メインメニューを開く

ジャパンプロレス

かつての日本のプロレス団体

ジャパンプロレスは、かつて存在した日本プロレス団体

目次

歴史編集

新日本プロレス興行の設立編集

1983年新日本プロレスアントニオ猪木を筆頭にタイガーマスク(初代)、藤波辰巳長州力など多くのスター選手を揃えて「新日本ブーム」とも言える好調な観客動員を続けていた。その反面、新日本の経営状況は、猪木が1980年にブラジルで起こした事業への資金流用などもあり、非常に逼迫した状況にあった[注釈 1]。新日本の経営体制に不満を持った山本小鉄、藤波、営業部長であった大塚直樹らは、放漫経営の原因となっていた社長の猪木、営業本部長の新間寿らを排除した形での団体を目指してクーデターを画策。一時的に勢力を掌握したものの、それぞれの思惑の違いからクーデターは失敗に終わり、猪木が再び社長に復帰する形になった。

1983年12月に大塚は、新日本を退社して新たに興行会社を設立。猪木より名称を譲渡された「新日本プロレス興行(しんにほんプロレスこうぎょう)」として法人登記[注釈 2]。大塚らは興行会社として再出発を切る形となった。

新日本興行に対して新日本は、事実上の兄弟会社として、新日本の興行プロモーションを請け負わせる形で、取引契約を交わしていた。その一方、新日本興行とすれば、「純粋な興行会社であり、新日本と名称が入っていても、他団体の興行でも請け負う」というスタンスを取っていた[注釈 3]。この相違が後に両会社間の軋轢を招く形となっていった。

全日本プロレスとの業務提携 - 選手の引き抜き - ジャパンプロレスの設立編集

1984年全日本プロレス会長であったジャイアント馬場が、大塚に接触して、プロモーション請負を打診。8月26日の全日本田園コロシアム大会を新日本興行が主催し、全日本と新日本興行の業務提携へと話が発展する形になった。

新日本は、兄弟会社と考えていた新日本興行が、ライバル団体である全日本のプロモーションを行う事態を受けて、阻止を図ったが、新日本興行は応ぜず、新日本興行との取引契約解除を通告する形になった。大塚は、契約解除の報復という形で、田園コロシアム大会後に「新日本との絶縁」と「新日本からの選手の引き抜き」を実行することを宣言し、一触即発の形となった。大塚らは親交のあった長州らユニット「維新軍」のほか、藤波やザ・コブラらにも接触を図っていた。

長州、フリーのアニマル浜口から始まった維新軍は、これに共鳴するキラー・カーン小林邦昭、フリーの寺西勇が加わり、期待のホープであった谷津嘉章も引き入れて一大勢力となっていた。長州、浜口はアメリカロサンゼルスを中心に活動していたマサ斎藤を訪ね、相談した。「好きなようにやれよ。骨は俺が拾ってやるから」という斎藤の言葉を胸に帰国して最終的に維新軍で行動を起こすことになった。

9月21日、新日本を退団した長州、小林、谷津が、新日本興行所属となることが発表された。9月24日、新日本を退団した永源遙栗栖正伸保永昇男仲野信市新倉史祐が入団。最終的には斎藤やカーンらを含め13人の選手が集結した[注釈 4]。10月9日、長州の個人事務所「リキプロダクション」と合併する形で、ジャパンプロレスに改称。ジャパンは、全日本と業務提携を結んで、全日本を主戦場とすることになった。

ジャパン所属選手は、それぞれ個別に全日本と専属選手契約、日本テレビと肖像権に関する契約を締結しており、事実上全日本プロレス所属と言っても過言ではなかった[注釈 5]。幾度か自主興行のシリーズも行ったが、全日本所属選手とスタッフが全面協力して全日本プロレス中継で放送されるなど、全日本の通常興行と変わりはなく、当時の全日本は2チャンネル運営だったとも言える。主にジャパンのシリーズは、全日本のシリーズが終了した直後に開幕しており、全日本の興行数はジャパンのシリーズを含めると年間200以上であった。

