機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

ガンダムシリーズに属する、日本の映画作品

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、: Mobile Suit Gundam Char's Counterattack)は、1988年3月12日(土)に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズアニメ映画。監督は富野由悠季。略称は英題の頭文字を取った「CCA[11]、または「逆シャア[12][13]など。本作は『機動戦士ガンダム』から14年後の宇宙世紀0093年を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるアムロ・レイシャア・アズナブルの最後の戦いを描いている[11]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
Mobile Suit Gundam
Char's Counterattack
監督 富野由悠季
脚本 富野由悠季
製作 伊藤昌典
出演者 古谷徹
池田秀一
弥生みつき
鈴置洋孝
安達忍
佐々木望
川村万梨阿
音楽 三枝成章
主題歌 TM NETWORK
BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
撮影 古林一太
奥井敦
編集 布施由美子
配給
公開
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11億6000万円
配給収入 6億2000万円
テンプレートを表示

公開時のキャッチコピーは「宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」。同時上映は『機動戦士SDガンダム [注釈 2]』。配給収入6億2000万円、観客動員数103万人。DVDは30万枚出荷[14]

2019年9月13日に機動戦士ガンダム40周年プロジェクト『ガンダム映像新体験TOUR』として4DX上映され[15]2021年4月2日には同『TOUR』の「FINAL」として[16]、全国7館のDolby Cinema(ドルビーシネマ)で劇場公開された[17][18]

作品解説編集

ガンダムシリーズ初のテレビアニメの再編集ではない劇場オリジナル作品として制作され、アムロ・レイシャア・アズナブルの最後の戦いを描く。サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム「矢立肇」のクレジットは使用されていない。主題歌にはTM NETWORKが起用されている。

『逆襲のシャア』というタイトルは、1984年頃に『機動戦士ガンダム』の続編小説企画のタイトルとして一般に告知されたものであった。しかし、翌年に『機動戦士Ζガンダム』製作が決定したことで、同企画も番組の小説版として『機動戦士Ζガンダム』に改題された経緯がある。また、小説『ガイア・ギア』の連載前予告タイトルは『機動戦士ガイア・ギア 逆襲のシャア』であった(連載後は変更されている)。

制作編集

ガンダム作品史上、初めて3DCGを導入した作品である[注釈 3]。制作当時、CGを扱うこと自体が高コストで時期尚早であったため、回転するスペースコロニー等、手書きのみでは正確なアニメーションを行うことが難しい場面で用いられている。スペースコロニーのサイド1・ロンデニオンとスウィートウォーターの描写などに使用されているが、単なるCG作画ではなくCGモデルに手書き画像を貼り付けるテクスチャマッピングによりセル画との質感の差を低減しているなど当時としては先進的な技法が使用されている[注釈 3][注釈 4]。CG制作はトーヨーリンクスが担当している。

デザイン編集

キャラクターデザインは安彦良和の不参加決定で、『機動戦士ガンダムΖΖ』に引き続いて北爪宏幸が手掛けた。『ΖΖ』では内田健二プロデューサーから「前作のテイストを変えないで欲しい」と言われたのに対し、本作では監督の富野由悠季から「これはΖΖの延長ではなく新しい作品だからキャラクターも変えていく」と言われた[20][21]

メカニックデザインのデザインワークには、出渕裕、佐山義則、鈴木雅久、中沢数宣[注釈 5]大畑晃一、ビシャルデザイン、ガイナックスなどが参加している[23]モビルスーツのデザインは、機動戦士ΖガンダムやガンダムΖΖと同様にコンペ形式で競われた。本作品では、MSには変形・合体というギミックは加えられず、サイズ自体は大型化した[注釈 6]ものの前作まで続いた重武装化の流れは止まり、シンプルな人型の機体が中心となっている[23]。主役機のνガンダムリ・ガズィジェガンなど地球連邦軍系のMSについては、鈴木雅久らが中心になって数多くのラフデザインを提出し、最終的に出渕裕がまとめている[注釈 7]。ネオ・ジオン軍のモビルスーツは出渕裕がデザインしている。富野監督からは、主人公機のνガンダムに関して「ガンダムにマントを付けたい」と「ガンダム本体には変形も合体もさせたくない」という2つの要望があった[25]。またνガンダムは主人公機として初めてサイコミュ兵器を搭載している[注釈 8]

