メインメニューを開く

スペシャルフラッグ: Special Flag)は、おもにナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)のゲームに登場するキャラクター。三角形の黄色いの左に、アルファベットの「S」が赤色で表示される外見が特徴。

ゼビウス』(1983年)にて、「ソル」と共に隠れキャラクターの嚆矢として登場以降、同社の代表的な隠れキャラとなっている。

概要編集

1980年、『ラリーX』のキャラクターとして登場。この時は「スペシャルチェックポイント」という名称で、以降のターゲットの得点が2倍になるという効果があった。翌1981年、リニューアルされた『ニューラリーX』にも引き続いて登場。この時、「ラッキーチェックポイント」という異なるキャラクターも登場しており、その時点での残燃料がスコアに加算されるという効果があった。

1983年、『ゼビウス』に隠れキャラ「スペシャルフラッグ」として登場。残機(ソルバルウ)が1機増える(ディップスイッチの設定で残機追加の代わりに10000点ボーナスに変更可)という効果があった。この作品は「隠れキャラクター」という概念を発明したタイトルであり、スペシャルフラッグも隠れキャラの始祖的存在となった。その後、同年稼働開始の『リブルラブル』にも登場。同じく残機が増えるという効果を持ち、以降も多数のゲームに同様の効果を持つアイテムとして登場することとなった。

さらにはメーカーやメディアを超え、同社の公式サイトのファビコンに使用されたり、またその名を冠したコンサルティング事業(後述)を始めるなど、現在においても同社のシンボル的存在となっている。

『ゼビウス』開発者の遠藤雅伸いわく、スペシャルフラッグを1UPする隠れキャラとして登場させたのには、以下の理由を挙げている[1]

  • ピンボールによく見られるエクストラの仕様を入れたかった
  • そのまま登場させるとプレイ時間の延長・売上の低下につながるので、隠した
  • 違和感のあるキャラクターであれば、バグと言い張り(「隠れキャラ」という当時斬新な概念が社内において否定されたとしても)押し通せると読んだ
  • 『ニューラリーX』でラッキーチェックポイントが出て、スペシャルチェックポイントが軽視されるようになったので、スペシャルチェックポイントを選んだ

登場作品編集

ここではゲーム内の登場のみ挙げる。

タイトル 稼働年 効果 備考
ラリーX 01980年 以降のチェックポイント通過の得点が2倍になる 最初の登場、当時の名称は「スペシャルチェックポイント」
ニューラリーX 01981年 以降のチェックポイント通過の得点が2倍になる 当時の名称は「スペシャルチェックポイント」
ゼビウス 01983年 残機が1機増える、若しくは10000点のボーナス 隠れキャラとして初の登場
リブルラブル 01983年 残機が1機増える
ギャプラス 01984年 残機が1機増える
パックランド 01984年 残機が1機増える スペシャルパックマンとして登場(黄旗ではなくパックマンの図柄)
スカイキッド 01985年 残機が1機増える
トイポップ 01986年 残機が1機増える
ディグダグIIファミコン版) 01986年 残機が1機増える アーケード版には出現しない
スーパーゼビウス ガンプの謎 01986年 残機が1機増える
源平討魔伝 01986年 徳(得点)が増える フラッグ部分も赤い
クエスター 01987年 残機が1機増える Wiiバーチャルコンソールアーケード版のタイトルは『ナムコクエスター』
カイの冒険 01988年 残機が1機増える 白一色、四角の枠付
ゼビウス ファードラウト伝説 01988年 残機が1機増える MSX版「SCRAMBLE」モード、PCエンジン版「FARDRAUT」モードともに出現
ドラゴンバスターII 闇の封印 01989年 残機が1機増える
マーベルランド 01990年 残機が1機増える
ソルバルウ 01991年 シールドが1増える
コズモギャング・ザ・ビデオ 01992年 残機が1機増える
エクスバニア 01992年 残機が1機増える
ティンクルピット 01994年 残機が1機増える 本作独自のアイテムとして、似た外見の「ボーナス・フラッグ」なるアイテムも登場(効果はボーナス得点加算)
ゼビウス・アレンジメント 01995年 残機が1機増える ナムコクラシックコレクション Vol.1』収録
ディグダグ・アレンジメント 01996年 残機が1機増える ナムコクラシックコレクション Vol.2』収録
ラリーX・アレンジメント 01996年 以降のチェックポイント通過の得点が2倍になる ナムコクラシックコレクション Vol.2』収録、旗は緑色
ゼビウス3D/G 01996年 残機が1機増える ランクにより出現の可否が決まる
ワールドスタジアム3 01999年 爆弾が投げられるようになる ボールでアンドアジェネシスを破壊するミニゲーム中に登場(ロード中のみプレイ可能)
湾岸ミッドナイト
湾岸ミッドナイトR
02001年 SP(スピリットポイント。ヒットポイント(HP)に相当)が回復する C1の橋脚、湾岸線横羽線の料金所に出現[脚注 1]
テイルズ オブ ジ アビス 02005年 パーティーの先頭キャラクターが変更できる 「Sフラッグ」の名称で登場
コブラ・ザ・アーケード 02005年 獲得すると、期間限定で公式サイトにてゲーム中で使用できる専用アクセサリーが貰えた(専用カード使用時限定) 現在はサービス終了してるため、特に効果がないアイテムになってしまっている。
パックンロール 02005年 残機が1機増える
スターフォックス アサルト 02005年 すべて集めると何かが起こる 任天堂作品[脚注 2]
エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー 02006年 ポイントが得られる 2P対戦モードの孤島ステージに出現
テイルズ オブ ヴェスペリア 02008年 パーティーの先頭キャラクターが変更できる 2009年発売のPlayStation 3版には、さらに上位機能を持つ「スペシャルフラッグR」が登場
太鼓の達人 02008年 - 隠し曲が出現する[脚注 3] 『太鼓の達人12』にて初登場[2]
ゼビウスリザレクション 02009年 残機が1機増える PlayStation 3版『ナムコミュージアム.comm』収録
大乱闘スマッシュブラザーズ
for Nintendo 3DS / Wii U
02014年 装備して一定時間頭上に掲げると、以下の効果が得られる
タイム制 - 撃墜数カウントが1増える
ストック制 - ストックが1増える
任天堂作品
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 02018年 装備して一定時間頭上に掲げると、以下の効果が得られる
タイム制 - 撃墜数カウントが1増える
ストック制・体力制 - ストックが1増える
任天堂作品

