トールマン・TG181は、ロリー・バーンが設計したF1マシン。1981年および1982年に使用された。1981年はブライアン・ヘントンデレック・ワーウィックがドライブし、翌82年はワーウィックとテオ・ファビがドライブした。

トールマン・TG181 / TG181B / TG181C
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 トールマン
デザイナー 南アフリカ共和国の旗 ロリー・バーン
後継 トールマン・TG183
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング ダンパー
エンジン ハート 415T L4T, 1.5リッター, 540-580馬力, 直列4気筒, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGA 400, 5速, MT
重量 590kg
燃料 アジップ
タイヤ ミシュラン, ピレリ
主要成績
チーム トールマングループ・モータースポーツ
キャンディ・トールマン・モータースポーツ
ドライバー イギリスの旗 ブライアン・ヘントン
イギリスの旗 デレック・ワーウィック
イタリアの旗 テオ・ファビ
初戦 サンマリノの旗 1981年サンマリノグランプリ
出走優勝ポールFラップ
27000
テンプレートを表示

TG181はバーンのF1処女作であったが、搭載エンジンはF2で使用していたエンジンの改良型と言えるハート 415T、直列4気筒ターボエンジンを搭載した。1981年の第4戦サンマリノから参戦したものの、予選落ちの連続で予選通過はヘントン、ワーウィック共に1回、結果はヘントンが10位、ワーウィックはリタイアという物であった。

82年は改良型のTG181B、TG181Cが投入され、前年よりも予選通過率は向上したが、ポイントを獲得することはできなかった。

車体はノーズ上にフロントウィングを載せた形状で、チームはこのマシンを「巡洋艦ヘネラル・ベルグラノ」と呼んだという。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1981年 トールマン
TG181
ハート
415T L4T
M

P

USW
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
ESP
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
CPL
 
0 NC
35   ブライアン・ヘントン DNQ DNQ DNPQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 10 DNQ DNQ
36   デレック・ワーウィック DNQ DNQ DNPQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ Ret
1982年 トールマン
TG181B/C
ハート
415T L4T
P RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
0 NC
35   デレック・ワーウィック Ret DNQ DNPQ Ret Ret DNQ Ret Ret 15 10 Ret Ret
36   テオ・ファビ DNQ DNQ DNQ 10 Ret DNPQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret DNQ

参照編集