本作では当初、永野護がメインメカニカルデザイナーとして起用されることが決定していた[21]。富野監督からは「テレビシリーズではないから全てのデザインをお前に託す」と言われ、敵味方のMSと艦艇、コックピットやMSの操縦システム、サイコミュ用ヘルメットなど、劇中のほぼ全てのデザインを担当する予定だった[26]。旧作(ファースト・ガンダム、Z、ZZ)に登場したメカは一切使用しないという条件で考えられていたが、富野監督の要望を受けて提案したデザインライン[注釈 9]がクライアントに気に入られなかったことと彼自身が周囲のスタッフと衝突したことで、前作「ガンダムΖΖ」に続いて途中降板することになった[28]。そのため、実際の作画に反映されるかどうかの試験的な作画にまで入っていた段階で全てのデザインはやり直しとなり、コンセプトは同じであるものの永野のデザイン自体は作中には一切登場していない[26][27]

MSのデザインは急遽コンペ形式で行なわれることになり、バンダイビジュアル渡辺繁プロデューサーやサンライズの内田健二プロデューサーの声掛けで、前述のデザイナーたち以外にも大森英敏庵野秀明小林誠など多くの人間が参加した[20][23]。デザイナーたちは特に制約を課されずに数多くのラフを描かされ、その結果、出渕裕が中心となってデザインを進めることが決まった[20][29]。連邦系のMSのデザインには鈴木雅久、中沢数宣、大畑晃一などが参加。概形が決まると、具体的な外見のフィニッシュ作業は他のMSとの統一性も考えて出渕裕に任された[25]。ネオ・ジオン側のMSとMAについては、すべて出渕のデザイン案が採用された。出来上がった全てのMSのデザインを作画用に佐山義則がまとめてクリンナップした。

MS以外のメカニック全般は多くがガイナックスに発注された。ガイナックスは会社として引き受けて、実際のデザインは庵野秀明と増尾昭一が手掛け、クリンナップは田中精美が行った[20]。庵野はνガンダムのデザインコンペにも参加。最初のガンダムの作画監督だった安彦良和のクリンナップ稿とほぼ変わらないガンダムを提出し、作画の負担を減らすために「Ζガンダム」の時に一気に増えたMSの線の量を減らすことを提案した[20]

あらすじ編集

宇宙世紀0093年。先のグリプス戦役以降消息不明だった、元ジオン公国軍エース・パイロットで、ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンの息子であるシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げる。

ネオ・ジオンは、小惑星5thルナを地球連邦政府があるチベットラサに衝突させようとする。かつてのシャアの宿敵アムロ・レイらが所属する連邦軍の外郭部隊ロンド・ベルの奮闘も空しく、5thルナ落下を阻止することはかなわなかった。

ネオ・ジオンは、アデナウアー・パラヤを始めとする地球政府高官と密かに裏取引を行い、スペースコロニー・ロンデニオンにて停戦交渉に合意する。停戦に安堵する地球連邦の思惑と裏腹に、シャアは取引によって得た小惑星アクシズを地球に衝突させるべく、再び作戦を開始した。

合意が偽りであることを察していたロンド・ベルは核ミサイルを準備、やがてネオ・ジオンとの間で戦端が開かれる。アムロは自ら開発に加わった新型モビルスーツν(ニュー)ガンダムを駆り、アクシズを目指す。一方、アクシズを内部から爆破して軌道を逸らすロンド・ベルの作戦は成功するかに見えたが、アクシズの一部は既に地球の引力に捉われていた。巨大な岩塊が地球に落下しようとする中、アムロはシャアと最終対決を制しサザビーを撃破しシャアを拿捕する。無謀にもνガンダム1機でアクシズを押し戻そうとしたとき、アムロとシャアそして人々の思いとガンダムのサイコフレームが共振し、眩い光となってアクシズを地球から遠ざけた。しかし、アムロとシャアのその後の行方は判らない。

登場人物編集

地球連邦軍(ロンド・ベル)
ネオ・ジオン
地球連邦政府
その他

登場兵器編集

モビルスーツモビルアーマーなど機動兵器に分類されるものは

それ以外の艦船・その他のものについては

小説版にのみ登場する兵器編集

機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー
  • 地球連邦軍
  • エグム
    • カブール・ベルグソン2式 - ゼダ・マンディラが乗る黒いゲリラ戦用モビルスーツ。
    • ザクに酷似した機体 - 民間用のホビーのザクを改造したもの。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