全日本に参戦した長州らジャパン勢は、アメリカンスタイルと言われた「受けて勝つ」全日本のスタイルに大きな影響を与えたと言われる。どちらかと言うとさっさと蹴散らしてしまう、いわゆる「ハイスパートレスリング」を身につけていた長州らのプロレスは、その後、天龍源一郎ら全日本の主力、中堅選手にも影響を与えている。また代表である大塚の尽力により、馬場、梶原一騎竹内宏介、大塚の四者会談が実現して、これが縁で三沢光晴が扮するタイガーマスク(2代目)が全日本に登場した。

長州力の社長就任 - 独立への気運編集

1985年6月、長州が大塚に代わりジャパン社長に就任[3]世田谷区池尻に事務所、道場、合宿所を備えた本社ビルを竣工した。

長州の社長就任以降、ジャパンは上昇ムードになりつつあった。長州は全日本では未だにファンから「伝説」と言われるジャンボ鶴田との一騎討ち[注釈 6]や、パワーリフティング世界王者だったトム・マギーとの異種格闘技戦など様々な名勝負や挑戦を繰り広げた。

ジャパン勢から遅れて新日本を退団したスーパー・ストロング・マシンヒロ斎藤高野俊二がジャパン(全日本)に参戦したり、ロサンゼルスオリンピックレスリンググレコローマン90kg級代表の馳浩を獲得した[注釈 7]

TBSとのテレビ中継レギュラー放送の計画も水面下で進めており、将来的な全日本からの独立へ向けての布石も築きつつあった。ジャパンは1985年9月、芸能事務所であるソーマオフィスとレギュラー放送における企画制作に関する契約を締結[4]。計画では、1985年12月15日、19時30分から90分枠で特番を放送して(実際には翌週の12月22日にザ・スペシャルでジャパンの特番を放送)12月31日、第36回NHK紅白歌合戦の裏番組に格闘技大戦争という特番をぶつけ、1986年3月に19時30分から90分枠で特番を放送した後に同年4月からレギュラー放送開始という計画であった。TBSにおけるレギュラー放送計画は、TBS上層部の中に国際プロレス中継番組であったTWWAプロレス中継の打ち切りの際トラブルとなり、プロレスに対する嫌悪感を持った人物がいたこともあって、1か月で頓挫。同時にソーマオフィスとの契約も打ち切られた[4]

その後、全日本はジャパンに支払う費料を、それまでの10%から15%に引き上げたほか、「都内の大会場での大会開催のうち6回を、全日本・ジャパンとの合同主催にする」、「後楽園ホール大会の約半数並びに札幌中島体育センター大会年1回、愛知県体育館大会と大阪城ホール[注釈 8]大会年2回を、それぞれジャパン主催にする」などの契約を締結。ジャパンは事実上全日本所属の形になり、独立への道は絶たれた[4]

分裂編集

ジャパンの上昇ムードに水を差す形となったのが、ジャパンの経営を巡る内部対立であった。ジャパン内部は運営部、興行部、芸能部、グッズ販売部と分割されていたが、このうちの興行部門が赤字続きで、日本テレビからの肖像権料などにより補填されている状況で、また会社ビル自体も竹田会長の所有物であったことから、会社から賃料が発生していた事象などに対し、選手側の経営陣に対する不満が噴出。選手側と経営陣側に亀裂が生じつつあった。

1987年2月、長州は「'87エキサイト・シリーズ」を開幕戦から欠場。3月23日、長州はジャパンプロレスで記者会見を行い、全日本との契約を解除して独立する方針を表明。この会見は所属選手や社員の総意ではなく、長州の一方的な会見であったため、全日本の馬場は激怒した。

契約解除に関して、長州は「3月一杯で切れる全日本との契約を更新しなかった」と語っているが、馬場は「まだ契約は残っていた」と語っており、双方に認識の相違があった。ジャパンについては、全日本との契約のみならともかく、テレビ中継していた日本テレビとの肖像権などの権利問題の契約が残っていた。全日本の大株主でもあった日本テレビと全日本は、一番関係の強かった時期であり、全日本の社長を始め役員も、日本テレビ社員が出向で就任していたほか、社員にも日本テレビ出身者が多く在籍していた。裏切りや契約には厳しかったと言われる馬場にしてみれば、日本テレビに大きな迷惑がかかるとして、長州の勝手な行動に激怒したとされる。加えて長州はPWFヘビー級王者だったが、手首のガングリオン(仮病との説が有力)を理由に、シリーズ全戦の欠場を明言しており、この件についても、デビュー以来3000試合無欠場の記録を持ち、「ポスターに出ている以上は試合に出るのがトップ選手の務め」との信念を持つ馬場からすれば、許し難い行動であった。

