メインメニューを開く

ジーン・ケリーGene Kelly,1912年8月23日 - 1996年2月2日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれの俳優ダンサー振付師歌手

Gene Kelly
ジーン・ケリー
ジーン・ケリー
1986年撮影
本名 Eugene Curran Kelly
生年月日 (1912-08-23) 1912年8月23日
没年月日 (1996-02-02) 1996年2月2日(83歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
職業 俳優歌手振り付け師
活動期間  1938–1994
活動内容  映画、テレビショー、ラジオ
配偶者 ベッツィ・ブレア (1941-1957)
ジーン・コイン (1960-1973)
パトリシア・ワード (1990-1996)
主な作品
映画
雨に唄えば
踊る大紐育
巴里のアメリカ人

目次

プロフィール編集

生い立ち編集

アイルランド系の両親の元、ピッツバーグに生まれ、兄と一緒に8歳からダンス教室に通うものの、近所の子供に女々しいとからかわれて一時期辞めてしまうが、15歳の時に再開。ペンシルベニア州立大学でジャーナリズムを学ぶつもりだったが経済的な理由で中断。1931年ピッツバーグ大学経済学部に入りなおし、1933年に卒業。大学在学中もダンスコンテストなどに出場していた。また、1930年に家族がダンススタジオをはじめていたので、そこで教えてもいた。

デビュー編集

1938年からブロードウェイでダンサーをしていたが、1941年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー入りをし、1942年映画デビュー。デビュー作は『フォーミー・アンド・マイ・ギャル』でジュディ・ガーランドと共演した。

MGM編集

 
「聖書への反逆」(1960年)

この後、たくさんのMGMの作品に主演し、ハリウッドの黄金時代を築いた。更に、監督・脚本・振り付けもこなすマルチな才能も見せ、まさにMGMの万能選手であった。代表作品には『雨に唄えば』、『踊る大紐育』、『巴里のアメリカ人』などがある。また、『錨を上げて』でMGMのカートゥーントムとジェリー」のジェリーと競演するシーンがある。

名ダンサーフレッド・アステアと共にMGMの二枚看板として活躍したが、実は2人の共演は少なく、1946年の『ジーグフェルド・フォリーズ』と、1976年の『ザッツ・エンタテインメント PART2』の2作にとどまる。とはいえ1作目の『ザッツ・エンタテインメント』では互いの名シーンを紹介しあうなど、終生お互いへの尊敬は欠かさなかった。

ケリーのダンスはアステアの華麗で洗練されたダンスとはまた違い、躍動感に溢れ、アクロバティックな中にも緻密な計算があった。また、スタントマンを使わない事で知られ、映画が出来上がってからその事実を会社が知るといった事もあった。

エピソード編集

曰く「フレッド・アステアがダンス界のケーリー・グラントだとしたら、私はマーロン・ブランドだ」。

私生活では3度の結婚歴がある。最初の妻との間に1人の子どもがおり、2番目の妻との間に2人の子どもがいる。

一人目はアメリカの女優ベッツィ・ブレア1941年に当時17歳だったブレアと結婚し、翌年1942年10月16日に長女ケリーを儲けるが、1957年に離婚(ベッツィ・ブレアは後に、1960年イギリス映画監督カレル・ライスと再婚)。

二人目はアメリカのダンサー、振付師で女優のジーン・コイン1960年に、アメリカの映画監督スタンリー・ドーネンの元妻であったコインと再婚し、1962年には長男のティモシー、1964年には次女のブリジェットを儲けるが、1973年に死別。

三人目は作家のパトリシア・ワード。1990年に再々婚し、6年後に死去するまで連れ合った。

出演映画作品編集

  • "For Me And My Gal" (1942)
  • デュバリイは貴婦人 "Du Barry Was a Lady" (1943)
  • ローレンの反撃 "The Cross Of Lorraine" (1943)
  • クリスマスの休暇 "Christmas Holiday" (1944)
  • カバーガール Cover Girl (1944)
  • 錨を上げて Anchors Aweigh (1945)
  • ジーグフェルド・フォリーズ Ziegfeld Follies (1946)
  • 踊る海賊 The Pirate (1948)
  • 三銃士 The Three Musketeers (1948)
  • ワーズ&ミュージック "Words And Music" (1948)
  • 踊る大紐育 On the Town (1949)
  • 私を野球につれてって Take Me Out to the Ball Game (1949)
  • サマー・ストック "Summer Stock" (1950)
  • 巴里のアメリカ人 An American in Paris (1951)
  • 雨に唄えば Singin' in the Rain (1952)
  • 赤い唇 "The Devil Makes Three" (1952)
  • ブリガドーン Brigadoon (1954)
  • 我が心に君深く Deep in My Heart (1954)
  • 舞踏への招待 Invitation To The Dance (1954)
  • いつも上天気 "It's Always Fair Weather" (1955)
  • ハッピー・ロード "The Happy Load" (1957)
  • 魅惑の巴里 "Les Girls" (1957)
  • 初恋 "Marjorie Morningstar" (1958)
  • 愛のトンネル "The Tunnel Of Love" (1958)
  • 聖書への反逆 Inherit the Wind (1960)
  • 何という行き方!What a Way to Go! (1964)
  • ロシュフォールの恋人たち Les Demoiselles de Rochefort (1966)
  • ハロー・ドーリー! Hello, Dolly! (1969) 監督のみ
  • エーゲ海の旅情 "Forty Carats 40 Carats" (1973)
  • ザッツ・エンタテインメント That's Entertainment! (1974)
  • ザッツ・エンタテインメント PART2 That's Entertainment, Part II (1976)
  • ビバ・ニーベル "Viva Knievel! Seconds To Love" (1977)
  • ザナドゥ Xanadu (1980)
  • ザッツ・ダンシング! "That's Dancing" (1984)
  • 南北戦争物語 愛と自由への大地(TVドラマ) "North And South" (1985)
  • 愛と復讐のヒロイン(TV映画) "Sins" (1986)
  • ザッツ・エンタテインメントPART3 "That's Entertainment! III" (1994)

受賞歴編集

年度 部門
1952年 アカデミー賞 名誉賞
1956年 ベルリン国際映画祭 金熊賞 (舞踏への招待)
1964年 ロカルノ国際映画祭 銀帆賞・最優秀男優賞(何という行き方!)
1967年 エミー賞 子供向け番組賞(Jack and the Beanstalk)
1981年 ゴールデングローブ賞 セシル・B・デミル賞
1985年 AFI 生涯功労賞
1988年 全米映画俳優組合賞 生涯功労賞

関連項目編集

外部リンク編集