メインメニューを開く

ウェイン・フェレイラ

ウェイン・リチャード・フェレイラWayne Richard Ferreira, 1971年9月15日 - )は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス6位、ダブルス9位で、シングルス・ダブルスとも世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。ATPツアーでシングルス15勝、ダブルス11勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長185cm、体重85kg。ポルトガル系南アフリカ人

ウェイン・フェレイラ
Wayne Ferreira
Tennis pictogram.svg
Wayne Ferreira ATC2010.jpg
ウェイン・フェレイラ
基本情報
フルネーム Wayne Richard Ferreira
国籍  南アフリカ共和国
出身地 同・ヨハネスブルグ
生年月日 (1971-09-15) 1971年9月15日(47歳)
身長 185cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2005年
ツアー通算 26勝
シングルス 15勝
ダブルス 11勝
生涯通算成績 807勝540敗
シングルス 512勝330敗
ダブルス 295勝210敗
生涯獲得賞金 $9,969,617
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1992・2003)
全仏 4回戦(1996)
全英 ベスト8(1994)
全米 ベスト8(1992)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(1993・96・2000・01)
全仏 ベスト8(2000)
全英 ベスト4(1991・94)
全米 ベスト4(1994・2000)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位(1995年5月8日)
ダブルス 9位(2001年3月19日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1992 バルセロナ ダブルス

目次

来歴編集

1989年にプロ入り。フェレイラの4大大会デビューは、1990年ウィンブルドン選手権であった。1991年全豪オープンボリス・ベッカーとの4回戦に進出し、同年ATPツアーでダブルス2勝を挙げる。1992年にフェレイラは躍進し、全豪オープンステファン・エドベリとの準決勝に進出した後、6月第2週にウィンブルドン前哨戦の1つであるクイーンズ・クラブ選手権の決勝で日本松岡修造を6-3, 6-4で破り、男子ツアーのシングルス初優勝をここで決めた。同年7月末のバルセロナ五輪で、フェレイラは南アフリカ代表に選ばれ、ピート・ノーバルとペアを組んだ男子ダブルス部門で銀メダルを獲得した。1960年ローマ五輪を最後に、南アフリカ共和国アパルトヘイトのためオリンピック出場資格を剥奪され、同政策が法的に廃止された後のバルセロナ五輪まで五輪復帰に32年を要した。フェレイラとノーバルのペアは、決勝でドイツボリス・ベッカー/ミヒャエル・シュティヒ組に6-7, 6-4, 6-7, 3-6で敗れたが、こうして南アフリカにオリンピック復帰後最初のメダルをもたらした。オリンピックの後も、フェレイラは全米オープンマイケル・チャンとの準々決勝まで勝ち上がり、1992年10月26日付の男子テニス世界ランキングで9位になった。この年は男子テニス国別対抗戦デビスカップ南アフリカ代表デビスカップ復帰を認められた年である。

1994年にフェレイラは男子ツアーのシングルスで年間4勝を挙げ、ウィンブルドン選手権トッド・マーティンとの準々決勝に進出した。ウィンブルドンでのフェレイラは、これが自己最高成績である。1995年もシングルスで年間4勝を挙げ、同年5月8日付で世界ランキングの自己最高位6位をマークした。1996年アトランタ五輪で2度目のオリンピックに出場し、男子シングルス・ダブルスの両部門でベスト8に進出した。シングルスの準々決勝ではアメリカのアンドレ・アガシに5-7, 6-4, 5-7で敗れ、エリス・フェレイラとペアを組んだダブルスの準々決勝ではオランダヤッコ・エルティン/ポール・ハーフース組に6-7, 6-7で敗れている。しかし、1990年代後半はフェレイラの低迷期であった。1999年ジャパン・オープン・テニス選手権で、フェレイラは3年ぶりのツアー大会決勝進出を果たすが、ニコラス・キーファーに6-7, 5-7で敗れて準優勝になっている。3度目のオリンピック出場となった2000年シドニー五輪では、シングルス1回戦敗退に終わり、ダブルスには出場しなかった。

ウェイン・フェレイラは30歳代を迎えてから、2002年全豪オープンで久々に4大大会シングルスの好成績を出し、同大会で10年ぶりのベスト8に進出したが、マラト・サフィンとの準々決勝で第1セットを2-5で途中棄権してしまった。2003年全豪オープンで、フェレイラは準々決勝で¥フアン・カルロス・フェレーロを破り、11年ぶり2度目の準決勝進出を果たす。最後の大舞台では、第2シードのアンドレ・アガシに2-6, 2-6, 3-6のストレートで完敗した。2003年のシーズンに、フェレイラはシングルス・ダブルスとも最後のタイトルを獲得している。彼は2004年全米オープンまで4大大会男子シングルスに56大会連続出場を続け、男子選手としての史上最長記録を打ち立てた(この記録は2014年全豪オープンロジャー・フェデラーによって更新された)。フェレイラは2004年のシーズンを最後に男子テニスツアーから引退した。