スタッフ編集

主題歌編集

BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
作詞 - 小室みつ子 / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 唄 - TM NETWORKEPIC・ソニー

プロモーション編集

機動戦士GUNDAM 逆襲のシャアのすべて

本作公開直前に、特別番組が放送された。この特番には、監督の富野由悠季の他、アムロ役の古谷徹、シャア役の池田秀一、クェス役の川村万梨阿に加え、シャアのファンである富田靖子が出演し、番組内で彼女が富野から本作でシャアが着用しているネオ・ジオンの制服をプレゼントされたことが、本作のパンフレットに写真入りで掲載された。また、富野は番組の最後で「この作品は35歳以上の方に、特に男性の方に見てもらいたい」と視聴者に向けたメッセージを送っていた。

前売り券

前売り券限定特典は光る!SDガンダムの卵[注釈 10]、またはテレホンカード。

関連作品編集

小説編集

総監督の富野由悠季による小説が2つ発刊されており、大枠の設定は映画とも共通するものの、それぞれでストーリーは大きく異なるパラレルワールド[32]となっている。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア編集

1987年から1988年に刊行。2009年に復刻刊行された。この小説群は、映画公開の1年前(1987年5月号)までアニメ雑誌『アニメージュ』(徳間書店)で連載されていた『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に加筆したものである[33]。 表紙や挿絵のメカニック、キャラクターを担当したのはSF漫画家の星野之宣。従来のデザインや劇場版と比べると、大胆な独自の解釈によるデザインとなっている。

後述の正式に『ハイ・ストリーマー』と名称を戻した小説と区別するため、こちらは『徳間版/逆襲のシャア』(アニメージュ文庫)と呼称される[34]

アニメージュ文庫で刊行される際に劇場版と同じく前篇だけは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と改題されたが、中篇と後篇は表紙にのみタイトルに(ハイ・ストリーマーより)との一文が追加されている。なぜ『アニメージュ』誌上で『ハイ・ストリーマー』として発表されたものが『逆襲のシャア』として発表されたかについては、筆者の富野によれば「関係者各位の善意がすれ違ったと理解していただきたい」と説明している[35]

アニメージュ誌上で連載されたものはアムロがスウィート・ウォーターに潜入調査をしているシーン、クェスがインド大陸でヒッピー達と断食に励む描写などが描かれ映画版の前日談となっていて、文庫化した際には前編に収録された。中編のフィフス・ルナでの戦闘からは文庫の書き下ろしで、ほぼ劇場版に沿った形でありながらνガンダム設計会議、ブライトとの再会、チェーンとの出会いなど劇場版の物語を更に補足したストーリーとなっている。連載最終話のチャプターLは文庫の方で先に発表された。

劇場版ではあまり触れられなかったシリーズの歴代キャラクターに対しては、前篇で精神崩壊したカミーユ・ビダン、中篇でグリプス戦役時に付き合っていたベルトーチカ・イルマに触れられている。

アニメージュ文庫版(旧版)
富野由悠季(著)、徳間書店アニメージュ文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』、1987年12月発行、ISBN 4-19-669570-1
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』、1988年2月発行、ISBN 4-19-669575-2
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』、1988年3月発行、ISBN 4-19-669578-7
アニメージュ文庫版(復刻版)
富野由悠季(著)、徳間書店〈アニメージュ文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908004-3
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908005-0
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』復刻版、2009年7月発行、ISBN 978-4-19-908008-1

機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー編集

2002年10月刊行。上述の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の内容をそのままに、表紙や挿絵のメカニック、キャラクターを久織ちまきが担当し『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』として正式なタイトルに戻したもの。アニメージュ文庫版に収録された星野之宣によるイラストは各巻の巻末に再録されている。

徳間デュアル文庫版
富野由悠季(著)、徳間書店〈徳間デュアル文庫〉、全3冊。
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 1 アムロ篇』、2002年10月発行、ISBN 978-4-19-905125-8
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 2 クェス編』、2002年11月発行、ISBN 978-4-19-905129-6
  • 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 3 シャア編』、2002年12月発行、ISBN 978-4-19-905130-2

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン編集

1988年刊行。本来は未発表の映画用シナリオ第1稿を基に改訂され、モチーフ小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』として角川スニーカー文庫より刊行。2014年には漫画化もなされた。

