バンド維新

バンド維新(バンドいしん)は、静岡県浜松市で開催される吹奏楽の市民参加型イベント。主催は財団法人浜松市文化振興財団。2008年より[1]、“吹奏楽の聖地”とも言われる[2][3]浜松市から世界へ発信する芸術文化事業である[1]

作曲家が楽曲を提供し、作曲者自ら浜松市内の学校の吹奏楽部の演奏指導を行い、成果として演奏を披露する[4]。演奏会は例年2日間にわたって開催される[5]。第2回2009年からは、若手作曲家の育成を目的に公募作品の募集も行われている。アクトシティ浜松を主な会場とするほか、浜松市外では2011年3月には三重県文化会館で、2012年6月には札幌コンサートホールKitaraで出張公演が開催されている。

目次

参加した作曲家と作品編集

 第1回(2008年)編集

 第2回(2009年)編集

 第3回(2010年)編集

  • 北爪道夫 - Fanfare Rhythmic
  • 冨田勲 - 交響詩 ジャングル大帝 〜白いライオンの物語〜
  • 佐藤允彦 - SIMOOM
  • 寺嶋陸也 - ピカソくんのファンファーレとマーチ
  • 後藤洋 - ソングズ ウインド・アンサンブルのための
  • 原田敬子 - ウィンド・アンサンブルのためのタブロー I.P.H.へのオマージュ II.水のガムラン
  • 山下康介 - エピソード ファイブ 〜ウインドアンサンブルのための〜
  • 蓬田梓 (一般公募)- “In Shangri-la” for wind ensemble

 第4回(2011年)編集

 第5回(2012年)編集

浜松市制100周年記念事業として開催[6]

 第6回(2013年)編集

 第7回(2014年)編集

 第8回(2015年)編集

 第9回(2016年)編集

出典編集

  1. ^ a b バンド維新 事業概要、2016年9月25日閲覧。
  2. ^ “吹奏楽の聖地・浜松”全国コンクールで金賞相次ぐ!その強さの秘密とは!?、2012年2月8日、浜松市、2016年9月25日閲覧。
  3. ^ “生きた”音楽の素晴らしさを体感し、卒業してからも音楽に触れ続けて欲しい、2012年1月17日、浜松市、2016年9月25日閲覧。
  4. ^ 「創造都市・浜松」推進アクションプログラム(案)、2015年、浜松市創造都市推進会議、2016年9月25日閲覧。
  5. ^ アーカイブ バンド維新、2016年9月25日閲覧。
  6. ^ 『100周年記念事業』冠付け事業一覧、2016年9月25日閲覧。

外部リンク編集