ガモーラGamora)は、マーベルコミックスが出版するコミック作品に登場するキャラクターである。ジム・スターリン英語版により創造されたこのキャラクターは『ストレンジ・テイルズ英語版』第180号(1975年)で初登場した。ガモーラはスーパーヴィランのサノスの養女で、自分の種族の最後の生き残りであった。またスーパーヒーローアダム・ウォーロック英語版ノヴァ英語版とは恋愛関係にあった。1990年代はインフィニティ・ウォッチ英語版、2000年代後半からはガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのメンバーとしてコミックに登場している。

Gamora
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場ストレンジ・テイルズ英語版』第180号(1975年6月)
クリエイター ジム・スターリン英語版
作中の情報
本名 ガモーラ
種族 ゼン・フーベリ
所属チーム ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー
インフィニティ・ウォッチ英語版
ファランクス英語版
ユナイテッド・フロント
著名な別名 宇宙で最も危険な女、バンビ・ロング
能力 怪力、超人的スピード、俊敏性、耐久性
高度な暗殺術
ヒーリングファクター英語版
高度な格闘術

ガモーラはテレビアニメ、ゲーム、実写映画にも登場する。

出版上の歴史編集

ガモーラは『ストレンジ・テイルズ英語版』第180号(1975年)で初登場し、ジム・スターリン英語版により創造された。その後同誌第181号、『ウォーロック英語版』第1期第9-15号(1975年 - 1976年)、『アベンジャーズ』及び『Marvel Two-in-One』の1977年のアニュアル誌に登場した。1990年に『シルバーサーファー』第3期第46-47号で再登場した。さらに『インフィニティ・ガントレット』第1-6号(1991年)、『ウォーロック・アンド・ジ・インフィニティ・ウォッチ英語版』第1-42号(1992年 - 1995年)、『インフィニティ・ウォー』(1992年)、『インフィニティ・クルセイド英語版』(1993年)に登場した。2000年代には『インフィニティ・アビス英語版』第1-6号(2002年)、『アナイアレーション: ロナン』第1-4号(2006年)、『アナイアレーション』(2006年)、『ノヴァ英語版』第4期第4-12号(2007年 - 2008年)に登場後、『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』第2期第1-25号(2008年 - 2010年)でレギュラーとなった。また『ザ・サノス・インペラティブ英語版』第1-6号(2010年)に小登場した。

ガモーラは『アベンジャーズ・アッセンブル』第4-8号(2012年6月 - 10月)で他のガーディアンズと共に再登場した。またマーベルNOW!英語版の一環で第3期としてリランチされた『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』誌にも登場する[1]

キャラクターのバイオグラフィ編集

ガモーラはバドゥーン英語版(彼女が生まれた元々の時間線ではユニバーサル・チャーチ・オブ・トゥルース英語版)によって滅ぼされたゼン・フーベリという種族の最後の生き残りである。当時子供だった彼女はサノスによって発見され、兵器として利用されることが決まった。ガモーラはアダム・ウォーロック英語版のもう1つの悪の存在であるメイガスを暗殺するためにサノスによって育成、訓練された。ガモーラは家族を殺した者たちへの復讐を約束したサノスに忠誠を誓った。ガモーラは高度な格闘技術を身につけ、「全銀河で最悪の女」というニックネームで呼ばれるに至った。ティーンエイジャーの頃、サノスは彼女を連れて Tartoonla # 7 へと旅した。ガモーラはサノスの命令に背き、それにより凶悪犯罪者の一団と衝突した。優れた能力を持っていたにも関わらずガモーラは敗北し、襲撃者によって強姦された。サノスはガモーラが半殺しにされたと知ると襲撃者たちを皆殺しにし、彼女を回復させ、サイバネティクスによって超人レベルまで強化された。

