エラス・ヴェローナFC

イタリアのサッカークラブ
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヘラス・ヴェローナFC

エラス・ヴェローナ・フットボール・クラブHellas Verona Football Club S.p.A.)は、イタリアヴェローナを本拠地とするサッカークラブである。2022-23シーズンはセリエAに所属。

エラス・ヴェローナFC
原語表記 Hellas Verona Football Club S.p.A.
愛称 Mastiniマスティフ
Scaligeri(スカーラ家)
Butei(少年(ヴェネト語))
クラブカラー  
 
創設年 1903年
所属リーグ セリエA
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ヴェローナ
ホームスタジアム Bentegodiverona.jpeg
スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディ
収容人数 39,211
代表者 イタリアの旗 マウリツィオ・セッティイタリア語版
監督 イタリアの旗 サルヴァトーレ・ボッケッティ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1903年、地元の高校教諭であるコッルボーロ教諭の呼びかけでクラブ創設[1]。教諭の担当教科がギリシア語だったため、ギリシャを意味する「Hellas」がクラブ名に採用された[2]。 セリエA初昇格は1957年でクラブ創設から半世紀以上かかり、決して強豪クラブではなかったが、「ヴェローナ」と呼ぶ場合このクラブを指すことが多く地元一番のクラブであった[2]。「ミラクル・キエーヴォ」以後、キエーヴォの知名度が上がっているが、地元の人気では歴史的にエラスが圧倒している[3]。サポーターは熱狂的だが、問題を起こすことも多い[4][5][6]

1984-85シーズンに1度セリエA優勝を果たしている古豪。オズヴァルド・バニョーリ監督の指揮下、エルケーア・ラルセンブリーゲル、11得点を挙げたジュゼッペ・ガルデリシらを擁し、セリエA初優勝を果たした[7]。これはイタリア北東部のクラブで初めてのスクデット獲得である[8]

ヴェローナは14世紀ごろまでスカーラ家イタリア語版の統治下にあり、スカーラはイタリア語ではしごを意味するため、エンブレムにもはしごの絵が使用されている[9]

ACキエーヴォ・ヴェローナとのダービーマッチはスカーラ家にちなみ、デルビー・デッラ・スカーラとも呼ばれる[10]。初対戦は1994年12月10日で[8]、セリエBでは異例の3万人弱の入場客があった[11]

