ジェイアールバス東北青森支店

青森支店のデータ
バス事業者 ジェイアールバス東北
(←東日本旅客鉄道
(←日本国有鉄道
(←鉄道省
所在地 青森県青森市柳川一丁目2-23
所管路線数 6路線(うち高速2)
開所日 1934年8月5日

ジェイアールバス東北青森支店(ジェイアールバスとうほくあおもりしてん)は、青森県青森市青森駅前にあるジェイアールバス東北(JRバス東北)の営業所である。

JRバス東北青森支店(2009年8月撮影)

所在地編集

青森県青森市柳川一丁目2-23

概要編集

開設と発展編集

各地で観光路線(培養路線)を運行していた鉄道省では十和田湖に注目し、鉄道省営バスの運行計画を進めた。道路改修を行い、青森 - 酸ヶ湯間の個人路線を買収して1934年(昭和9年)8月5日の十和田北線開業と共に青森自動車所を設置した。その後、青森市内での区間運行便も新設し、横内線浅虫線をそれぞれ運行を開始した。なお、それらの区間においてこの2つの路線は青森市営バスに先駆けて運行を開始したものである。

当時、1番バスは函館からの青函連絡船2便の到着に接続しており、十数台の連行で運転された。運転手・車両ともに青森管内だけでは足りずに各地の自動車営業所からの助勤も行われていた。

なお、民営化までは青森十和田湖線(当時青森県道1号。現・国道103号)傘松峠の除雪作業は国鉄除雪隊の手によって行われており、冬季は萱野茶屋に除雪基地を開設、国鉄バスのシンボル「つばめマーク」を標記した除雪車を運用していた[1]

合理化と民営化編集

国鉄の自動車部門は合理化と車掌不足のためワンマン化を進め、1967年(昭和42年)には横内線にて東北地方自動車部管内で初めてワンマンカー運行を開始した(当初は夏期限定であった)。1975年(昭和50年)には十和田北線でも実施。十和田北線は依然、全線で冬期間運休となっていたが、1982年(昭和57年)には除雪体制が整い青森 - 酸ヶ湯間の通年運行化が実現した。

前後して青森市営バスが酸ヶ湯までの路線を申請したが、国鉄側が拒否。最終的には青森市営バス側が浅虫線を減便して国鉄バスの増便を認めたことにより合意にいたった。なお、青森市営バスは1990年代に入り、酸ヶ湯線を廃止し、国鉄バスの後身となるJRバス東北は浅虫線を廃止した。

国鉄分割民営化直後に浅虫線・横内線を増便。また、1980年代後半の高速バスの路線新設ブーム[2]の中、「あすなろ号」「ラ・フォーレ号」の運行を開始した[3]。1993年の新青森空港開港に伴い青森空港線に参入、青森市営バスとの共同運行を開始した[4]。1990年代半ばに入り合理化が進み、「ラ・フォーレ号」が仙台乗継によるワンマン運行となった。2002年(平成14年)の東北新幹線八戸駅開業により十和田東線「おいらせ号」の運行を開始した。2003年(平成15年)には十和田南営業所廃止に伴う路線の持ち替えが行われ、「ブルーシティ号」と「とわだこ号」の担当となっている。

近年は横内線・浅虫線の利用者減により2007年(平成19年)3月を以て浅虫線を廃止、撤退している。これと同じくして、JRバス東北所有のバスポール(バス停)が青森市営バスに無償譲渡され、浅虫線・横内線沿線の一部停留所で青森市営バスの停留所として使用されている。

2007年7月20日、青森市が東北新幹線新青森駅開業を見据えて「文化観光交流施設」(仮称→「ねぶたの家 ワ・ラッセ」)の建設のため、旧青森支店(青森市安方)用地の取得に乗り出し、青森市当局とJRバス東北の間で大筋合意した。これにより、青森支店は青森市民ホール南側にある市有地(かつて同支店の古川駐車場として使用されていた)に、土地所有を交換する形で2008年12月19日に移転した。

歴史編集

 
旧庁舎/バスターミナル(2007年11月撮影)
 
旧車庫/整備工場(2008年6月撮影)
  • 1934年昭和9年)8月5日 - 十和田北線運行開始に伴い、省営自動車青森自動車所設置。
  • 1936年(昭和11年)9月1日 - 仙台鉄道局自動車課青森自動車区に改称。
  • 1947年(昭和22年)5月15日 - 青森管理部自動車課を設置。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 東北地方自動車事務所青森自動車営業所に改称。
  • 1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - ジェイアールバス東北青森営業所となる。
  • 1989年平成元年)7月1日 - 「ラ・フォーレ号」運行開始。
  • 1990年(平成2年)2月20日 - 青森支店に改称。
  • 1991年(平成3年)6月1日 - 1階窓口にマルス端末を設置、JR乗車券・指定席券類の販売開始。
  • 1993年(平成5年)
  • 2002年(平成14年)12月1日 - 十和田東線の運行開始。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 十和田南営業所の廃止に伴い、十和田南担当の「とわだこ号」、「ブルーシティ号」を青森担当に移管。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 「あすなろ号」「とわだこ号」の運行から撤退(とわだこ号は実質上、運行参加は2005年度まで)。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 浅虫線を廃止。
  • 2008年(平成20年)12月19日 - 現在地に移転。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 青森空港線から青森市営バスが撤退。JRバス東北の単独運行となる。
  • 2011年(平成23年)4月〜6月 - JR八戸線列車代行バス(階上駅 - 久慈駅間)の運行を担当。
  • 2018年(平成30年)3月31日 - この日の運行をもって、JRバス東北が「ブルーシティ号」(青森 - 仙台)の運行から撤退。
  • 2021年令和3年)
    • 3月27日 - この日から、みずうみ号・おいらせ号・青森空港線・横内線の乗車でSuica等交通系ICカードが使用可能となる[5]
    • 4月 - この月から、キャッスル号(弘前 - 仙台)の1往復を担当。
  • 2022年(令和4年)3月12日 - この日から、青森地域連携ICカード「AOPASS」が、「青森空港線」と「横内線」で利用可能となる[6]