ストーリーの大筋は映画版の展開をなぞるものの、一部設定・登場キャラクター・物語の展開が異なり、映画版とはパラレルワールドの関係にある。最大の特徴は『機動戦士Zガンダム』に登場したベルトーチカ・イルマがアムロの恋人として登場する点である。その為、劇場版におけるアムロの恋人、チェーン・アギは本作品に登場しない。また、ヒロインであるベルトーチカがアムロの子供を身籠っている、クェス・パラヤがチェーンによる攻撃ではなくハサウェイの誤射によって死亡するなどの相違がある。後の『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の小説版はこちらの作品の歴史を引き継ぐものとなっている[注釈 11]

MSの名前も異なり、映画版のサザビーに相当するシャア専用MSがナイチンゲールヤクト・ドーガに相当するMSがサイコ・ドーガである。また、出渕裕による描き下ろしの口絵では、νガンダムのデザインに小説用のアレンジが施された[注釈 12]。このνガンダムはのちに Hi-νガンダムとして再設定された。これらのMSは映画版と並行して商品展開されている。第1稿と映画版に上記のような相違があるのは、第1稿が「ガンダム映画化委員会」の審査にかけられた折、「映画でアムロの結婚した姿は見たくない」「モビルスーツの玩具が売れることで厚い市場を形成し、映画を制作する資金が出ているのに、モビルスーツの存在をシナリオで否定しているのはどうなのか?」という意見・批判を受け、大幅に修正したものが採用されたためである。

富野由悠季(著)、角川書店角川文庫〉、全1冊。

  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、1988年2月20日発行、ISBN 978-4-04-410109-1

カセット文庫編集

1989年12月、かつて角川書店が商品展開していた「角川カセット文庫」の1作品として音声だけのドラマ(いわゆる「サウンドドラマ」)をカセットテープメディアに収録してリリース。前述した『ベルトーチカ・チルドレン』ベースのストーリーとなっているためベルトーチカが登場し、オリジナルキャストである川村万梨阿が演じる。この兼ね合いからか、クェスのキャストは映画版でチェーミンを演じた荘真由美に変更されている(他にもキャスティングが一部異なる)。音楽も増田俊郎と立原摂子が担当、このカセット文庫版用に書き下ろされた新規曲が使われた。

※ 下記の出典 → [36]

2021年、『逆シャア』の後年に位置する作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』がアニメ映画化し第1部が同年6月に公開されたのに合わせて、このカセット文庫版もタイトルを『復刻版ドラマCD 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に改題、収録メディアをコンパクトディスクに変更して同年8月28日に復刻リリースされる予定。

スタッフ(カセット版)
  • プロデュース - 田宮 武
  • 原作 - 富野由悠季(角川文庫 刊)※ 現・角川スニーカー文庫 刊
  • 脚本 - 渡辺誓子
  • 演出 - 藤野貞義
  • 音楽 - 立原摂子、増田俊郎
キャスト(カセット版)
  • アムロ・レイ(声 - 古谷徹)
  • シャア・アズナブル(声 - 池田秀一)
  • ベルトーチカ・イルマ(声 - 川村万梨阿)
  • ブライト・ノア(声 - 鈴置洋孝)
  • メスタ・メスア(声 - 榊原良子)※映画版におけるナナイ・ミゲルに相当するキャラ
  • ハサウェイ・ノア(声 - 佐々木望)
  • クェス・パラヤ(声 - 荘真由美
  • グラーブ・ガス(声 - 松本保典)※映画版におけるギュネイ・ガスに相当するキャラ
  • アデナウアー・パラヤ(声 - 喜多川拓郎
  • クルーA(声 - 橋本博
  • クルーB(声 - 山崎たくみ

漫画編集

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (村上としや版)

コミックボンボンに劇場公開後の1988年4月および5月に前後編で掲載。単行本としては1999年大都社が復刻版として発売した漫画版『機動戦士ガンダムΖΖ』の単行本2巻に併録されたのが唯一。映画とは異なりハサウェイは連邦のパイロット候補生として最初からラー・カイラムに乗艦しているため、クェスとの関わりはなく、他にもリ・ガズィ、α・アジールが登場しないなど、ストーリーにいくつか差異が見られる。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (ときた洸一版)

