メインメニューを開く

タイセイアトム日本中央競馬会に登録されていた元競走馬である。馬名は冠名の「タイセイ」とキャラクター名の「アトム」が由来となっている。

タイセイアトム
Taisei atom.jpg
2008年10月25日 京都競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年3月23日(16歳)
死没 (存命)
サクラバクシンオー
アトムチェリー
母の父 ヘクタープロテクター
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 嶋田牧場
馬主 田中成奉
調教師 矢作芳人栗東
競走成績
生涯成績 34戦6勝
獲得賞金 1億5340万8000円
テンプレートを表示

経歴編集

2005年9月10日のデビュー戦で勝利を挙げ、次の2歳500万も連勝したが、3戦目のすずらん賞では4着に敗れた。

しばらく休養したのち、2006年3月11日ファルコンステークスに出走するが14頭立ての13着に惨敗。その後も専ら芝の短距離路線を使われていたが、同年11月からダート短距離路線にシフトチェンジしている。

2007年5月に3勝目を挙げる。同年11月福島のフルーツラインカップで勝利を挙げ、続く京都の貴船ステークスも勝利し、オープン入り。

2008年1月、約2年ぶりの重賞挑戦となるガーネットステークスでは逃げ切り勝ちで重賞初制覇を果たした。続く根岸ステークスでは直線でワイルドワンダーにかわされるも粘り、2着。 しかし、その後は勝ちきれないレースが続き、2009年6月21日付で競走馬登録を抹消、三重ホーストレーニングセンターにて乗馬となる。

現在は山形県酒田市で繋養されている。

血統表編集

タイセイアトム血統テスコボーイ系 / アウトクロス (血統表の出典)

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
サクラハゴロモ
1984 鹿毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー Ambiopoise
One Clear Call

アトムチェリー
1997 青毛
*ヘクタープロテクター
Hector Protector
1988 栗毛
Woodman Mr.Prospector
*プレイメイト
Korveya Riverman
Konafa
母の母
アトムプリンセス
1980 黒鹿毛
*ダイアトム Sicambre
Dictaway
アイアンロング *アイアンリージ
メリーライト F.No.1-l

母アトムチェリーの半姉に函館3歳ステークス優勝馬アトムピットがいる。

外部リンク編集