成人したガモーラはユニバーサル・チャーチ・オブ・トゥルースに暗殺者として送り込まれ、エージェントのブラックナイツから恐れられた。ガモーラは自分の種族が滅ぼされる事件が起こる前にチャーチのメンバーを全て殺害することで復讐を果たした。ガモーラは自分の古いバージョンを止めたがっていたアダム・ウォーロックと出会い、手を組んだ[2][3]。彼女はメイガスに近づいたが、寸前のところで暗殺に失敗した。ウォーロック、ピップ・ザ・トロール英語版、サノス、ガモーラは共同でユニバーサル・チャーチ・オブ・トゥルースのブラックナイツとメイガスのデス・スクアッドから逃げるために戦った[4][5][6]。その後ガモーラはアダム・ウォーロックを守るようにサノスから命じられるが、サノスの計画に疑問を持ち、そしてドラックス・ザ・デストロイヤーの攻撃を受けた[7]

最終的にガモーラはメイガスを倒すが、サノスは自らの本性を示した。ガモーラはキャプテン・マァ・ヴェル英語版、ドラックス、アベンジャーズと共にサノスと戦った。ガモラとピップは宇宙の全生命を滅ぼそうとするサノスの野望を食い止めた。ガモーラはサノス殺害を試みたが失敗して重傷を負い、ピップは精神を破壊された[8]。アダム・ウォーロックが彼らを発見するとガモーラはサノスの計画を警告し、アダムは彼らの精神をソウル・ジェム英語版に吸収した。アダム・ウォーロックが同じく死亡した際、彼の精神もソウル・ジェムの中の「ソウルワールド」に入って友人たちと再会した[9]

インフィニティ・ウォッチ編集

ソウル・ジェム内のソウルワールドではガモーラ、ピップ、アダム・ウォーロックの他に、かつての敵であったクレイ・トーアやアウトリュコスも吸収され、共に平和に暮らしていた。またガモーラはソウルワールドでシルバーサーファーと出会い、さらにドラックス・ザ・デストロイヤーと戦った[10][11]

サノスがすべてのインフィニティ・ジェムズ英語版を集めてインフィニティ・ガントレットを創り上げるとアダム・ウォーロックは彼を止める行動に出る決断を下した。ウォーロックはガモーラとピップを連れて現実世界へと出た。彼らの魂は直前に自動車事故で死亡した3人の地球人へと乗り移った。ガモーラはバンビ・ロングの身体を手に入れることで肉体的復活を果たし、その姿も元の自分と同様のものに変化した。しかしながらガモーラはサノスが全宇宙の生命体の半分を消滅させる際に巻き込まれてしまった[12]ネビュラがサノスからガントレットを奪って時間を戻すとガモーラも復活した[13]

最終的にインフィニティ・ガントレットはウォーロックが手に入れ、彼は全能に近い存在となった。ガモーラとピップはドクター・ストレンジに協力を求め、パワーによって狂っているウォーロックを探し、止めた[14]リビング・トリビューナルの介入により、ウォーロックはインフィニティ・ウォッチの面々とインフィニティ・ジェムズを分けることとなった。ガモーラはタイム・ジェムを手にしたが、意識的にそれを使うことは出来なかった[15]。ガモーラはウォーロックに恋愛感情を抱いたが、彼は反応を示さなかった。インフィニティ・ウォッチのメンバーのマクサムとの論争の結果、ガモーラはタイム・ジェムを手放してインフィニティ・ウォッチを脱退した。彼女は傭兵の仕事に復帰したが、ウォーロックの誘いでチームに戻った。彼らは共に旅を続け、結局2人は相思相愛となった。ガモーラとウォーロックはアトレゼとして知られる宇宙的存在を育てるためにポケット・ディメンションに残った[16]

アナイアレーション編集

アダム・ウォーロックの一団を離れたガモーラはゴッサブ・オメガに現れ、グローリアン英語版に心を操られた彼女はグレイセスと呼ばれる女性戦士グループのリーダーとなった。彼女は宇宙で最悪の女としての自分を再確立することに熱心で、「ゴッドスレイヤー」と呼ばれる強力な剣を振るった[17][18]アナイアレーション・ウェーブ英語版が始まるとガモーラはユナイテッド・フロントに加わった。彼女はリーダーのノヴァ英語版と肉体関係を持った[19]

アナイアレーション・ウォーに続いたファランクス英語版クリー英語版侵攻の際、ガモーラはハイブマインドの「選択」により同化されてしまう。ファランクスは惑星から逃れたノヴァを追うためにガモーラを派遣した[20]。彼女は後にノヴァによって解放されたが、ファランクスの影響は残り続けた[21]

