メインメニューを開く
イチゴ味のソフトクリーム

ソフトクリームは、牛乳などを主原料として作られた柔らかい食感の食べ物。コーンカップ(アイスクリーム・コーン)の上に入れて食べることが多い。英語では"soft serve ice cream"と言い、ソフトクリームは和製英語

歴史編集

ソフトクリームのルーツは4,000年前の中国といわれており、長時間煮た牛乳を雪で冷やして柔らかく固めて糊状にした氷菓で、食感はシャーベットに近いものであった[1]

1931年、アメリカ合衆国でアイスマシンとフリーザーを1つの箱に収めたオートマティック・ソフトサーブマシンが開発され今のような形のソフトクリームが誕生した[1]

日本では第二次世界大戦後の1951年昭和26年)7月3日明治神宮外苑で進駐していたアメリカ軍アメリカ独立記念日を祝ってソフトクリームの模擬店を立ち上げたことによって広まった[1]。この年の9月には百貨店で本格的に販売され、人気を呼んだ[2]日本ソフトクリーム協議会1990年に、この日を記念して7月3日を「ソフトクリームの日」と制定した。

製法編集

 
ソフトクリームメーカー。Electro Freeze 30T-RMT

基本的な原材料はアイスクリームとほぼ同一であるが、ソフトクリームの場合は調合した液体原料を、ソフトクリームフリーザーと呼ばれる専用の機械に直接投入し、機械の中で高速攪拌しながら冷凍させて原料の中に空気を注入させていき、一定の軟らかさが得られたところで原料を機械から取り出す。一般的には回転している機械の中からレバー操作で搾り出すものが多い。

フレーバー編集

牛乳が主原料であるため、酪農牧場の売店では必ずと言っていいほど販売されている。観光地では、基本的なフレーバーに加え、その地の特産品を用いたソフトクリームを販売することも多い。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集