ザック・フィリップス

ザカリー・デビッド・フィリップスZachary David "Zach" Phillips, 1986年9月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント出身のプロ野球選手投手)。左投左打。メキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズに所属。

ザック・フィリップス
Zach Phillips
モンクローバ・スティーラーズ #58
ザック・フィリップス20140501.JPG
広島東洋カープ時代(2014年5月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サクラメント
生年月日 (1986-09-21) 1986年9月21日(33歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト23巡目(全体681位)でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 MLB / 2011年8月31日
NPB / 2014年5月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレンジャーズ傘下時代編集

2004年MLBドラフト23巡目(全体681位)でテキサス・レンジャーズから指名され、2005年5月26日に契約。

2011年7月14日DFAとなった。

オリオールズ時代編集

 
オリオールズ時代(2011年9月1日)

2011年7月19日ニック・グリーンと金銭とのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍した[1]8月31日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たした。13点ビハインドの8回表から4番手として登板し、1回を投げ2安打無失点1四球1奪三振だった。

2012年11月3日にDFAとなり、AAA級降格を拒否したためFAとなった。

マーリンズ時代編集

2012年11月25日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。

2013年は傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで開幕を迎え、50試合に登板。4勝2敗1セーブ・防御率2.44、59イニングで74奪三振と高い奪三振率を残した。9月1日にメジャー昇格。3試合に登板した。10月7日にFAとなった。

広島時代編集

2013年10月28日広島東洋カープと契約に合意した[2]

2014年5月10日キャム・ミコライオの負傷離脱に伴い、1軍に初昇格[3]5月13日米子市民球場での阪神戦で同点の12回表に登板し、1イニングを3者凡退に仕留めた。直後の12回裏に梵英心のサヨナラホームランが飛び出し、来日初勝利を記録した[4]。その後も大崩れすることはなかったが、この年の広島はフィリップス以外にミコライオ、ブライアン・バリントンキラ・カアイフエブラッド・エルドレッドライネル・ロサリオデュアンテ・ヒースと外国籍選手が7人も所属し、しかもそれぞれが1軍で結果を残すという熾烈な状況であり、外国人枠の兼ね合いからフィリップスに1軍登板のチャンスは殆ど与えられなかった。結局ウエスタン・リーグでは17セーブを挙げて最多セーブ投手となり、防御率は0.26という圧倒的な成績を挙げながら、1軍ではわずか9試合の登板に終わった。

2軍での好成績と1軍でのチャンスの少なさから去就が注目されていたが、10月30日に新外国人の獲得に伴い広島を退団する事が決定的と報じられ[5]12月2日に自由契約公示された[6]

ホワイトソックス傘下時代編集

2014年12月15日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ。2015年はメジャーでの登板は無かった。11月4日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[7]

2016年3月17日に40人枠から外れ、翌18日にFAとなった[8]

オリオールズ傘下時代編集

2016年3月23日、オリオールズと1年契約を結んだ[9]4月1日に40人枠から外れ、傘下のAAA級ノーフォーク・タイズに配属された[10]

パイレーツ時代編集

2016年8月31日カイル・ロブステイン英語版とのトレードで、ピッツバーグ・パイレーツに移籍した[8][11]9月13日ゲリット・コールの60日間の故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8][12]。パイレーツでは8試合に登板して0勝0敗・防御率2.70・6奪三振の成績を残した。オフの11月3日にFAとなった[8]

カージナルス傘下時代編集

2016年11月18日セントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、2017年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[13]

メキシカンリーグ時代編集

2017年6月24日モンクローバ・スティーラーズと契約した。

投球スタイル・人物編集

最速155km/h(日本での最速は149km/h)の速球に加えて、カーブスライダーチェンジアップを投げ分ける[14]

人気俳優キアヌ・リーブスを思わせるかなりの"イケメン"である。ニックネームは「フィリー」か、ザックの「Z」。元巨人のジョナサン・アルバラデホから背中を押され、日本行きを決意した。野球に対する姿勢は非常に真面目である。米球界では最速155キロの直球を武器に、中継ぎの役割を担った。広島は先発、リリーフともに左腕が手薄。そのチーム事情を理解している。「自分では中継ぎが効果的だと思うが、求められた所で準備したい」と話している。広島入団が決まると、同僚となるブラッド・エルドレッドの連絡先を入手して日本球界の情報を得た。「(日米の)違いはないよ。野球は野球だ。ファンが盛り上がると、やってやろうという気持ちになる。ドンドン盛り上げてほしい」と語っている[15]

広島時代の同僚のキャム・ミコライオやエルドレッドに負けない特徴的なヒゲを蓄えている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 BAL 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 33 8.0 6 1 2 0 0 8 0 0 1 1 1.13 1.00
2012 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 28 6.0 7 2 3 1 0 5 0 0 4 4 6.00 1.67
2013 MIA 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 11 1.2 3 0 3 0 0 1 0 0 1 1 5.40 3.60
2014 広島 9 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 46 11 8 1 3 0 1 7 0 1 4 4 3.27 1.00
MLB:3年 19 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 72 15.2 16 3 8 1 0 14 0 0 6 6 3.45 1.53
NPB:1年 9 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 46 11 8 1 3 0 1 7 0 1 4 4 3.27 1.00

記録編集

NPB

背番号編集

  • 58(2011年 - 2012年、2014年、2017年 - )
  • 56(2013年)
  • 53(2016年)

脚注編集

  1. ^ Rangers acquire infielder Green from O's” (英語). MLB.com (2011年7月19日). 2016年3月24日閲覧。
  2. ^ ザック・フィリップス選手、来季契約合意”. 広島東洋カープ (2013年10月28日). 2013年11月11日閲覧。
  3. ^ 広島ミコライオが左足痛で登録抹消 代わってフィリップスが初昇格
  4. ^ 広島フィリップス来日初勝利
  5. ^ 広島 4年40勝腕バリントン退団へ、左腕フィリップスとも契約せず”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2014年10月31日). 2014年11月15日閲覧。
  6. ^ 2014年度 自由契約選手”. 日本野球機構 (2014年12月2日). 2014年12月5日閲覧。
  7. ^ Transactions | whitesox.com” (英語). MLB.com (2015年11月4日). 2015年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年2月2日閲覧。
  9. ^ Brittany Ghiroli (2016年3月23日). “Orioles sign left-hander Phillips to vie for spot” (英語). MLB.com. 2016年9月16日閲覧。
  10. ^ Jeff Todd (2016年4月1日). “Orioles Outright Zach Phillips” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年4月7日閲覧。
  11. ^ Adam Berry (2016年8月31日). “Pirates add Minor League lefty Phillips in deal with O's” (英語). MLB.com. 2016年9月14日閲覧。
  12. ^ Adam Berry (2016年9月13日). “Bucs shut down Cole with elbow inflammation” (英語). MLB.com. 2016年9月14日閲覧。
  13. ^ Berry, Adam (2016年11月18日). “Sierra among 4 added to Cards' 40-man roster”. MLB.com. 2017年2月2日閲覧。
  14. ^ “広島フィリップス 先発も抑えもOK「登板数増やす」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年1月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/29/kiji/K20140129007476860.html 2014年1月29日閲覧。 
  15. ^ “広島に新戦力 イケメン左腕フィリップス”. 日刊スポーツ. (2014年1月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140129-1250418.html 2015年11月5日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集