彼女はガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーに加わった[22]。ガモーラは自分自身と他のガーディアンズの死を偽装したメイガスにより投獄された[23]。彼女はスター・ロードによって救出され[24][25]、「キャンサーバース」との戦いに加わった[26][27]。その後彼女らは地球に現れ、サノスと戦うアベンジャーズを支援した[28]

オリジナル・シン英語版」のストーリーラインでヒーローたちがウォッチャー英語版ウァトゥ英語版を殺害した犯人を探す際にガモーラはムーンナイト英語版ウィンター・ソルジャーと共に活動した[29]

パワーと能力編集

サノスの治療を受けたガモーラはスピード、力、俊敏性、耐久性が増しており、アダム・ウォーロックのそれに匹敵している。またサノスは彼女を武器と近接戦闘の達人に育て上げた。あらゆる武器に精通する彼女であるが、主にナイフや剣を使用している。

『インフィニティ・ウォッチ』誌上でガモーラはサイバネティクスによって腕力、スピード、治癒能力が強化された[30]。ソウルワールドがら帰還した際にはアダム・ウォーロックによって力とスピードがさらに強化された[31]

インフィニティ・ジェムズ英語版のひとつである「タイム・ジェム」の所有者となった際には自由にそれをコントロールできなかったが、時折予知夢や未来の映像を見ることがあった。

MCU編集

ゾーイ・サルダナがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一員であるガモーラを演じる[32][33][34]。日本語吹替は朴璐美が担当。

キャラクター像編集

緑色の肌と、半分赤紫色のロングヘアーが特徴の“ゼホベレイ”で、銀河最大の支配者・サノスによって両親を殺され、彼の養女として訓練を施された暗殺者。

クール且つ生真面目で刺々しい発言が多く、自分に危害を及ぼそうとする者が現れて悪いことが起きるとすぐに相手の命を奪おうとする癖や、友好的に接しようとする人物に対しては上手く接することができずに突き放してしまう不器用さなど、暗殺者として育てられた幼少期を裏打ちする振る舞いも見られ、大勢の人間を手にかけてきたため、彼女に恨みを持つ者は少なくない。本心では両親を殺し、自分を殺し屋に変えたサノスを深く憎悪しているが、徹底的に憎み切れていない様子も垣間見せる。

オーブ争奪戦で出会ったガーディアンズの仲間たちについては、曲が強い彼らによく振り回されて文句も多数ぶつけたが、複数の困難を共に乗り越えたことで、かけがえのない大切な「家族」と認めるまでに至った。特にピーター・クイル/スター・ロードとは、紆余曲折の末に両想いの男女仲となる。幼少期からサノスの下で共に育った義理の妹ネビュラに対しては、サノスの前で幾度も殺し合い同然の実戦訓練を行なわされたことから一切の情を見せないものの、心の奥底では気にかけている。

能力編集

サノスから受けた厳しい訓練により高度な暗殺術と格闘戦能力を会得し、全身に施されたサイバネティックス強化[注釈 1]により、超人的な強さ、敏捷性、スタミナ、耐久力、視力、再生治癒力、免疫、神経システムが与えられている[35]。そのため、戦闘では徒手空拳だけでも並大抵の敵を倒せる実力を見せ、数多く披露する剣術から、さまざまな銃火器の取り扱いまで、あらゆる武器による戦法にも精通している[37][38]。さらに、宇宙船のパイロット及び航海士としても優秀な操縦技術やナビゲート能力を持つ。