内部でも完全独立に反対する竹田会長や谷津、永源らとも対立して、ジャパン内部の混乱を露呈。この混乱の最中である3月25日、新日本の大阪大会で猪木と対戦するマサ斎藤の代理人として、長州が調印式に登場する事態となり、さらには28日には全日本の後楽園ホール大会への出場を巡り、長州、小林らが出場を拒否し、本社ビルへ籠城する事態が発生。最終的には30日に竹田会長、大塚副会長らが長州のジャパン追放を発表し、事実上崩壊した。

追放された長州は新日本に出戻った。他の選手も全日本に残留する者、新日本に再び戻る者に分裂した。斎藤、小林、保永、マシーン、ヒロらは新日本に戻り、ユニット「ニュー維新軍」を結成して参戦[注釈 9]。その一方で寺西、永源、栗栖、谷津、仲野は全日本に残留。全日本に残った谷津は鶴田とタッグチーム「五輪コンビ」を組み、永源はタニマチとの顔の広さを馬場から買われ、営業を任される重要なポストに就くことになる。また浜口、カーンらはいずれにも加わらず、これをきっかけに引退することになった[注釈 10]

一説には、この分裂劇は2枚看板のうちの1枚が離脱してUWFとの提携も円滑に行かず、興行も苦しかった新日本の打開策として、猪木が長州に「帰ってきてくれ」と頼み込んだとする説がある。しかし、当時の新日本役員で後に社長となる坂口征二は、馬場との信頼関係を築いていたことを考えると、真実は謎であると言わざるを得ない。ただし、後年になって長州は、新日本からジャパンよりも高額な報酬を提示されたことで復帰を決意したことを、暗に認める発言をしている[5]

裏切りで始まり、裏切りで終わった形になってしまったジャパンは、マスコミを中心に非難された。その十数年後、再び長州は新日本を離脱してWJプロレスを設立したものの、ジャパンでの教訓が生かされることはなくすぐさま経営難に陥り、SPWFとして団体の運営経験のある谷津からは痛烈に批判された上に、師匠格のマサや、長州の子飼いであった佐々木健介らの離脱及び関係悪化を招き、短期間で崩壊する結果となった。

所属選手編集

スタッフ編集

役員編集

その他編集

  • 1984年12月4日、高松市民文化センターで行われた「ジャパン・プロレスリング・チャリティー興行 プロローグ 維新の夜明け」でプレ旗揚げ戦を開催。同興行では長州力はメインイベントで乱入してきた怪覆面Xと対戦して、わずか95秒で勝利している。怪覆面Xの正体は全日本プロレスが派遣した渕正信の説が有力である[6]
  • 社長の大塚直樹新日本プロレスからの選手引き抜きの際、前述の藤波辰爾ザ・コブラの他、長年親交のあったタイガー戸口にも接触していた。戸口の参戦はほぼ内定していたが戸口が全日本を離脱した経緯もありジャイアント馬場は戸口のジャパンへの参加を一切認めなかった。また自主興行のみの参戦や覆面レスラー(ビッグ・ブラック・モンスター)としての参戦も同様に認めなかった。
  • ジャパンの1つの特色として、レスリングのオリンピック代表経験者が多く参戦していた。マサ斎藤東京オリンピック)、長州力ミュンヘンオリンピック)、谷津嘉章モントリオールオリンピックモスクワオリンピック(日本は参加辞退したため競技に参加できず))が該当する。またオリンピック代表ではないがレフェリーのタイガー服部全日本レスリング選手権大会の優勝経験を持つ。このラインからロサンゼルスオリンピック代表の馳浩の獲得につながったほか、馳と同じロサンゼルスオリンピック代表でフリースタイル100kg超級7位入賞の石森宏一の獲得も目指していたと言われる[7]
  • 主力選手であった谷津はジャパン在籍時の1986年6月、全日本レスリング選手権大会へ参戦してフリースタイル130kg級で優勝を果たした。日本レスリング協会がプロにも門戸を開放したことにより実現。
  • ジャパンが団体として活動していくに当たり前述のレスリング経験者も含めた新人選手の発掘も力を入れていた。新人第1号となったのが佐々木健介である。
  • ジャパンが団体機能を失った以降も興行会社として存続して全日本との業務提携は形式的に存続していた。しかし1987年8月31日、全日本との興行契約も打ち切られて数回の全日本女子プロレスの興行を手掛けた後に興行活動からも撤退。1991年春、会社は登記抹消されている。
  • 田上明のプロフィールは「ジャパンプロレス入団」となっているが、これは当時、大相撲廃業後すぐに全日本入門を志願したことで(元横綱輪島大士の全日本入門もあり)馬場が角界の目を気にして取った暫定的な措置である。入団した1987年8月は既に団体機能が崩壊し、興行会社として存続していた状態であり、従って籍はジャパンに置いていたが実質的には全日本所属選手だったということになる。