彼の最後の試合出場は、デビスカップ2005ヨーロッパ・アフリカゾーン2回戦の対ドイツ戦で、シングルス2試合でトミー・ハースライナー・シュットラーの両選手に敗れた。フェレイラはデビスカップ南アフリカ代表がデビスカップ復帰を認められた1992年から代表選手として活躍を続け、通算でチーム歴代1位の「41勝18敗 (シングルス30勝14敗、ダブルス11勝4敗)」の成績を残した。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 23回 (15勝8敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (2-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-4)
ATPインターナショナルシリーズ (12–3)
サーフェス別タイトル
ハード (11-4)
クレー (1-1)
芝 (1-2)
カーペット (2-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1992年2月17日   メンフィス ハード (室内)   マラビーヤ・ワシントン 3–6, 2–6
優勝 1. 1992年6月15日   ロンドン   松岡修造 6–3, 6–4
準優勝 2. 1992年7月20日   シュトゥットガルト クレー   アンドレイ・メドベデフ 1–6, 4–6, 7–6(5), 6–2, 1–6
優勝 2. 1992年8月31日   スケネクタディ ハード   ジェイミー・モーガン 6–2, 6–7(5), 6–2
準優勝 3. 1993年3月8日   インディアンウェルズ ハード   ジム・クーリエ 3–6, 3–6, 1–6
準優勝 4. 1993年6月14日   ロンドン   ミヒャエル・シュティヒ 3–6, 4–6
優勝 3. 1994年1月10日   オアフ ハード   リッチー・レネバーグ 6–4, 6–7(3), 6–1
準優勝 5. 1994年2月28日   ロッテルダム カーペット (室内)   ミヒャエル・シュティヒ 6–4, 3–6, 0–6
準優勝 6. 1994年6月20日   マンチェスター   パトリック・ラフター 6–7(5), 6–7(4)
優勝 4. 1994年8月22日   インディアナポリス ハード   オリビエ・ドレートル 6–2, 6–1
優勝 5. 1994年9月19日   ボルドー ハード   ジェフ・タランゴ 6–0, 7–5
優勝 6. 1994年10月3日   バーゼル ハード (室内)   パトリック・マッケンロー 4–6, 6–2, 7–6(7), 6–3
優勝 7. 1994年10月17日   テルアビブ ハード   アモス・マンスドルフ 7–6(4), 6–3
優勝 8. 1995年2月13日   ドバイ ハード   アンドレア・ガウデンツィ 6–3, 6–3
優勝 9. 1995年5月8日   ミュンヘン クレー   ミヒャエル・シュティヒ 7–5, 7–6(6)
優勝 10. 1995年10月16日   オストラヴァ カーペット (室内)   マラビーヤ・ワシントン 3–6, 6–4, 6–3
優勝 11. 1995年10月23日   リヨン カーペット (室内)   ピート・サンプラス 7–6(2), 5–7, 6–3
優勝 12. 1996年3月11日   スコッツデール ハード   マルセロ・リオス 2–6, 6–3, 6–3
準優勝 7. 1996年7月22日   ワシントンD.C. ハード   マイケル・チャン 2–6, 4–6
優勝 13. 1996年8月26日   トロント ハード   トッド・ウッドブリッジ 6–2, 6–4
準優勝 8. 1999年4月19日   東京 ハード   ニコラス・キーファー 6–7(5), 5–7
優勝 14. 2000年11月6日   シュトゥットガルト ハード (室内)   レイトン・ヒューイット 7–6(6), 3–6, 6–7(5), 7–6(2), 6–2
優勝 15. 2003年8月4日   ロサンゼルス ハード   レイトン・ヒューイット 6–3, 4–6, 7–5

