メインメニューを開く

サルギス・サルグシアンSargis Sargsian, アルメニア語Սարգիս Սարգսյան, 1973年6月3日 - )は、アルメニアエレバン出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス38位、ダブルス33位。身長180cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

サルギス・サルグシアン
Sargis Sargsian
Tennis pictogram.svg
Sargis Sargisian US Open 2004.jpg
2004年全米オープンでのサルグシアン
基本情報
愛称 サルグ (Sarg)
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
出身地 同・エレバン
生年月日 (1973-06-03) 1973年6月3日(46歳)
身長 180cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2006年
ツアー通算 3勝
シングルス 1勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 223勝288敗
シングルス 155勝209敗
ダブルス 68勝79敗
生涯獲得賞金 $2,603,732
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2003)
全仏 3回戦(1998-2000)
全英 3回戦(2001・03)
全米 4回戦(2004)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2004・05)
全仏 ベスト8(2004)
全英 1回戦(1998・2003・04)
全米 2回戦(1997)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 38位(2004年1月12日)
ダブルス 33位(2004年8月9日)

来歴編集

サルグシアンは4大大会の男子シングルスで、2003年全豪オープン2004年全米オープンで4回戦に進出し、全仏オープンウィンブルドン選手権でも複数回の3回戦進出を果たしている。男子テニス国別対抗戦デビスカップでも、アルメニア1996年に初参加した時からずっとデビスカップアルメニア代表を支え、当地のスポーツ史に大きな足跡を残した。

サルグシアンは7歳からテニスを始め、アルメニアのスポーツ選手育成機関で学んだ後、1993年からアメリカに留学した。アリゾナ州立大学の学生テニス選手だった頃、サルグシアンは同大学で最初のNCAAシングルス選手権優勝者になっている。1995年にプロ入りし、主催者推薦で初出場した全米オープンでいきなり3回戦に進出した。翌1996年アルメニアデビスカップに初参加を果たす。5月下旬にイスタンブールで行われた最下位グループヨーロッパ・アフリカゾーン・グループ3の総当たり戦が、アルメニアのデビスカップ初挑戦であった。1997年7月、サルグシアンはテニス殿堂選手権で初のATPツアー決勝に進出し、ブレット・スティーブンを7-6, 4-6, 7-5で破り、ツアー初優勝を達成した。

それから、サルグシアンは全仏オープン1998年2000年の3年連続3回戦進出を果たす。この3年間、彼はティム・ヘンマンウェイン・フェレイラチャン・シャルケンアルノー・クレマンなどの強豪選手を撃破し、1999年の3回戦では大会前年優勝者のカルロス・モヤと対戦した。2001年には、ウィンブルドン選手権で初の3回戦進出を果たしている。

30歳を迎えた2003年、サルグシアンはテニス経歴で最も充実した年を送った。この年、彼はツアーでシングルス2大会に準優勝、ダブルスで2大会優勝、全豪オープン4回戦進出などの戦績を記録する。それまで全仏オープンウィンブルドン全米オープンの3回戦に勝ち上がってきたサルグシアンだが、この全豪オープンで初の4回戦進出を決めた。3回戦で地元オーストラリアマーク・フィリプーシスを破ったサルグシアンは、初進出の4回戦でウェイン・フェレイラに3-6, 4-6, 6-3, 3-6で敗れた。その後ウィンブルドン選手権でも2年ぶり2度目の3回戦に進出するが、フアン・カルロス・フェレーロに敗退する。同年の秋に、サルグシアンはロシアでの2大会で決勝に進んだが、9月末のクレムリン・カップ決勝ではテーラー・デントに、10月のサンクトペテルブルク・オープンではグスタボ・クエルテンに敗れ、6年ぶりとなるツアー2勝目のチャンスを逃した。

2004年のシーズンは、全米オープンで4回戦進出があった。1回戦でアレックス・コレチャ、2回戦でアテネ五輪の単複金メダルを獲得したニコラス・マスーを破って勝ち進んだサルグシアンは、4回戦でアンドレ・アガシに3-6, 2-6, 2-6のストレートで完敗した。

サルグシアンはオリンピックアルメニア代表選手としても、1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪の3度出場を果たしている。アトランタではダニエル・ネスターとの1回戦に勝利しているが、シドニーとアテネでは初戦敗退に終わっている。

2005年ウィンブルドン選手権1回戦でニコラス・マスーに敗れた試合が、彼の最後の4大大会出場になった。2006年7月、デビスカップイワン・ドディグに敗れた試合を最後に、サルグシアンは33歳で現役を引退した。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 3回 (1勝2敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ (1–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0–1)
クレー (0-0)
芝 (1-0)
カーペット (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1997年7月7日   ニューポート   ブレット・スティーブン 7–6(0), 4–6, 7–5
準優勝 1. 2003年9月29日   モスクワ カーペット (室内)   テーラー・デント 6–7(5), 4–6
準優勝 2. 2003年10月20日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   グスタボ・クエルテン 4–6, 3–6

ダブルス: 5回 (2勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1999年7月5日   ニューポート   クリス・ウッドラフ   ウェイン・アーサーズ
  リーンダー・パエス
7–6, 6–7, 3–6
準優勝 2. 2000年8月21日   ワシントンD.C. ハード   アンドレ・アガシ   ジャレッド・パーマー
  アレックス・オブライエン
5–7, 1–6
準優勝 3. 2003年5月19日   ザンクト・ペルテン クレー   ネナド・ジモニッチ   シーモン・アスペリン
  マッシモ・ベルトリーニ
4–6, 7–6(8), 3–6
優勝 1. 2003年7月28日   ワシントンD.C. ハード   エフゲニー・カフェルニコフ   クリス・ハガード
  ポール・ハンリー
7-5, 4-6, 6-2
優勝 2. 2003年9月8日   ブカレスト クレー   カールステン・ブラーシュ   シーモン・アスペリン
  ジェフ・クッツェー
7–6(7), 6–2

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A A 2R 1R 2R 1R 2R 1R 4R 2R 2R 8–9
全仏オープン A A 1R 3R 3R 3R 2R 1R 2R 1R 1R 8–9
ウィンブルドン A A 2R 2R 1R 1R 3R 2R 3R 2R 1R 8–9
全米オープン 3R LQ 3R 1R 1R 1R LQ 3R 2R 4R A 9–8

: 1997年全米2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク編集