関連書籍編集

  • 小佐野景浩『昭和プロレス維新』日本スポーツ出版社ISBN 4-930943-41-8
  • 竹内宏介『プロレス醜聞100連発!!』日本スポーツ出版社。ISBN 4-930943-10-8
  • 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 Vol.2』ベースボール・マガジン社、2014年。ISBN 9784583621876

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1983年6月、新日本プロレスの株主総会報告では、20億近い売り上げに対して、利益金が2,600万円、繰り越し利益が720万円で株主配当がないという状況であった。[1]
  2. ^ アントニオ猪木が、新日本プロレスリング株式会社がテレビ朝日に経営権を掌握されたとしても、「新日本の名称を残すために」と登記された会社であった。
  3. ^ 全日本女子プロレスの興行開催実績がある。
  4. ^ この他、レフェリーのタイガー服部や、新日本常連外国人選手のダイナマイト・キッドデイビーボーイ・スミスも離脱して、全日本プロレスに参戦している。
  5. ^ その一方で、ジャパンプロレス本体とジャパン所属選手との契約書は存在しない、変則的な契約体系であった。大塚は「いくら契約しても辞めたくなれば選手は辞めてしまうから契約しても無意味。私たちは信頼関係、心と心で結ばれている」との考えだったと言われる[2]
  6. ^ 大阪城ホール大会で60分フルタイムドローだったが、長州は試合後ロッカーでへたり込んで2時間近く動けなかった。その一方で鶴田は試合後すぐにシャワーを浴びて、そのままバスに乗り込んで飲みに行ったといわれる。
  7. ^ ただし、馳はすぐにカナダカルガリーへ海外修行に出されたため、ジャパンの活動中は自主興行および全日本に上がっておらず、ジャパン崩壊後に長州らと共に新日本に参戦し、日本デビュー戦を果たしている。
  8. ^ 大阪府立体育会館は建て替え工事中だった。
  9. ^ 全日本・日本テレビとの契約問題が解決していない状況の中での復帰のため、テレビ朝日の中継番組「ワールドプロレスリング」に登場したのは、新日本復帰から約4か月経過してからとなった。
  10. ^ なお、浜口は1990年5月にフリーとして復帰して新日本、WARなどに参戦している。

出典編集

  1. ^ 昭和プロレス維新 27Pより
  2. ^ 昭和プロレス維新 79Pより
  3. ^ ただし会長の竹田勝司と副会長の大塚が代表権を掌握しており、長州自身に代表権はなく現場監督の立場に近いものであったとされる
  4. ^ a b c 日本プロレス事件史Vol.2 68Pから69Pより
  5. ^ 「滑舌悪いキャラ」もブッ飛ぶ! 天龍源一郎と長州力が語る「男の友情秘話」 週プレNEWS
  6. ^ 昭和プロレス維新 71Pより
  7. ^ 昭和プロレス維新 106Pより