ダブルス: 24回 (11勝13敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1991年1月7日   アデレード ハード   ステファン・クルーガー   ポール・ハーフース
  マーク・クーフェルマンス
6–4, 4–6, 6–4
優勝 2. 1991年3月25日   マイアミ ハード   ピート・ノーバル   ケン・フラック
  ロバート・セグソ
5–7, 7–6, 6–2
優勝 3. 1992年1月13日   オークランド ハード   ジム・グラブ   グラント・コネル
  グレン・ミチバタ
6–4, 6–3
準優勝 1. 1992年4月6日   ヨハネスブルグ ハード   ピート・ノーバル   ピーター・アルドリッチ
  ダニー・ヴィッサー
4–6, 4–6
準優勝 2. 1992年5月18日   ローマ クレー   マーク・クラッツマン   ヤコブ・ラセク
  マルク・ロセ
4–6, 6–3, 1–6
準優勝 3. 1992年8月3日   バルセロナ五輪 クレー   ピート・ノーバル   ボリス・ベッカー
  ミヒャエル・シュティヒ
6–7, 6–4, 6–7, 3–6
準優勝 4. 1993年5月17日   ローマ クレー   マーク・クラッツマン   ヤッコ・エルティン
  ポール・ハーフース
4–6, 6–7
優勝 4. 1993年5月9日   ロサンゼルス ハード   ミヒャエル・シュティヒ   グラント・コネル
  スコット・デービス
7–6, 7–6
準優勝 5. 1993年11月15日   アントワープ カーペット (室内)   ハビエル・サンチェス   グラント・コネル
  パトリック・ガルブレイス
3–6, 6–7
準優勝 6. 1994年5月16日   ローマ クレー   ハビエル・サンチェス   エフゲニー・カフェルニコフ
  ダビド・リクル
1–6, 5–7
準優勝 7. 1994年8月15日   シンシナティ ハード   マーク・クラッツマン   アレックス・オブライエン
  サンドン・ストール
7–6, 3–6, 2–6
優勝 5. 1995年5月15日   ハンブルク クレー   エフゲニー・カフェルニコフ   バイロン・ブラック
  アンドレイ・オルホフスキー
6–1, 7–6
準優勝 8. 1995年10月23日   リヨン カーペット (室内)   ジョン=ラフニー・デ・ヤーガー   ヤコブ・ラセク
  エフゲニー・カフェルニコフ
3–6, 3–6
優勝 6. 1998年2月23日   アントワープ ハード   エフゲニー・カフェルニコフ   トマス・カルボネル
  フランシスコ・ロイグ
7–5, 3–6, 6–2
準優勝 9. 1998年7月27日   ワシントンD.C. ハード   パトリック・ガルブレイス   グラント・スタフォード
  ケビン・ウリエット
2–6, 4–6
準優勝 10. 1999年2月28日   ロンドン カーペット (室内)   バイロン・ブラック   ティム・ヘンマン
  グレグ・ルーゼドスキー
3–6, 6–7
優勝 7. 1999年8月2日   ロサンゼルス ハード   バイロン・ブラック   ゴラン・イワニセビッチ
  ブライアン・マクフィー
6–2, 7–6
準優勝 11. 1999年8月9日   モントリオール ハード   バイロン・ブラック   ヨナス・ビョルクマン
  パトリック・ラフター
6–7, 4–6
準優勝 12. 1999年10月25日   リヨン カーペット (室内)   サンドン・ストール   ピート・ノーバル
  ケビン・ウリエット
6–4, 6–7, 6–7
優勝 8. 2000年4月24日   モンテカルロ クレー   エフゲニー・カフェルニコフ   ポール・ハーフース
  サンドン・ストール
6–3, 2–6, 6–1
準優勝 13. 2000年5月15日   ローマ クレー   エフゲニー・カフェルニコフ   マルティン・ダム
  ドミニク・フルバティ
4–6, 6–4, 3–6
優勝 9. 2001年3月19日   インディアンウェルズ ハード   エフゲニー・カフェルニコフ   ヨナス・ビョルクマン
  トッド・ウッドブリッジ
6–2, 7–5
優勝 10. 2001年5月14日   ローマ クレー   エフゲニー・カフェルニコフ   ダニエル・ネスター
  サンドン・ストール
6–4, 7–6
優勝 11. 2003年3月17日   インディアンウェルズ ハード   エフゲニー・カフェルニコフ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 7–5, 6–4

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 通算成績
全豪オープン A A 4R SF 4R 4R 2R 2R 4R 2R 4R 4R 3R QF SF 3R 39–14
全仏オープン A A 2R 3R 2R 1R 3R 4R 3R 3R 2R 3R 1R 1R 3R 1R 18–13
ウィンブルドン LQ 2R 2R 4R 4R QF 4R 3R 3R 4R 1R 4R 1R 3R 1R 3R 29–15
全米オープン A A 2R QF 4R 3R 1R 1R 4R 1R 1R 2R 1R 4R 2R 1R 18–14

: 1997年全仏3回戦の不戦敗は通算成績に含まない

外部リンク編集