メインメニューを開く

ザ・ワイルドワンズ

ザ・ワイルドワンズ(The Wild Ones)[1]、1981年から2010年頃までは加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ(かせくにひこと-)は日本のバンドで、かつてはグループ・サウンズの一つであった。

加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
フォークロック
サマーポップス
AOR
活動期間 1966年 - 1971年1981年 -
レーベル 東芝音楽工業
事務所 渡辺プロダクション
メンバー 鳥塚繁樹(ギター)
島英二ベース
植田芳暁ドラムス、ギター)
旧メンバー 渡辺茂樹キーボードフルート
加瀬邦彦ギター

目次

メンバー編集

現在のメンバー
元メンバー

来歴編集

加瀬邦彦がキャノンボールザ・スパイダース寺内タケシとブルージーンズを経て平凡パンチに募集記事を載せ、メンバーを集め結成された。ザ・ワイルド・ワンズというグループ名の由来は慶應義塾大学の先輩で親交の深い加山雄三星占いにより、『野生児』という意味を込め命名。

1966年11月に『想い出の渚』で東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)からデビューを果たす。

1968年1月にグループの音楽性発展のため、当時16歳だった渡辺茂樹が加入。

1971年秋に神田共立講堂での公演にて一旦解散したが、1979年11月に限定的に再集結しシングル「美しすぎた夏」とアルバム「アンコール」を発売(それまでも度々4人で集結している)、その後、1981年1月“さよなら日劇ウエスタン・カーニバル”にメンバー5人が勢揃いし出演したのがきっかけで再結成話が持ち上がり、仕事の都合で参加を見送った渡辺茂樹を除く、オリジナルメンバー4人で「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」として本格的な再結成に踏み切った。

1990年には、峠恵子白石享子の女性2名を加入させ、ザ・ワイルドワンズ'91としてシングル2枚、アルバム1枚をリリースし活動した。タイガース・メモリアル・クラブ・バンドには、渡辺茂樹も参加した。また、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」のコーナー「加山雄三(くわやま・ゆうぞう)ショー」で、加山雄三のものまねでエレキを弾く南原清隆バックバンドで出演。現在も日本全国でコンサート活動をこなす。他には、鳥塚しげき、植田芳暁、島英二と、個々の活動でも個性が光るメンバーがいる。一時期、ドリンク剤のCMでコミカルなキャラクターでも人気が出た。

2006年11月2日、結成40周年記念ライブを初の日本武道館にて開催した。

2008年には初の全国ツアーを決行する。

2009年、GS時代からの盟友である沢田研二を迎え入れ「ジュリー with ザ・ワイルドワンズ」としての活動を発表、2010年2月10日に新曲「渚でシャララ」を発売した。又、発売に先駆けTBS系ひるおび!」で2010年1月期エンディング曲として公開された。

2011年、ジュリー with ザ・ワイルドワンズとしてミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門の録音・録画作品(日本人アーティスト)、コンサートパフォーマンス(日本人アーティスト)の2項目で受賞を果たす(この部門での2項目同時受賞は2007年の上原ひろみ以来2人目)。

2012年3月に島が消化器系のガン治療のために入院(早期発見ですぐに内視鏡手術で取ったため健康への影響は全くなかった)したことで4人全員がガンを経験したとして、それ以降は冗談で「ワイルドガンズ」と名乗ることも増えている。

4月にはももいろクローバーZの公演『ももクロ春の一大事2012 〜横浜アリーナ まさかの2DAYS〜』の一日目に参加し、百田夏菜子 With ザ・ワイルドワンズとして「渚のラララ」を披露した。同曲は作詞・作曲:加瀬邦彦、編曲:上田健司

2014年に渡辺茂樹が死去。また、加瀬が咽頭癌の手術を機に療養に入ったことにより、それ以来は鳥塚、植田、島の3人での活動になる。

2015年4月20日に加瀬が自殺、その後も鳥塚、植田、島の3人がワイルドワンズの活動を続けることを表明した。6月23日、3人での再録音による「想い出の渚/懐かしきラブソング」を、12月23日には新曲4曲に「想い出の渚」を加えた5曲入りミニアルバム「ワンズ ワンズ ワールド」を発売した。

この年の12月から2017年4月20日にかけて、「ワイルドワンズ結成50周年記念&加瀬邦彦追悼コンサートツアー」を開始、2016年11月22日に大阪で行われた「50周年記念&加瀬追悼コンサート」では、加瀬の次男で現在加瀬の後を継いでケネディハウスの社長を務める加瀬友貴が加瀬のポジションでギター&コーラスを担当、友貴はそれ以降もたびたびワイルドワンズのステージに参加している。

ディスコグラフィ編集

シングル
再結成以降
  • 美しすぎた夏/レイニー・デイ(1979年11月20日)
  • 白い水平線/ムーンライト・カクテル(1981年7月5日)加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ 76位
  • 雨のテレフォン/モノクローム(1981年12月21日) 加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ
  • ハート・ブレイク・ビーチ/サマー・エンジェル(1982年6月) 加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ
  • 煌めくまなざし/想い出の渚(1982年7月21日)加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ
  • 想い出の渚/同曲カラオケ(1983年4月21日)
  • ロマン・ホリディ/避暑地の出来過ぎ(1983年7月5日)
  • ハート燃えて愛になれ(テレビ朝日私鉄沿線97分署」オープニングテーマ)/涙色のイヤリング(テレビ朝日「私鉄沿線97分署」エンディングテーマ)(1985年5月)
  • ワン・モア・ラブ/バースデイ・ソング(1991年6月)ザ・ワイルドワンズ'91
  • 黄昏れが海を染めても/想い出の渚'91(1991年12月)ザ・ワイルドワンズ'91
  • 幸せのドアー/いとしの渚のメモリーガール/しずく(2002年10月)
  • 愛することから始めよう/あなたのいる空(2004年7月)
  • 夢をつかもう(2006年10月)
  • 想い出の渚/懐かしきラブソング(2015年6月)(加瀬の死後、残された3人で初めてレコーディングした、加瀬追悼盤。)
アルバム
再結成以降
新曲入りベスト・アルバム
DVD

その他編集

特記事項編集

現役当時、ジャッキー吉川とブルーコメッツ同様にNHKへの出演が許されたグループサウンズである。

渡辺プロダクション創立50周年事業として、展覧会「抱えきれない夢 Pocketful Of Dreams」が2005年12月23日より2006年1月15日まで東京都千代田区丸ビルで開催され(後に渋谷の東急本店でも開催)会場には加瀬邦彦が当時実際に使用していたYAMAHA特注の12弦ギターも展示された。

出演編集

テレビ番組編集

他多数

映画編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 第1期ワイルドワンズのレコードジャケットでは『ザ・ワイルド・ワンズ』という表記になっていた。

外部リンク編集