現行所管路線編集

※印の路線はSuica、◯印の路線は青森地域連携ICカード「AOPASS」が利用可能路線。
青森市中心部と同青森空港を結ぶ。
路線沿革
  • 1965年昭和40年)6月1日 - 青森市営バス空港線を新設。
  • 1993年平成5年)4月1日 - JRバス東北が参入[7](共同運行)。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 青森市営バスが撤退し、JRバス東北の単独運行となり、ホテル青森経由が廃止。同時に運賃を値上げ(青森駅 - 青森空港間が560円から680円に)[8]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 消費税増税に伴い、運賃改定(青森駅 - 青森空港間:700円)。
  • 2019年令和元年)10月1日 - 消費税増税に伴い、運賃改定(青森駅 - 青森空港間:710円)[9]
  • 2021年(令和3年)12月1日 - 運賃改定(青森駅 - 青森空港間が710円から750円に)[10]

過去の所管路線編集

車両編集

  • 国鉄時代には新車を青森(や十和田南)に配置し、繁忙期に稼働させた後全国の営業所に転配する十和田方式が導入されていた(詳しくは十和田北線#十和田方式の項を参照のこと)。
  • 民営化後は十和田方式は行われなくなったが、観光路線である十和田北線がメインであることから、国鉄時代より前扉のみ(トップドア)の車両が多く配置されている。
  • 一時期首都圏からの中古車も多く導入されたが、一般路線の縮小によりこれらの車両は転属・廃車が進み、現在は高速バスと同仕様(実際に当支店や他支店で高速バスとして運行されていた車両が多い)の車両が大半を占めている。これらの車両は横内線にも運用されるので、市内のみの利用でもグレードの高い車両に乗車することが可能である。
  • 2011年3月5日の東北新幹線「はやぶさ」運行開始に合わせ、新幹線「はやぶさ」に充当される新幹線E5系電車と同様の塗装を施し、ナンバーを「8823」(はやぶさ)に統一した「はやぶさカラーバス」6台を導入[11][12]
  • 2018年12月から毎年冬季にジェイアールバス関東長野原支店へ「はやぶさカラーバス」2台の貸し出しを行っている。

当支店所属車両画像編集


周辺編集

他社入庫便編集

青森発着の一部高速バスは当支店で休憩・滞泊をする。

かつて入庫していた会社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 荒川好夫 『国鉄広報部専属カメラマンの光跡』交通新聞社DJ鉄ぶらブックス019〉、2017年3月7日、65-67頁。 
  2. ^ 近い将来の高速バス路線開設を見越し、国鉄末期に青森駅 - 浪岡駅間の高速路線を開設した。[要出典]
  3. ^ 同時期に「ブルーシティ号」も運行を開始したが、運行開始当初は角田営業所の担当であった。
  4. ^ 十和田北線の青森空港乗り入れや、青森空港線の浅虫延長も図られたが、現在はいずれも廃止されている。
  5. ^ 青森県内の一部バス路線において交通系ICカードがご利用いただけるようになります (PDF)”. ジェイアールバス東北. 2021年4月26日閲覧。
  6. ^ アオパス・ポイント 来月から相互利用/JRバス、一部路線で - dmenuニュース(2022年2月19日12時37分配信・配信元:東奥日報)
  7. ^ “青森空港へ新路線 JRバス東北”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1993年3月25日) 
  8. ^ 青森市営バス浪岡線(空港経由)青森駅~青森空港間の運賃は560円に据え置かれたままとなっていたが、2013年10月1日から「社会実験バス」移行に伴い、640円に値上げした。一部の路線について、市営バスに代わり、社会実験バスが運行します。(青森市営バスホームページ) (PDF)
  9. ^ 消費税率改定に伴う路線バスの運賃改定について (PDF) - ジェイアールバス東北(2019年9月5日リリース・2022年2月25日閲覧)
  10. ^ 【お知らせ】青森空港線の運賃改定について”. ジェイアールバス東北. 2022年2月5日閲覧。
  11. ^ みずうみ号に新色「はやぶさカラーバス」を導入!(2011年2月15日 ジェイアールバス東北プレスリリース) (PDF)
  12. ^ 3月5日より「はやぶさカラーバス」が運行開始!(2011年3月1日 ジェイアールバス東北プレスリリース)

関連項目編集