メインメニューを開く

概要編集

「アンファンテリブル」が、「賢者」や「魔法使い」、「格闘家」等の設定のゲスト芸能人を相手に、体を張って映像クイズや巨大文字・マッチを使ったクイズで対戦する。なお、使用された問題には『タイムショック21』で使用予定だった問題も含まれている。『タイムショック21』と同じくノンプロダクションが制作協力のプロダクションとしてクレジットされている。

番組の設定編集

西暦2525年、ミラクル大魔王の手下・クイズ魔人スージー&バッシーにさらわれたマーシャ姫を救うために、「アンファンテリブル」という少年少女たちが大宇宙への冒険の旅に出る。そして行く先々でクイズ魔人とその配下の賢者たちを相手にクイズ対決を繰り広げる。

主な出演者編集

アンファンテリブル(選ばれし子供)
  • 谷村聡美(SATOMI)
  • 蓮沼茜(AKANE)
  • 川田浩太(KOTA)
  • 荒井祐気(YUKI)(途中から加入)

実施されたクイズ編集

早押し映像問題編集

  • 番組開始当初に1回戦で行われていたクイズ。問題映像は『タイムショック21』の流用。

アナグラム、マッチ棒問題編集

  • 当初は2回戦、後に1回戦で行われていたクイズ。マッチ棒の問題やアナグラム問題をアンファンテリブルとゲストが交互に回答して行く。両者が1回ずつ間違えると、マーシャ姫からヒントが出される。
  • 一度だけ、コインの問題が出題されたことがあった。

間違い探し問題編集

  • 番組後期に2回戦で行われたクイズ。一定時間ごとに切り替わる、映像の間違いを探すクイズ。

ファイナルステージ編集

  • 前期は回答権がアンファンテリブルのみで、1回戦と同じ早押し問題が出題される。あらかじめ、1回戦・2回戦で正解した問題の数に応じて制限時間を獲得。1回戦は1問正解につき10秒、2回戦は1問正解につき15秒。5問正解するか、制限時間を使い切ると終了。それまでに分かった答えから連想されるキーワードを解答するファイナルクイズが出題され、それに正解するとアンファンテリブルの勝利、不正解だとスージー達の勝利となる。
  • 後期は前半戦で対戦したゲスト2人のタッグと対戦する。また前半戦でアンファンテリブルが負けた回数分の人数が鳥かごに閉じ込められ、回答権が無くなるルールが追加された。5問出題後に前期と同様、出題された5問から連想されるキーワードを当てるファイナルクイズが出題される。勝利した方が先に回答権を得て、間違えると相手チームに回答権が移る。また両者不正解の場合、初期は引き分け、後に正解が出るまで続行。先にファイナルクイズに正解した方が勝者となる。

特別編編集

  • 8月17日放送分はアンファンテリブルが出演せず、芸能人が男女2人のペアで対決する特別編を放送。トーナメント形式で予選(アナグラム問題・マッチ棒問題・間違い探し問題を1問ずつ出題)を2戦行い、勝者が決勝ステージへ進出。決勝ステージのルールは、後期のファイナルステージと同様。
  • 8月31日放送分は『忍風戦隊ハリケンジャー』の出演者と対戦する特別編を放送。出演したのは塩谷瞬(椎名鷹介/ハリケンレッド役)、長澤奈央(野乃七海/ハリケンブルー役)、山本康平(尾藤吼太/ハリケンイエロー役)、山本梓(フラビージョ役)、福澄美緒(ウェンディーヌ役)の5人で、本来敵対関係である設定のハリケンジャー3人と宇宙忍群ジャカンジャの2人が連合を組んで戦うという、珍しい展開が見られた。この回は、ファイナルステージの鳥かごルールは無かった。

ネット局編集