劇場公開から10年後のPlayStation版ゲームの発売に合わせコミックボンボン1998年10月から1999年2月まで全5話連載。1999年3月3日に単行本化。全一冊。
作画はときた洸一。こちらの作品は映画とほぼ同様のストーリーとなっている。2005年に新装版が刊行され、2018年に復活ボンボンシリーズ版として再度リニューアルされた。
  • 講談社(コミックボンボンKC)、1999年3月3日発行、ISBN 978-4063238631
  • (新装版) 講談社(KCデラックス)、2005年6月23日発行、ISBN 978-4063720273
  • (新・新装版) 講談社(KCデラックス)、2018年7月23日発行、ISBN 978-4065117606
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
上記の角川スニーカー文庫の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』のコミカライズ作品。
作画はさびしうろあき柳瀬敬之。モビルスーツデザインは出渕裕。『ガンダムエース2014年8月号(2014年6月発売)から[37]2018年5月号まで連載された。単行本は角川コミックス・エースにて全7巻発売。
単行本
作画 さびしうろあき柳瀬敬之、モビルスーツデザイン 出渕裕、KADOKAWA〈角川コミックス・エース〉、全7冊

ゲーム編集

スーパーロボット大戦シリーズ」を筆頭に本作が登場するゲーム作品は無数にあるため、ここでは本作を題材に単独商品化された作品のみ記述する。

コンシューマーゲーム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1998年12月17日、バンダイPlayStation
モバイルゲーム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(2006年8月31日、バンダイネットワークスiモード

パチンコ編集

Pフィーバー 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

SANKYO、2019年9月17日導入[38]

派生作品編集

映像編集

GUNDAM EVOLVE 5 RX-93 ν GUNDAM
短編映像作品『GUNDAM EVOLVE 5』では、CGとセル画を合わせる手法によりリデザインされたνガンダムα・アジールの戦いが、映画や小説とは違う展開で描かれている。本作は1から4までと合わせて『GUNDAM EVOLVE +』としてDVD化された。
複数製作された同シリーズにおいて、唯一富野がストーリーを製作した作品である。劇場版や小説版の続編『閃光のハサウェイ』とは異なり、クェスとハサウェイの結末がポジティブな物へと転化されている。

漫画編集

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME
機動戦士ガンダムUC』のアニメ化を記念して角川書店の雑誌『ガンダムエース』2010年7月号より連載された漫画作品。久織ちまき画、本田雅也シナリオ。全2巻。
ナナイ・ミゲルが主人公の外伝であり、ナナイがアクシズ攻防戦の際に見た白日夢として、かつてはニュータイプ研究生であったナナイが志を果たせぬまま研究する側となり、やがてシャアと出会ってネオ・ジオンに参加する半生等を描いた内容となっている。

PCゲーム編集

機動戦士ガンダム クラシックオペレーション (PC-88、PC-98、X68000)

ゲームブック編集

機動戦士ガンダム シャアの帰還 ―逆襲のシャア外伝―
勁文社より1988年4月に発行されたゲームブック。スタジオ・ハード編集、草野直樹、日高誠之構成・文。
原作の時代設定から3年前の宇宙世紀0090年が舞台。主人公であるシャア・アズナブルとなって、ジオン残党ダンジダン・ポジドン少将の協力の下、新生ネオ・ジオンの組織作りの経緯を描いた内容となっている。なお、ネェル・アーガマを率いるブライトやナナイ、ギュネイなど本作の人物も登場する。

