ〜テレ共同制作)の進行アシスタントをそれぞれ担当しており、それに続いての全国ネットの出演となる。朝日放送テレビ分社に伴う同局への自動転籍後は、肩書が「ABC TVアナウンサー」(「ABC TV」ロゴに続けて「アナウンサー」)に変更。
  15. ^ 2020年度下期より『おはよう朝日です』平日版第1部(『おはようコールABC』の終了に伴う放送枠の拡大によって新設されるパート)のアシスタントを全曜日で担当することに伴って降板。
  16. ^ テレビ番組には、2020年の朝日放送テレビ入社後初めてレギュラーで出演。新人アナウンサーからの起用は、旧朝日放送時代を含めても初めてである。
  17. ^ アナログではレターボックス形式
  18. ^ 2013年12月28日の『超拡大スペシャル』にて築地市場から中継を担当した(パートナーの同局アナウンサーは久保田直子)。
  19. ^ テレビ宮崎はカンテレ制作の『土曜はナニする!?』を同時ネットしている。
  20. ^ 本コーナーでは、ANN系列フルネット局以外の3局への配慮として、同局アナウンサーの肩書における局名表記を「ABC」「ABCテレビ」ではなく「朝日放送」「朝日放送テレビ」としている。
  21. ^ 奇しくもこの日は田中美奈子の阿蘇・別府の旅を放送する予定だった。2016年10月15日に延期し改めて旅をしてもらった形での(再編集)放送となった。
  22. ^ 2020年4月4日からは自社制作番組『イチモニ!』(土曜版)の中断番組扱いになっている。
  23. ^ 当局の開局に伴い、岩手県ではテレビ岩手における1980年3月の『おはようワイド・土曜の朝に』の途中打ち切り以来16年半ぶりに土曜朝のワイドショー枠が復活した。
  24. ^ 1993年9月までの社名は『静岡県民放送』(通称:静岡けんみんテレビ)で、同年10月に現社名に変更された。
  25. ^ 番組を放送していない富山県の中継も担当。
  26. ^ 8月6日が土曜日の場合のうち、2011年までは毎年広島平和記念式典中継及び関連番組を編成する関係で当番組の放送を休止する。当番組の放送枠で以上の番組が9:30までに放送終了する場合には、残りの時間帯で単発番組の放送に充てる。2016年は9:00 - 10:30に1時間遅れで時差ネットとなる。
  27. ^ 同局が開局する1993年9月までは、山口放送(日本テレビ系列)で放送されていた。
  28. ^ 2015年3月31日でテレビ朝日制作平日朝のワイドショー(『モーニングショー』〈第1期〉→『スーパーモーニング』→『モーニングバード』)のネットを打ち切ったため、同局のテレビ朝日系ワイドショーのネットおよびネットワークセールス枠差し替え番組は当番組のみである。
  29. ^ 当局の開局に伴い、沖縄県では琉球放送における1981年3月の『おはようワイド・土曜の朝に』の途中打ち切り以来14年半ぶりに土曜朝のワイドショー枠が復活した。

出典編集

  1. ^ “土曜朝「旅サラダ」1000回”. 読売新聞. (2012年9月20日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20120920-OYT8T00819.htm 
  2. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年4月24日). “神田正輝さんらレギュラー陣からも嬉しいコメント続々!「朝だ!生です 旅サラダWalker」番組25周年記念本” (日本語). 産経ニュース. 2019年2月23日閲覧。
  3. ^ a b 【4/3(火)発売!】25周年番組公式記念本「朝だ!生です 旅サラダWalker」! 番組のウラ話&名珍場面やオススメ旅を網羅” (日本語). ニュースウォーカー. 2019年2月23日閲覧。
  4. ^ 神田正輝、渡哲也さんの訃報から一夜明けた「旅サラダ」は「8月1日に収録」と異例のテロップ” (日本語). スポーツ報知 (2020年8月15日). 2020年9月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e 土曜の朝を彩る“旅サラダガールズ”が誕生!” (日本語). ニュースウォーカー (2011年3月28日). 2019年2月23日閲覧。
  6. ^ 旅サラダガールズ:元宝塚トップ娘役、元シンクロ日本代表ら5人が新加入 8期生メンバーが決定” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年2月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 青木愛「体力・根性は負けない」"旅サラダガールズ"に5人が加入” (日本語). マイナビニュース (2018年4月4日). 2019年2月23日閲覧。
  8. ^ 三船美佳「私、結婚しました」 「旅サラダ」で涙の生報告 共演・向井亜紀も号泣” (日本語). スポーツニッポン (2020年9月2日). 2019年4月6日閲覧。
  9. ^ 三船美佳「…旅サラダ」で第2子妊娠報告、本番中も「元気にポコポコ動いて」” (日本語). スポーツニッポン (2020年9月2日). 2020年7月12日閲覧。
  10. ^ 三船美佳、『旅サラダ』で産休報告 「産休ベリーマッチ」と明るく挨拶” (日本語). エンタメRBB (2020年9月2日). 2020年8月15日閲覧。
  11. ^ 三船美佳が第2子出産「15~16年ぶり赤ちゃん」” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ (2020年9月18日). 2020年9月18日閲覧。
  12. ^ a b c d スポニチ Sponichi Annex (2013年3月29日). “「旅サラダガールズ」3期生決まる 神田正輝ダジャレ対応に不安…”. 2013年3月31日閲覧。
  13. ^ 旅サラダガールズ - 番組公式HPより
  14. ^ a b c d e ORICON NEWS (2017年3月28日). “初の一般公募メンバーを迎え、“旅サラダガールズ”7期スタート”. 2017年3月30日閲覧。
  15. ^ 藤井フミヤ、尚之の君を探しに「旅サラダ」新テーマ(『日刊スポーツ2020年3月20日付記事)
  16. ^ ブックマン社『旅サラダ みやこの宿かり日記』

外部リンク編集

朝日放送→朝日放送テレビ 土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
朝だ!生です旅サラダ
-
朝日放送→朝日放送テレビ 土曜 8:00 - 8:30枠
おはよう朝日・土曜日です
※6:45 - 8:30
(1996年10月5日 - 1997年3月29日)
【30分縮小して継続】
朝だ!生です旅サラダ
(1997年4月5日 - )
-
テレビ朝日 土曜 8:00 - 8:30枠
あまから問答
(1982年4月3日 - 1997年3月29日)
【金曜 9:55 - 10:25枠に移動】
朝だ!生です旅サラダ
(1997年4月5日 - )
-
朝日放送→朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列 土曜 8:30 - 9:30枠
海江田万里のパワフルサタデー
(1991年10月5日 - 1993年3月27日)
朝だ!生です旅サラダ
(1993年4月3日 - )
-