たかしまあきひこ

日本の作曲家・編曲家

たかしま あきひこ1943年5月24日 - 2016年10月16日[1][2])は、日本作曲家編曲家東京府(現:東京都)出身。

たかしま あきひこ
出生名 高島 明彦
生誕 (1943-05-24) 1943年5月24日
出身地 日本の旗 日本東京府(現:東京都
死没 (2016-10-16) 2016年10月16日(73歳没)
学歴 東京藝術大学作曲科
職業 作曲家
編曲家
共同作業者 ザ・ドリフターズ
公式サイト たかしまあきひこの公式ホームページ

本名は高島 明彦(読み同じ)で、本名名義での作品も存在する。

来歴・人物編集

1968年に東京藝術大学作曲科を卒業。山本直純門下生であり、山本が音楽を担当していたTBSバラエティ番組8時だョ!全員集合』では山本のアシスタントを務める。

1970年代からは、山本から役目を引き継いで『全員集合』の音楽を担当したほか、『ドリフ大爆笑』(フジテレビ)のテーマ曲やBGMザ・ドリフターズのオリジナル曲、および志村けんのバラエティ番組挿入曲などの作曲・編曲を手がける。またドリフターズ関連以外にも、テレビドラマテレビアニメ映画等の劇伴音楽バラエティ番組のBGM、報道番組のテーマ曲、CMソング等の作曲・編曲を数多く手がけた。

とりわけフジテレビの昭和末期の番組にはなくてはならない人物であり、イザワオフィス系のお笑い番組[3]のテーマのほか劇中BGM、オチ音まですべて手掛けていたほか、イザワ以外のバラエティ番組も多く担当している。

この業績から、80年代後半の大規模なフジテレビ報道番組改革事業の目玉にこれまで深井史郎深町純冨田勲などのつかっていた古い音楽を廃し、朝から晩までのFNNのニュースすべてのテーマづくりを任されるという大抜擢を受けている。[4][5]

特に1984年に作曲された『FNNニュース』のテーマ曲は、1984年4月2日から2015年3月29日まで『FNNニュースレポート6:00』『FNNニュースレポート5:30』『FNNニュースレポート23:00』『FNNニュースレポート23:30』『産経テレニュースFNN』で長く使用された定番曲[6]であった。『火曜ワイドスペシャル』が『ドリフ大爆笑』だった日は夜7時半から夜8時54分のニュースまでたかしまの音楽がふんだんに使用されることもあった。

2016年10月16日、膵臓癌のため逝去。73歳没[2]

子息のたかしまかんた(KANTA)も音楽家で、同じくテレビ番組向けの音楽の編曲を主に手がけている。

主な作品編集

編集

テレビ番組編集

バラエティ編集

クイズ編集

ドラマ編集

ニュース・情報番組編集

アニメ・子供向け編集

音楽編集

ラジオ編集

映画編集

ビデオ映画編集

CMソング編集

マンドリン編集

マンドリン奏者の竹内郁子が主宰する東京マンドリンアンサンブルの作曲家・編曲家・指揮者としても活動していた。

  • マンドリン合奏の為の序曲
  • マンドリン協奏曲
  • 日本民謡と日本古謡によるラプソディー
  • 100人のマーチ

その他編集

関連項目編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ お知らせ”. たかしまあきひこ公式サイト. 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ a b “たかしまあきひこさん死去 ヒゲダンスのBGM手がける”. 朝日新聞デジタル. (2016年10月22日). http://www.asahi.com/articles/ASJBQ34QCJBQUZVL001.html 2016年10月22日閲覧。 
  3. ^ ドリフ大爆笑ドリフのクリスマスプレゼント志村けんのバカ殿様志村けんのだいじょうぶだぁなど
  4. ^ 平日の場合朝はFNNモーニングワイドニュース&スポーツFNNモーニングコール、昼はFNNニュースレポート11:30FNNスピーク、夕方はFNNスーパータイム、夜はFNNニュースレポート23:00のほかに定時ニュース。 土日は定時ニュースにスーパータイム。
  5. ^ ただ、関西テレビ東海テレビはフジテレビからのオープニングを差し替えておりたかしまの音楽が流れたのは限定的であった。
  6. ^ そのほかのニュース番組でテーマが変わり定時ニュースもに川崎真弘に変更されても日曜日の産経枠のみは不変であった。

外部リンク編集