なお、『ゼビウス』に続く遠藤作品の『グロブダー』では、ハイスコアを更新した際に、スペシャルフラッグ取得時に似た効果音(『ニューラリーX』での取得効果音)が鳴る。

また2015年以降、同社の「カタログIPオープン化プロジェクト」[3]により、許諾を受けたタイトルにスペシャルフラッグが登場している。

さらにパチスロにおいても、2005年の山佐祭の達人 ウィンちゃんの夏祭り』にて、ルーレットの出目のひとつとして登場。

メディア展開編集

同社のキャラクターとして、グッズなど他メディアへの展開もされている。

  • ナムコプライズゲーム向け景品「超殿堂シリーズ」にて、『ラリーX』のキーホルダーや、女性向けTシャツのフロントプリントに使用。
  • 1997年11月28日発売のWindows用ゲームソフト『ナムコヒストリーVOL.2』では、ノベルティとして純銀製のピンズが作成された[4]
  • 2003年ユージンのキーホルダー「思い出のクラシックGAMEタグ〜ナムコ編〜」にて、『ラリーX』のキーホルダーに付属。
  • 2005年エポック社のキーホルダー「ナムコクラシック ドットキャラキーチェーン」にて、スペシャルフラッグ単体のラバーキーホルダーが登場。
  • 2009年ユニクロのTシャツ「UT×Japan>Game」にて、『ラリーX』のフロントプリントに使用。
  • 2015年9月1日ダイドードリンコの缶コーヒーにおけるキャンペーン「DyDo オリジナル ナムコプレミアムタイトル プレートチェーンコレクション」にて、『ゼビウス』のプレートチェーンに登場[5]

ゲームメソッドコンサルティング編集

2011年電通と共同でゲームのノウハウを他分野に活用する「ゲームメソッドコンサルティングサービス」の展開を発表。そのサービス名に「SPECIAL FLAG」の名前と、キャラクター画像が使われた。その理由を、スペシャルフラッグが「クリエイターの遊び心から生まれたアイコンが、ゲームに少しだけ付加価値を生み出す」ものとし、それを日常生活に応用するものとしている[6]

2016年時点で、NTT東日本光iフレーム2」やクラシエフーズねるねるねるね」などの導入実績がある。

脚注・出典編集

脚注編集

  1. ^ 自社オリジナルではない版権作品ではこれが初登場。ただし、PlayStation 2版では開発元の元気が発売しているため、同社のロゴに変更。
  2. ^ バンダイナムコエンターテインメント以外のメーカーでは初登場。
  3. ^ 隠し曲が出現したときに表示されるアイコンであり、アイテムとして取得などはできない。

出典編集

外部リンク編集