タイトル編集

国内タイトル編集

ユース

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン コッパ・イタリア
リーグ 順位
1946-47 セリエB 40 15 12 13 59 48 42 8位
1947-48 セリエB 34 18 10 6 50 25 46 2位
1948-49 セリエB 42 16 8 18 62 73 40 11位
1949-50 セリエB 42 17 7 18 68 68 41 9位
1950-51 セリエB 40 16 9 15 69 58 41 9位
1951-52 セリエB 38 14 10 14 46 44 38 10位
1952-53 セリエB 34 12 7 15 41 47 31 13位
1953-54 セリエB 34 12 12 10 44 37 36 7位
1954-55 セリエB 34 10 8 16 35 50 28 15位
1955-56 セリエB 34 12 8 14 45 49 32 9位
1956-57 セリエB 34 17 10 7 46 29 44 1位
1957-58 セリエA 34 10 6 18 44 62 26 18位
1958-59 セリエB 38 16 10 12 54 43 42 6位
1959-60 セリエB 38 12 13 13 49 45 37 8位
1960-61 セリエB 38 11 12 15 31 44 34 15位
1961-62 セリエB 38 14 14 10 39 27 42 4位
1962-63 セリエB 38 15 11 12 41 34 41 7位
1963-64 セリエB 38 15 14 9 44 31 44 5位
1964-65 セリエB 38 10 16 12 38 44 36 11位
1965-66 セリエB 38 11 18 9 35 32 40 6位
1966-67 セリエB 38 12 12 14 33 36 36 12位
1967-68 セリエB 40 17 14 9 41 27 48 2位
1968-69 セリエA 30 9 8 13 40 49 26 10位 GS敗退
1969-70 セリエA 30 8 10 12 26 30 26 12位 GS敗退
1970-71 セリエA 30 7 12 11 23 35 26 11位 GS敗退
1971-72 セリエA 30 4 14 12 21 36 22 13位 1回戦敗退
1972-73 セリエA 30 5 16 9 28 34 26 10位 1回戦敗退
1973-74 セリエA 30 8 9 13 28 35 25 16位 1回戦敗退
1974-75 セリエB 38 16 13 9 39 30 45 3位 1回戦敗退
1975-76 セリエA 30 8 8 14 35 46 24 11位 準優勝
1976-77 セリエA 30 7 14 9 26 32 28 9位 1回戦敗退
1977-78 セリエA 30 6 14 10 25 30 26 10位 1回戦敗退
1978-79 セリエA 30 2 11 17 14 39 15 16位 GS敗退
1979-80 セリエB 38 12 13 13 25 27 37 13位 GS敗退
1980-81 セリエB 38 6 22 10 24 28 34 14位 GS敗退
1981-82 セリエB 38 17 14 7 49 31 48 1位 GS敗退
1982-83 セリエA 30 11 13 6 37 31 35 4位 準優勝
1983-84 セリエA 30 12 8 10 43 35 32 8位 準優勝
1984-85 セリエA 30 15 13 2 42 19 43 1位 準々決勝敗退
1985-86 セリエA 30 9 10 11 31 40 28 10位 準々決勝敗退
1986-87 セリエA 30 12 12 6 36 25 36 4位 ベスト16
1987-88 セリエA 30 7 11 12 23 30 25 10位 ベスト16
1988-89 セリエA 34 5 19 10 18 27 29 11位 準々決勝敗退
1989-90 セリエA 34 6 13 15 27 44 25 16位 1回戦敗退
1990-91 セリエB 38 15 15 8 42 29 45 2位 2回戦敗退
1991-92 セリエA 34 7 7 20 24 57 21 16位 ベスト16
1992-93 セリエB 38 10 15 13 30 34 35 12位 ベスト16
1993-94 セリエB 38 11 15 12 36 42 37 10位 1回戦敗退
1994-95 セリエB 38 11 15 12 40 40 48 10位 1回戦敗退
1995-96 セリエB 38 17 12 9 50 33 63 2位 1回戦敗退
1996-97 セリエA 34 6 9 19 38 64 27 17位 ベスト16
1997-98 セリエB 38 15 8 15 51 38 53 6位 ベスト32
1998-99 セリエB 38 18 12 8 60 38 66 1位 ベスト32
1999-00 セリエA 34 10 13 11 40 45 43 9位 2回戦敗退
2000-01 セリエA 34 10 7 17 40 59 37 14位 ベスト32
2001-02 セリエA 34 11 6 17 41 53 39 15位 2回戦敗退
2002-03 セリエB 38 10 16 12 42 42 46 14位 GS敗退
2003-04 セリエB 46 13 14 19 54 65 53 19位 GS敗退
2004-05 セリエB 42 15 16 11 60 47 61 6位 GS敗退
2005-06 セリエB 42 10 19 13 42 41 49 15位 2回戦敗退
2006-07 セリエB 42 12 12 18 34 46 48 18位 2回戦敗退
2007-08 セリエC 34 7 10 17 24 41 31 17位
2008-09 セリエC 34 11 15 8 38 32 48 7位
2009-10 セリエC 34 13 16 5 38 20 55 3位 3回戦敗退
2010-11 セリエC 34 12 14 8 42 30 50 4位 2回戦敗退
2011-12 セリエB 42 23 9 10 60 41 78 4位 ベスト16
2012-13 セリエB 42 23 13 6 67 32 82 2位 ベスト16
2013-14 セリエA 38 16 6 16 62 68 54 10位 4回戦敗退
2014-15 セリエA 38 11 13 14 49 65 46 13位 ベスト16
2015-16 セリエA 38 5 13 20 34 63 28 20位 ベスト16
2016-17 セリエB 42 20 14 8 64 40 74 2位 4回戦敗退
2017-18 セリエA 38 7 4 27 30 78 25 19位 ベスト16
2018-19 セリエB 36 13 13 10 49 46 52 5位 3回戦敗退
2019-20 セリエA 38 12 13 13 47 51 49 9位 3回戦敗退
2020-21 セリエA 38 11 12 15 46 48 45 10位 4回戦敗退
2021-22 セリエA 38 14 11 13 65 59 53 9位 2回戦敗退
2022-23 セリエA 38