エピソード編集

  • 同時上映の『機動戦士SDガンダム』では本編に先駆けて、νガンダムがシルエットで登場した後、二頭身で登場。ラストではサザビー開発中のシャアが「今度は劇場で仕返ししてやる」とタイトルと同時上映であることを意識した発言をしている。
  • 終盤サイコフレームが宇宙から見た地球をバックに何処かへ飛ぶシーンがあるが、この地球は「実物の地球儀に立体的に背景を描き、これを一コマづつ撮影したものである」と、当時本作で演出補だった高松信司が証言している[39]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 2019年にガンダム40周年を記念して[2]、サンライズとファゾム・イベンツがアメリカの映画館で一夜限りの上映を開催[3][4]。12月5日19時から、およそ400館で同時に行われた[5]。上映後には11月のアニメNYCに参加した富野監督[6]のインタビューと、『閃光のハサウェイ』の予告映像が公開された。
  2. ^ 「激闘編 ガンダム大地に立てるか!?」「休日編 ジオン・ホテルの脅威?ガンダム・ペンション破壊命令!」の2本。
  3. ^ a b 公開当時に映画館で販売されたパンフレットでは、CGとアニメの合成を「映画史上初の試み」であると公称していた[19]
  4. ^ このうちロンデニオンの映像はのちに『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のラストカットで登場するサイド6・リボーの映像としても流用された。
  5. ^ νガンダムのベースデザインを作る上で大きな役割を果たした[22]
  6. ^ νガンダムはRX-78よりふた回りも大きい[24]
  7. ^ ジェガンのみ佐山義則が決定稿を担当している。
  8. ^ ファンネルや本作で初めて登場したサイコミュ回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うサイコフレームが装備された。
  9. ^ 当時、富野監督と永野が考えていたMSは全て「ごつく怖い」デザインラインで進行していたため、映画のために用意されたMSは全て恐竜怪獣モチーフとしており、サザビーやギラ・ドーガやヤクト・ドーガにあたるネオ・ジオンのMSだけでなく再登場予定だったΖガンダムまでもが超重装甲の怪異なデザインとなっており、唯一、新ガンダムのみが細身でシンプルだった[27]。そのガンダムも、いわゆるガンダムの常識を覆すデザインラインで進行していた[21]
  10. ^ 卵型のカプセルの中に蓄光ガン消しが入っており、種類はνガンダムサザビーリ・ガズィラー・カイラムギラ・ドーガ
  11. ^ 『閃光のハサウェイ』の劇場アニメは映画版の続編。
  12. ^ 後にこの小説版νガンダムのデザインを元に「Hi-νガンダム」と呼ばれる機体としてデザインや設定が新たに起こされ、ゲームへの登場や模型化などを経て独自の立ち位置を確立した。

