メインメニューを開く

ケン・ティレル(Robert Kenneth Tyrrell、1924年5月3日 - 2001年8月25日)は、イングランド出身の元レーシングドライバーで、F1コンストラクター「ティレル・レーシング」のオーナー。

ケン・ティレル
Ken Tyrrell
Kenn Tyrrell.jpg
1971年
生誕 Robert Kenneth Tyrrell
(1924-05-03) 1924年5月3日
イングランドの旗 イングランド
サリー州イースト・ホースレイ
死没 (2001-08-25) 2001年8月25日(77歳没)
国籍 イギリスの旗 イギリス
別名 アンクル・ケン
職業 実業家、F1チームオーナー
活動期間 1951年 - 1998年
著名な実績 F1コンストラクターズ・チャンピオン(1969年1971年
F1界初の6輪車投入で優勝
F1界初のハイノーズ型を導入

野心的な技術を積極的に取り入れながらチームを名門に育て上げ、1998年に引退するまでF1に情熱を注ぎ続けた。ニックネームは「アンクル・ケン(ケンおじさん)」。

プロフィール編集

ドライバーからオーナーへ編集

イギリスで生まれ、第二次世界大戦中はイギリス空軍に所属。戦後、兄と共に材木商をする傍ら1951年にレーシングドライバーとしてデビュー。その後、レーシングドライバーとしての将来に見切りをつけ、1959年ジュニアフォーミュラチーム「ティレル・レーシング」(Tyrell Racing Organization Ltd.)を設立。

F1へ編集

1968年、フランスの「マトラ」と提携し、フォードエンジンを使用するセミワークスチームの運営者としてF1の世界に足を踏み入れる。マトラとコスワースDFV、ジャッキー・スチュワートの組み合わせで1969年シーズンを席巻し、チーム監督として初タイトルを獲得した。

1970年にマトラがフォードとの関係を絶つと、ティレルは独立コンストラクターとしての参戦を決意した。第13戦カナダGPでオリジナルマシンの001を登場させると、優勝争いに加わる戦闘力をみせて周囲を驚かせた。オリジナルシャーシによるフル参戦初年度の1971年には、スポーツカーノーズを採用した003でいきなりドライバーとコンストラクターのダブルタイトルを獲得し、1973年にも006でスチュワートが3度目のチャンピオンとなった。

功績編集

 
6輪車P34を見つめるティレル(1976年)

ティレル・チームは近年において主流となっている、新しい技術を先駆けて導入してきたことでも知られる。1971年には、003が用いた「インダクションポッド」を導入。1990年019において、フロントのハイノーズとつり下げ式ウイングの元となる「アンヘドラル・ウイング」を業界で初めて取り入れた[1]1997年には、通称「Xウイング」(子持ちウイング)と呼ばれた変則的エアロパーツを考案している。

特筆すべきは1976年に、F1界では最初で最後になるであろう6輪のマシン「P34」を実戦に投入し、2年間の内で優勝も果たすなど好成績を示した。日本ではその斬新なデザインが折からのスーパーカーブームも相まってラジコンミニカーなどで人気を呼んだ。これは玩具スケールモデルが莫大な版権料をチームにもたらす場合があることを初めて示す例となった[2]

また、新しい才能を発掘することにも実績があり、ジャッキー・スチュワート、ジョディ・シェクターミケーレ・アルボレートジャン・アレジなど、ティレルに見出されトップクラスのドライバーへと成長したレーシングドライバーは数多い。

日本とのつながり編集

 
片山右京が駆るヤマハ・エンジン搭載 026(1995年)

1980年代末からバブル景気を背景にF1界にジャパンマネーが流れ込んだ。ティレルも日本のドライバー(中嶋悟片山右京高木虎之介)、エンジン(ホンダヤマハ)、スポンサーを積極的に導入し、体制の向上を目指した。

1997年には中嶋企画と提携し、中嶋がスポーティングディレクターとして運営に参加。ティレルは中嶋を後継者にすることを考慮していたと言われている。

チーム売却〜引退編集

1998年シーズン前にチームをブリティッシュ・アメリカン・タバコ社に売却したが、新代表のクレイグ・ポロックとドライバー人事を巡って対立してチームを離脱。同年の最終戦、ティレルとしてのラストレースにも姿を見せなかった(翌年チームはB・A・Rへ移行)。なお1991年末にはイル・バローネ・ランパンテとのチーム売却話もあったが、金額的に合わず破談となっている。

チーム消滅と共に業界から引退。翌1999年すい臓癌を発病し闘病生活を送っていたが、2001年8月25日に死去した[3]

人物編集

 
ピットにて(中央)

媒体に登場するときはいつも厳しい表情で知られたが、1990年には、当時のスポンサーである日本信販(現:三菱UFJニコス)のテレビCM柴田恭兵と共演したことから、ティレル本人の日本における知名度も高かった[4]

1990年の開幕戦アメリカGPの中継では、当時まだF1では表彰台未経験だったアレジがティレル・018を駆りスタートからトップを走行。レース半ばにアイルトン・セナマクラーレン・MP4/5Bとバトルを繰り広げるなど大活躍すると、ピットで珍しく笑顔を見せるケンの姿が画面に映し出された。

サッカーファンとしても知られ、トッテナム・ホットスパーFCの熱狂的ファンであった[5]

脚注編集

  1. ^ 1990年F1日本GPを盛り上げた日本選手2人の愛機、ティレル019 / ラルース・ローラLC90”. Autoblog (2018年10月3日). 2018年12月21日閲覧。
  2. ^ 唯一、存命のジョディ・シェクターが語る“6輪”ティレルP34。「ターンインするとホイールがバタバタと」”. オートスポーツweb (2018年12月10日). 2018年12月21日閲覧。
  3. ^ ケン・ティレル逝く”. webCG (2001年8月28日). 2018年12月21日閲覧。
  4. ^ 「コンストラクターなんてやりたくなかった」。“6輪”F1マシンを世に送り出したケン・ティレルの意外な告白”. オートスポーツweb (2018年12月18日). 2018年12月21日閲覧。
  5. ^ 山海堂GPX」1987年ベルギーGP号 28頁

関連項目編集