武器編集

ゴッドスレイヤー[36][39]
ガモーラの愛剣。“神の国の住人”と呼ばれるアスガルド人をも殺すことができることからこの名がつけられた[36]。長剣と短剣が組み合わさった武器で[39]、柄には刃の重量を軽くするエネルギーコアが内蔵されている[37]。普段は左腰の長剣ホルダーに挿して携行し、使用時には長剣を2本の刃に分割させたり[36]、短剣を取り外して行使こともできる。
採掘コロニーの“ノーウェア”でサノスに挑んだ際に折られてしまう。
スイッチブレード
ガモーラが所有する、本体の両端から短い刃が飛び出すナイフ。
かつてはサノスが持ち主で、彼がガモーラの故郷の“ゼホベリ”に侵攻した際に出会った幼少期のガモーラへ、「宇宙のバランスをとる」というアイデアを示すために、指1本に乗せて天秤のように見せつけ、彼女に渡した逸話がある。
ガモーラにとっては忌わしい記憶のナイフであるものの、これを使ってサノスを抹殺することを望んでおり、ノーウェアで実行したが失敗。後に惑星“ヴォーミア”でサノスにソウル・ストーンを入手させまいと、ガモーラはこれで自害を図ったものの、これも阻止される。

このほかにもガモーラは、サカアラン兵の“ネクロブラスター”など、複数の銃火器も駆使している。

各作品での活躍編集

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
サノスや冒頭から協力していたロナン・ジ・アキューザーへの離反を企て、その手始めに“オーブ”を入手して第三者へと売り飛ばそうと惑星“ザンダー”に来訪するが、居あわせたクイルやグルート&ロケットと三つ巴の騒動を起こしたことで、“キルン刑務所”に収監されてしまう。
別の罪状で収監されていたドラックスや他の囚人らにその首を狙われるも、オーブを売って得た大金の山分けを条件に、クイルやロケットたちと手を組み、ドラックスも同伴させてキルン刑務所の脱獄に成功。ノーウェアでタニリーア・ティヴァン/コレクターにオーブを売り払おうとするが、オーブの中身であった“パワー・ストーン”の暴発で売却に失敗し、オーブをノヴァ軍に預けようと提案するも、駆けつけたネビュラに追われてオーブを奪われ、生身のまま宇宙空間に放り出されてしまった。
しかしクイルに救われ、オーブを取り戻すために彼らと“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”を結成。ラヴェジャーズのサポートを受けて敵艦のダーク・アスターに突入し、ネビュラと激しい白兵戦を展開した後にロナンと対峙。パワー・ストーンを握ったクイルを支えて皆と共にロナンを撃破した。事後はノヴァ軍警察によって前科を抹消され、本当の仲間と認めたクイルたちと共に銀河の旅に出る。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
本作では小競り合いや悪ふざけの絶えない男性陣をきつく叱咤しながらどうにかまとめ、仲間たちを明確に表現しないものの大切な「家族」と認識しはじめているが[注釈 2]、クイルとは彼が嗜好するポップカルチャーに因んだ例え話ができたり、ダンスの誘いにある程度応じるほど「暗黙の了解」の恋人同士になりつつも、互いの鈍感さや不器用さからなかなか進展していなかった。
アニュラックス電池を警備する依頼を完遂して、ソヴリン人からのネビュラの身柄を預かり、ノヴァ軍に引き渡そうとするも、ロケットが電池をくすねたことでソヴリン艦隊に追い詰められた。そこをクイルの実父であるエゴに救われ、彼を警戒するクイルを後押しし、ドラックスも交えて“エゴの星”に赴くが、エゴに不穏なものを感じ取り、彼に傾倒しかけたクイルとも揉めてしまう。
だが自身を殺そうと現れたネビュラとは、泥臭い死闘を繰り広げる中で、互いに本心を打ち明け、長年のわだかまりが解けはじめることになり、エゴの実態にも気づくと、エゴの猛威から互いに助け合い、クイルも救おうと身を投じようとした[注釈 3]
物語のラストでは、ネビュラに幼少期の仕打ちを謝罪して抱きしめ、義姉として彼女の旅立ちを見送り、クイルと肩を寄せ合いながらヨンドゥ・ウドンタの葬儀に立ち会う。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
本作ではクイルとの関係が以前より発展しており、両想いの仲になっていた。それと同時に、最後の“インフィニティ・ストーン”である“ソウル・ストーン”の所在地を知っていた人物としても登場する。また、救出したソーからは、自分と同じ様に家族のことで苦悩していることで共感された。
ソーを救出し、彼からサノス自身がインフィニティ・ストーン入手に動きはじめたことを知らされると、“リアリティ・ストーン”回収のため、クイル・ドラックス・マンティスとノーウェアに向かうが、目的地で待ち伏せていたサノスと対峙し、長年の悲願だった彼の打倒に成功したと思いきや、未遂に終わってサノスに拐われてしまう。
そこからサンクチュアリⅡの船内で、サノスに囚われたネビュラを苦しめる様を見せつけられたことで、ソウル・ストーンの在り処を白状してしまい、ストーンが眠る惑星“ヴォーミア”に連れ出され、サノスが現地でストーンを入手する方法を知ると、彼の苦渋の決断の犠牲となってしまい、生命を落とす。

