メインメニューを開く
地図

有限会社コスモヴューファームは、北海道新冠郡新冠町字西泊津27-8に本場を構える競走馬サラブレッド)の生産、育成を行う牧場[1]

歴史編集

1996年ビッグレッドグループ総帥の岡田繁幸によって設立される。1999年に社名変更を行い、現在の名称となった[2]

2011年は「ゼンノ」冠で知られる大迫正善から一口馬主法人「ウインレーシングクラブ」の経営を譲渡され、傘下に組み込んでいる[3]

2016年、若者の雇用に積極的で、人材の育成、雇用管理にも優秀な企業であるとして、厚生労働省より生産牧場としては初めて「ユースエール企業」の認定を受けた[4]

施設編集

本場のほか、4つの分場で競走馬の生産、育成、調教、休養を行う総合牧場である。総面積は230ヘクタールで、315馬房を有する[2]

本場編集

育成調教を担う本場(85ヘクタール)は新冠町新ひだか町静内との間にある海沿いの高台に位置しており、夏場は涼しく、冬場は降雪量が少ないため、サラブレッドの育成に適している。7棟の厩舎に138の馬房を構える。設備としては、坂路800m、電動開閉式ゲート、トラックコース600m、ウォーキングマシーン5基を有する[5]

分場の広大な放牧地で育った若駒は、1歳秋になると充実した調教設備を持つ本場に集められ、デビューに向けた調教を積まれていく[5]ビッグレッドファームと同様のハードトレーニングが施され、グループの理念である「丈夫な馬作り」を基本とした育成が行われている[6]

分場編集

生産や繁殖牝馬の繋養、本場移動前の若駒の管理を行う分場が4つある。当歳馬に対しても、早い時期から夜間放牧が行われている[5]

牧場名 開場年 所在 面積 馬房数 主な管理馬
コスモヴューファーム 並木 2004年 新冠町字西泊津64-2 46ha 45 繁殖牝馬、当歳馬
コスモヴューファーム オーク 2006年 新冠町字西泊津160-5 27ha 35 1歳馬、離乳後の当歳馬
コスモヴューファーム エルフ 2008年 新冠町字東泊津45-1 52ha 68 1歳馬、離乳後の当歳馬、繁殖牝馬
コスモヴューファーム イースト 2013年 新冠町字東泊津170-1 20ha 29 繁殖牝馬、休養馬

代表者編集

岡田亜希子[1]

主な生産馬編集

脚注編集

  1. ^ a b コスモヴューファーム企業情報. コスモヴューファーム. 2018年8月3日閲覧
  2. ^ a b スプリングS G2 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年8月3日閲覧
  3. ^ 大薮喬介. 【クラブ・データ分析(16)】岡田繁幸総帥率いる“マイネル軍団”の傘下に/ウインレーシングクラブ. netkeiba.com(2015年8月12日付). 2018年8月3日閲覧
  4. ^ わが家の移住体験●コスモヴューファームの働き方改革. 北海道新ひだか町(2016年12月22日付). 2018年8月3日閲覧
  5. ^ a b c コスモヴューファーム牧場紹介. コスモヴューファーム. 2018年8月2日閲覧
  6. ^ コスモヴューファーム調教. コスモヴューファーム. 2018年8月3日閲覧
  7. ^ マイネソーサリス”. JBISサーチ. 2019年2月11日閲覧。
  8. ^ ドリームシグナル|競走馬データ-”. netkeiba.com. 2018年8月11日閲覧。
  9. ^ ウインブライト|競走馬データ-”. netkeiba.com. 2018年8月3日閲覧。
  10. ^ ウインガニオン|競走馬データ-”. netkeiba.com. 2018年8月3日閲覧。
  11. ^ ウインムート”. JBISサーチ. 2019年2月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集