メインメニューを開く

バレーボールブルガリア男子代表(バレーボールブルガリア だんしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成されるブルガリアの男子バレーボールナショナルチームである。

Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールブルガリア男子代表
国または地域  ブルガリア
大陸連盟 欧州バレーボール連盟
協会 ブルガリアバレーボール連盟
監督 ブルガリアの旗 プラメン・コンスタンティノフ
国名コード BUL (Bulgaria)
FIVBランキング 14位(2017年7月版)[1]
オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 2位銀メダル(1980)
世界選手権
出場回数 17回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1970)
ワールドカップ
出場回数 4回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 3位3位(2007)
欧州選手権
出場回数 24回
最高成績 2位準優勝(1951)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

1949年国際バレーボール連盟へ加盟[2]。第1回大会である1949年世界選手権に出場し、1950年代にかけて世界選手権と欧州選手権で4度表彰台に立った東欧の古豪ブルガリアは、1970年代から1980年代にかけて強豪国として活躍。1970年世界選手権1980年モスクワオリンピックで、それぞれ銀メダルを獲得した[3][4]。また1972年ミュンヘンオリンピック準決勝で、決勝進出をかけて日本と戦った死闘はバレーボール史に残る名勝負となった[5][6]

1986年世界選手権の銅メダル獲得を最後にしばらく表彰台から遠ざかったものの、2000年代半ばになり、2006年世界選手権で20年ぶりの銅メダルを獲得し[3]、30年ぶりに出場した2007年ワールドカップでも銅メダルを獲得[3]FIVBランキングを4位まで上げ、2008年北京オリンピック出場を果たしたが、準々決勝でロシアに敗れ[7]、モスクワ以来となるオリンピックメダル獲得はならなかった。2012年ロンドンオリンピックは3位決定戦でイタリアに敗退した[8]

過去の成績編集

オリンピックの成績編集

世界選手権の成績編集

ワールドカップの成績編集

欧州選手権の成績編集

ワールドリーグの成績編集

歴代代表監督編集

歴代代表選手編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ Confédération Européenne de Volleyball (CEV)”. FIVB. 2014年11月30日閲覧。
  3. ^ a b c История”. BFV. 2014年12月1日閲覧。
  4. ^ Olympic Countdown 1980: Soviets reign supreme back in the USSR”. FIVB. 2014年12月1日閲覧。
  5. ^ ヒーローたちの名勝負 ミュンヘンの奇跡 男子バレー・金メダル”. NHK G-Media. 2014年11月30日閲覧。
  6. ^ Olympic Countdown: Munich sweet and sour for Japan”. FIVB. 2014年12月1日閲覧。
  7. ^ Russia seize semi-final berth”. FIVB (2008年8月20日). 2014年11月30日閲覧。
  8. ^ Italy claim classification match with Bulgaria to seize their fifth Olympic medal”. FIVB (2012年8月12日). 2014年11月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集