他のメディア編集

テレビ編集

  • テレビアニメ『Avengers Assemble』の第1シーズン第22話「Guardians and Spaceknights」ではニカ・ファターマンがガモーラの声を務めた。
  • テレビアニメ『Hulk and the Agents of S.M.A.S.H.』の第1シーズン第26話「It's a Wonderful Smash」ではニカ・ファターマンがガモーラの声を務める[41]

その他の映画編集

テレビゲーム編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 両目と筋肉へのバイオニックインプラント[35]、金属製の脊椎[36]、サイバネティックスでアップデートされた呼吸器と筋肉骨格[35]ナノマシン注入[37]などを施された。
  2. ^ 冒頭のアビリスクとの戦いでベビー・グルートに注意しながらご機嫌とりも行う、墜落中のミラノ号にワイヤーで繋がったまま引っ張られるドラックスを身体一つで救おうとする、エゴに心を奪われていくクイルを非難するなど、複数の場面でその様子が伺える。
  3. ^ しかし、崩壊するエゴの星に向かおうとする直前で、仲間をこれ以上失いたくないロケットに阻止されてしまう。

出典編集

  1. ^ Richards, Dave (2012年10月14日). “NYCC: Bendis, McNiven & Wacker Relaunch the "Guardians of the Galaxy"”. Comic Book Resources. 2012年10月15日閲覧。
  2. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), ジム・スターリン、アラン・リー・ワイス (i). "The Judgment!" Strange Tales #180 (1975年6月), Marvel Comics
  3. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), アル・ミルグロム英語版 (i). "1000 Clowns!" Strange Tales #181 (1975年8月), Marvel Comics
  4. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), スティーブ・レイアロハ英語版 (i). "The Infinity Effect" Warlock #9 (1975年10月), Marvel Comics
  5. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), スティーブ・レイアロハ英語版 (i). "How Strange my Destiny! Part 1: The Rice!" Warlock #10 (1975年12月), Marvel Comics
  6. ^ ジム・スターリン英語版 (w), スティーブ・レイアロハ英語版、ジム・スターリン (p), スティーブ・レイアロハ (i). "How Strange My Destiny! Part 2: Escape Into the Inner Prison!" Warlock #11 (1976年2月), Marvel Comics
  7. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p). "Just a Series of Events" Warlock #15 (1976年11月), Marvel Comics
  8. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "The Final Threat" Avengers Annual #7 (1977年11月), Marvel Comics
  9. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "Death Watch!" Marvel Two-in-One Annual #2 (1977年12月), Marvel Comics
  10. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), トム・クリストファー (i). "... The Soul World" Silver Surfer vol. 3, #46 (1991年2月), Marvel Comics
  11. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), トム・クリストファー (i). "Adam Warlock Protector of the Soulworld!" Silver Surfer vol. 3, #47 (1991年3月), Marvel Comics
  12. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジョージ・ペレス英語版 (p), トム・クリストファー、ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "God" The Infinity Gauntlet #1 (1991年7月), Marvel Comics
  13. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "The Final Confrontation" The Infinity Gauntlet #6 (1991年12月), Marvel Comics
  14. ^ ダン・トーマス英語版, ロイ・トーマス英語版 (w), ダン・ローリス (p), アンドリュー・ペポイ英語版 (i). "Footnote to Infinity" Doctor Strange vol. 3, #36 (1991年12月), Marvel Comics
  15. ^ ジム・スターリン英語版 (w), エンジェル・メディナ英語版 (p), テリー・オースティン英語版 (i). "Gathering the Watch!" Warlock and the Infinity Watch #2 (1992年3月), Marvel Comics
  16. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), アル・ミルグロム英語版 (i). "Rewards & Punishment" Infinity Abyss #6 (2002年10月), Marvel Comics
  17. ^ サイモン・ファーマン英語版 (w), ジョージ・ルーカス英語版 (p). Annihilation: Ronan #3 (2006年8月), Marvel Comics
  18. ^ サイモン・ファーマン英語版 (w), ジョージ・ルーカス英語版 (p). Annihilation: Ronan #4 (2006年9月), Marvel Comics