出典編集

  1. ^ Mobile Suit Gundam: Char's Counterattack (1988)”. IMDb(Company Credits). Amazon.com. 2021年3月13日閲覧。
  2. ^ 機動戦士ガンダム40周年プロジェクト”. gundam40th.net. 株式会社サンライズ. 2020年6月16日閲覧。
  3. ^ (Event info)IN THEATERS DEC 5「Gundam 40th Anniversary Celebration: Char's Counterattack」”. ファゾム・イベンツ (2019年10月21日). 2020年6月17日閲覧。
  4. ^ Gundam 40th Anniversary Celebration: Chars Counterattack (2019)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2020年6月17日閲覧。
  5. ^ Mercedes Milligan(メルセデス・ミリガン) (2019年10月21日). “‘Char’s Counterattack’ Returns to Theaters for Gundam’s 40th Anniversary”. アニメーション・マガジン. Animation Magazine, Inc.. 2020年6月17日閲覧。
  6. ^ 11月15日を「ガンダムデイ」に認定!ニューヨーク最大のアニメイベント「アニメNYC」開幕!”. GUNDAM.INFO. 株式会社サンライズ (2019年11月16日). 2020年6月16日閲覧。
  7. ^ a b Mobile Suit Gundam: Char's Counterattack (1988)”. IMDb(Release Info). Amazon.com. 2020年6月16日閲覧。
  8. ^ ガンダム映像新体験TOUR「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4DX」好評につき一部劇場で上映期間延長決定!”. GUNDAM.INFO. 株式会社サンライズ (2019年9月24日). 2020年6月16日閲覧。
  9. ^ ガンダム映像新体験TOUR『逆襲のシャア』&『ガンダムNT』4DX上映劇場にイオンシネマ7館が追加決定!”. GUNDAM.INFO. 株式会社サンライズ (2020年6月15日). 2020年6月16日閲覧。
  10. ^ Dolby Cinema『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』4月2日より劇場上映決定!”. GUNDAM.INFO. 株式会社サンライズ (2021年3月12日). 2021年3月13日閲覧。
  11. ^ a b 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア | GUNDAM.INFO” (日本語). GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト. 2020年8月25日閲覧。
  12. ^ お盆&夏休み読者プレゼント!『逆シャア』アムロや『ガンダムW EW』GUNDAM UNIVERSE ウイングガンダム、『ガンダムF91』ROBOT魂などのフィギュアを合計7名に!” (日本語). 電撃ホビーウェブ. 2020年8月25日閲覧。
  13. ^ 株式会社インプレス (2020年7月15日). “ガンダム映画の最新技術上映、「逆シャア」「00」「NT」4DX追加上映決定。17日から” (日本語). AV Watch. 2020年8月25日閲覧。
  14. ^ 月刊ascii2008年5月号
  15. ^ 「ガンダム 40周年プロジェクト」本格的に始動!シネマ・コンサート他、各種イベントを展開!”. 機動戦士ガンダム40周年プロジェクト (2019年4月7日). 2020年12月30日閲覧。
  16. ^ 1988年3月12日の公開からちょうど33年!『逆襲のシャア』Dolby Cinema™上映が決定!3/19(金)より『第08MS小隊 ミラーズ・リポート』『0083 ジオンの残光』順次上映決定! さらにDolby Cinema™版『機動戦士ガンダム』劇場版三部作のリバイバル上映決定!4/9からは「ULTIRA」形式にて『逆襲のシャア』の上映も決定!!”. 機動戦士ガンダム40周年 "BEYOND" (2021年3月12日). 2021年6月17日閲覧。
  17. ^ 編集部・倉本拓弥 (2021年3月12日). “機動戦士ガンダム『逆襲のシャア』ドルビーシネマ上映決定!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2021年3月13日閲覧。
  18. ^ 取材・文:鈴木康道 (2021年3月26日). “Dolby Cinema™版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公開記念・富野由悠季インタビュー『逆襲のシャア』で悔やまれること/『閃光のハサウェイ』は「船頭が2人いたら作品はダメになる」”. WebNewtype. 株式会社KADOKAWA. 2021年6月13日閲覧。
  19. ^ 「PRODUCTION NOTE アニメ史上初の試み! CGとアニメの合成によるニュー“ガンダム”ワールド」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画パンフレット)』松竹株式会社事業部、1988年3月12日。
  20. ^ a b c d e 封入特典「逆襲のシャア ドキュメントコレクション」収録インタビュー冒頭公開”. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 株式会社サンライズ (2018年6月22日). 2021年5月4日閲覧。
  21. ^ a b c 『機動戦士ガンダムエピソードガイド Vol.3』角川書店、1999年12月、151頁。ISBN 978-4048530705
  22. ^ 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、48-58頁。ISBN 978-4891891558
  23. ^ a b c 『機動戦士ガンダムMS大全集』バンダイ、1988年、102-104頁。ISBN 9784891893361
  24. ^ 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、21頁。ISBN 978-4575465174
  25. ^ a b 『グレートメカニックG 2017WINTER』双葉社、2017年12月、12-36頁。ISBN 978-4575465068
  26. ^ a b 永野護『ファイブスター物語リブート2巻』角川書店、2011年4月、74頁。ISBN 978-4048546225
  27. ^ a b 『Newtype2007年1月号 ポスター』角川書店、2006年12月。
  28. ^ 『ZGUNDAM A (ゼータガンダムエース)』角川書店、2005年7月、82-85頁。
  29. ^ 出渕裕『出渕裕メカニカルデザインワークス (1)』ムービック、2000年8月、96頁。ISBN 978-4896014907
  30. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア:出渕裕「最初の印象は最悪で…」 富野監督の“可愛い”一面も明かす”. MANTANWEB (2019年9月16日). 2019年9月17日閲覧。
  31. ^ 「STAFF」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア シネマブック 公開記念 劇場限定販売』株式会社ムービック、1988年3月12日。
  32. ^ 富野由悠季の世界 2019, p. 238.
  33. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』中篇、徳間書店〈アニメージュ文庫〉、1988年、254頁。ISBN 4-19-669575-2
  34. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』3 シャア篇、徳間書店〈徳間デュアル文庫〉、2002年、276頁。ISBN 4-19-905130-9
  35. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』後篇、徳間書店〈アニメージュ文庫〉、1988年、253頁。ISBN 4-19-669578-7
  36. ^ 32年前の音源を復刻!復刻版ドラマCD「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」8/28発売決定” (日本語). GUNDAM.INFO. サンライズ (2021年6月11日). 2021年7月20日閲覧。
  37. ^ 富野由悠季「ベルトーチカ・チルドレン」コミカライズ決定”. ナタリー (2014年5月26日). 2015年5月26日閲覧。
  38. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア”. SANKYO. 2020年7月22日閲覧。
  39. ^ 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に使用された地球儀、実物がまだあった!

参考文献編集

  • その他
    • 明智惠子『富野由悠季の世界』株式会社キネマ旬報社、2019年6月22日。ISBN 978-4-87376-468-9

外部リンク編集