欧州の成績編集

現所属メンバー編集

2022年9月2日現在[12]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   ロレンツォ・モンティポ
3 DF   ジョシュ・ドイグ
4 MF   ミゲル・ヴェローゾ  
5 DF   ダヴィデ・ファラオーニ
6 DF   イサク・ヒエン
7 FW   シモーネ・ヴェルディ
8 MF   ダルコ・ラゾヴィッチ
9 FW   トマ・アンリ
10 MF   アイディン・フルスティッチ
11 FW   ケヴィン・ラザーニャ
14 MF   イヴァン・イリッチ
16 GK   マッティア・キエーザ
17 DF   フェデリコ・チェッケリーニ
18 MF   マルタン・オングラ
19 FW   ミラン・ジュリッチ
No. Pos. 選手名
20 FW   ロベルト・ピッコリ
21 DF   コライ・ギュンター ( )
22 GK   アレッサンドロ・ベラルディ
23 DF   ジャンジャコモ・マニャーニ
24 MF   フィリッポ・テラッチャーノ
27 DF   パヴェウ・ダヴィドヴィチ
28 MF   マテウシュ・プラスゼリク
29 DF   ファビオ・デパーオリ
30 FW   ヤヤ・カロン
32 DF   フアン・カバル
34 GK   シモーネ・ペリッリ
42 DF   ディエゴ・コッポラ
61 MF   アドリアン・タメズ ( )
72 MF   アレッサンドロ・コルティノヴィス
77 MF   イブラヒム・スレマナ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

レンタル移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
7 FW   シモーネ・ヴェルディ (トリノFC)
20 FW   ロベルト・ピッコリ (アタランタBC)
29 DF   ファビオ・デパーオリ (UCサンプドリア)
No. Pos. 選手名
30 FW   ヤヤ・カロン (ジェノアCFC)
72 MF   アレッサンドロ・コルティノヴィス (アタランタBC)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK   ニコラ・ボルゲット (モンテロージ)
-- GK   イヴォル・パンドゥル (フォルトゥナ・シッタート)
-- DF   ユルドゥルム・メルト・チェティン (USレッチェ)
-- DF   ブルーノ・アミオネ (UCサンプドリア)
-- DF   パナギオティス・レトソス (オリンピアコスFC)( )
-- MF   ヌンチオ・ブランディ (ASルッケーゼ・リベルタス1905)
-- MF   ケヴィン・リュエッグ (BSCヤングボーイズ)
No. Pos. 選手名
-- MF   マッテオ・カンチェッリエーリ (SSラツィオ)
-- MF   アントニン・バラーク (ACFフィオレンティーナ)
-- FW   ロレンツォ・ベルティーニ (マントヴァFC)
-- FW   アダマ・サネ (USラティーナ・カルチョ)
-- FW   ジャンルカ・カプラーリ (ACモンツァ)
-- FW   ジョバンニ・シメオネ (SSCナポリ)( )
-- FW   マリウシュ・ステピンスキ (アリス・リマソールFC)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

関連書籍編集

『狂熱のシーズン -ヴェローナFCを追いかけて-』(白水社ISBN 4-560-04964-5 ティム・パークス北代美和子

脚注編集

  1. ^ 小川 2008 89-90頁
  2. ^ a b 小川 2008 90頁
  3. ^ ヴェローナの二面性”. 超WORLDサッカー. 2022年4月4日閲覧。
  4. ^ 昇格組・ベローナがまさかのEL圏内? 36歳のエースと熱血監督の快進撃。”. Number (2014年2月5日). 2022年4月4日閲覧。
  5. ^ バロテッリに人種差別のサポーターグループが声明発表 「何がおかしい」と開き直る”. FOOTBALL ZONE (2019年11月5日). 2022年4月4日閲覧。
  6. ^ ウクライナをネタにしたヴェローナ・ウルトラスの愚かなバナーに非難殺到。ナポリの指揮官と選手も怒り「二度と入れるな」「脳みそをどうぞ」”. サッカーダイジェスト (2022年3月14日). 2022年4月4日閲覧。
  7. ^ レスターは続くことができるか…歴史上“ミラクル”を起こした欧州の伏兵クラブ”. サッカーキング (2016年2月22日). 2022年4月4日閲覧。
  8. ^ a b 小川 2008 88頁
  9. ^ 小川 2008 93頁
  10. ^ 小川 2008 94頁
  11. ^ 小川 2008 98頁
  12. ^ Stagione 2022/23 - I numeri di maglia dei gialloblù”. HELLAS VERONA FC (2022年9月2日). 2022年9月4日閲覧。

参考文献編集

  • 小川 光生著 『サッカーとイタリア人』光文社、2008年。ISBN 978-4334034856 

外部リンク編集