  19. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Blood and Thunder" Annihilation #1 (2006年10月), Marvel Comics
  20. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ショーン・チャン英語版、ブライアン・デンハム (p), ブライアン・デンハム、スコット・ハンナ (i). "Alone" Nova vol. 4, #4 (2007年9月), Marvel Comics
  21. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ポール・ペルティエ英語版 (p), リック・マグヤー (i). "Terminal: Part 1" Nova vol. 4, #11 (2008年5月), Marvel Comics
  22. ^ Greeting the Guardians: Drax and Gamora, Newsarama, May 13, 2008
  23. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ウェス・クレイグ (p). "Seconds Out" Guardians of the Galaxy vol. 2, #19 (2009年12月), Marvel Comics
  24. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ウェス・クレイグ (p), サージ・ラポイント (i). Guardians of the Galaxy vol. 2, #23 (2010年4月), Marvel Comics
  25. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ウェス・クレイグ (p), サージ・ラポイント (i). Guardians of the Galaxy vol. 2, #24 (2010年5月), Marvel Comics
  26. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ミゲル・セプルベダ (p). "The Thanos Imperative (Part 1 of 6)" The Thanos Imperative #1 (2010年8月), Marvel Comics
  27. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ミゲル・セプルベダ (p). "The Thanos Imperative (Part 6 of 6)" The Thanos Imperative #6 (2011年1月), Marvel Comics
  28. ^ ブライアン・マイケル・ベンディス (w), マーク・バグリー英語版 (p), ダニー・ミキ (i). "At the Command of Thanos" Avengers Assemble #4 (2012年8月), Marvel Comics
  29. ^ Original Sin #1
  30. ^ ジム・スターリン英語版 (w), エンジェル・メディナ英語版 (p), ボブ・アルモンド英語版 (i). "Old Wounds" Warlock and the Infinity Watch #9 (1992年10月), Marvel Comics
  31. ^ ジム・スターリン英語版 (w), エンジェル・メディナ英語版 (p), ボブ・アルモンド英語版 (i). "Strange Encounters" Warlock and the Infinity Watch #14 (1993年3月), Marvel Comics
  32. ^ Kit, Borys (2012年7月14日). “'Comic-Con 2012: Marvel Names 'Avengers' Follow-Ups; Robert Downey Jr. Makes Surprise Appearance'”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2012年8月4日時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69gDu8lmx 2012年7月16日閲覧。 
  33. ^ Kit, Borys (2013年4月3日). “Zoe Saldana in Talks to Star in Marvel's 'Guardians of the Galaxy' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月3日閲覧。
  34. ^ Kit, Borys (2013年4月22日). “'Guardians of the Galaxy' Adds One More to Cast (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月22日閲覧。
  35. ^ a b c ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 178、179
  36. ^ a b c d ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 179
  37. ^ a b c ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 178
  38. ^ 超全集 2019, p. 62
  39. ^ a b 超全集 2019, p. 63
  40. ^ Sneak Peak: Images on Upcoming Ultimate Spider-Man episode "Guardians of the Galaxy"”. comicbookmovie (2013年7月19日). 2014年8月1日閲覧。
  41. ^ "It's a Wonderful Smash". Hulk and the Agents of S.M.A.S.H.. Disney XD. 2014年7月6日放送. 25回,シーズン1.
  42. ^ Radtke, Chris (2010年2月1日). “Planet Hulk is Loaded With Random Marvel Universe Cameos”. 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。

参考文献編集

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6
  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8

外部リンク編集