メインメニューを開く

不思議どっとテレビ。これマジ!?

不思議どっとテレビ。これマジ!?』(ふしきどっとテレビ これマジ)は、2001年4月14日から2002年3月16日まで、テレビ朝日系列で放送されていたバラエティ番組である。放送時間は、毎週土曜19:00 - 20:00(JST)。

不思議どっとテレビ。これマジ!?
ジャンル バラエティ番組
出演者 爆笑問題 ほか
プロデューサー 平城隆司
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年4月14日 - 2002年3月16日
放送時間 土曜日 19:00 - 20:00
放送分 60分
テンプレートを表示

概要編集

世界各国で巻き起こった超常現象や怪奇現象などを検証していく番組として放送された。メイン司会は爆笑問題が務め、情報コーナー「これマジ!?ステーション」の司会は太田真一郎が担当した。紹介する内容のタイトルを発表する際、アニメ『ルパン三世』と同じ形式が用いられ、同作と同じBGMが使用された。

レギュラー放送終了後、2002年10月12日にスペシャル版が放映された。

ダイエット実験、ミステリー・サークルスカイフィッシュなど放送後に話題となった企画も多く放送された。

番組内のセットとして使用されたソファーは赤にするのはよくないと指摘されたため、白にされた時期がある。

メインMCの爆笑問題が日曜19時枠(『決定!これが日本のベスト100』)の司会に移行するため、本番組は2002年3月に終了した。

テレビ朝日の土曜19時枠は、アニメ枠が移動し、バラエティ番組が放送されるようになった1997年10月以降、あらゆる番組が開始から半年以内で終了する中、本番組は初めて1年間放送された。本番組の終了後、土曜19時枠は4年半(5年)ぶりに再び30分単位に分割されアニメ枠が復活、2004年10月まで続いた。

問題点編集

番組内では、幾度かにわたって“アポロ計画捏造説”を紹介している。捏造説の詳細については、「アポロ計画陰謀論」の項を参照。

エドウィン・オルドリン宇宙飛行士など関係者に取材するなどした後、数度にわたって番組を放送したが、番組を観た視聴者の一部から編集方法に偏りがあるとの苦情が放送と青少年に関する委員会へ寄せられ、委員会よりテレビ朝日へ苦情に対する回答要請が出された。これに対してのテレビ朝日の回答[1]は、「『これマジ!?』という番組は、世の中のありとあらゆる不思議ネタを紹介するという狙いの番組です」と前置きし、「最後は、デヴィ夫人がMCや他のゲストたちに『月の土地』をプレゼントすることで、いつか自分の目で確かめに行ってくださいという締めくくりになっています。また、スタジオでの出演者の意見も肯定・否定の双方を取り上げると同じに、番組的な結論までは出していません」と、開き直ったかのような内容だったため、さらに苦情が殺到。結果、当初は年に1~2回の放送する予定だった本番組の特別番組について、2002年10月12日のスペシャル版以降は断念せざるをえなくなった。

ちなみに、番組内で紹介されたアポロ計画捏造説の元ネタ(映像・音声などの資料も含む)はイギリスで製作されたジョーク番組である。このジョーク番組はイギリスやアメリカで放映されたが、ジョーク番組であると明示したエンドクレジットが挿入されて放映された上、口頭でもエイプリルフールである旨を伝えたため、欧米の視聴者の間に日本のような混乱は起きなかった。欧米ではこういった報道番組ドキュメンタリーの形式を用いたジョーク番組はたびたび制作されているが、中には『第三の選択[:en]などのように視聴者が真に受けてしまったり、日本のテレビ局が実話であるかのように紹介したものもある。

ネット局編集

スタッフ編集

備考編集

朝日放送では、自社制作番組『部長刑事シリーズ』の放送のため、1997年10月の『クイズ!渡る世間は金ばかり?!』から本番組の前番組である『年中夢中コンビニ宴ス』まで、キー局・テレビ朝日制作の土曜19時枠の番組は、キー局より30分先行して18:30から放送されていた。その後、2001年4月の番組改編で『部長刑事シリーズ』が18:30 - 19:00枠に移動したため、テレビ朝日制作の土曜19時枠は、本番組から朝日放送でもキー局同時ネットとなり、また朝日放送の土曜19時台の番組が19時台前半と19時台後半を合わせた形で19時台の大方となる1時間枠のレギュラー番組となるのは1956年12月に開局して以来、初めてとなった。

テレビ朝日系列 土曜19時台
前番組 番組名 次番組
不思議どっとテレビ。これマジ!?
クレヨンしんちゃん
※19:00 - 19:30
【金曜19時台後半枠から移動】
クイズ!バーチャQ
※19:30 - 20:00