ベニール・ダリウシュ

ベニール・ダリウシュBeneil Dariush1989年5月6日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家アッシリア人西アーザルバーイジャーン州オルーミーイェ出身。アメリカ合衆国カリフォルニア州在住。キングスMMA所属。UFC世界ライト級ランキング3位

ベニール・ダリウシュ
Beneil Dariush 2.jpg
2018年
本名ベニール・コビア・ダリウシュ
(Beneil Khobier Dariush)
生年月日 (1989-05-06) 1989年5月6日(32歳)[1]
出身地イランの旗 イラン
西アーザルバーイジャーン州オルーミーイェ[1]
居住アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ヨーバリンダ
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長178 cm (5 ft 10 in)
体重70 kg (154 lb)
階級ライト級
リーチ183 cm (72 in)
拠点アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ハンティントンビーチ
チームキングスMMA
トレーナーハファエル・コルデイロ
ランクブラジリアン柔術 (黒帯)
ムエタイ (黒帯)
現役期間2009年 -
総合格闘技記録
試合数26
勝利21
ノックアウト5
タップアウト8
判定8
敗戦4
ノックアウト3
タップアウト1
引き分け1
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ブラジリアン柔術
世界柔術選手権
2012 カリフォルニア
茶帯
82kg級
2010 カリフォルニア
紫帯
82kg級
2009 カリフォルニア
青帯
82kg級
2009 カリフォルニア
青帯
無差別
世界ノーギ選手権
2010 カリフォルニア
茶帯
82kg級
2010 カリフォルニア
茶帯
無差別級
2009 カリフォルニア
紫帯
82kg級
2009 カリフォルニア
紫帯
無差別級
2008 カリフォルニア
青帯
82kg級

来歴編集

イランで農場を営む家庭に生まれ、9歳のときにアメリカ合衆国に移住した。2007年からブラジリアン柔術を始め、5年で黒帯を獲得。2009年にプロ総合格闘技デビュー[1]2010年10月、世界ノーギ柔術選手権に出場し、茶帯ミドル級で金メダルを獲得した[2]

UFC編集

2014年1月15日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Rockhold vs. Philippouでチャーリー・ブレネマンと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち。

2015年3月14日、UFC 185ダロン・クルックシャンクと対戦し、リアネイキドチョークで2R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年4月18日、UFC on FOX 15でライト級ランキング12位のジム・ミラーと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年8月8日、UFC Fight Night: Teixeira vs. St. Preuxでライト級ランキング5位のマイケル・ジョンソンと対戦し、2-1の判定勝ち。

2016年4月16日、UFC on FOX 19でライト級ランキング14位のマイケル・キエーザと対戦し、リアネイキドチョークで2R一本負け。

2016年11月5日、UFC Fight Night: dos Anjos vs. Fergusonでライト級ランキング15位のラシッド・マゴメドフと対戦し、3-0の判定勝ち。

2017年3月11日、UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelumでライト級ランキング5位のエジソン・バルボーザと対戦し、右跳び膝蹴りで2RKO負け。

2017年10月7日、UFC 216でライト級ランキング14位のエヴァン・ダナムと対戦し、1-0の判定ドロー。

2019年3月9日、UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santosドリュー・ドーバーと対戦し、トライアングルアームバーで2R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年10月26日、UFC Fight Night: Maia vs. Askrenでフランク・カマチョと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2020年3月7日、UFC 248でドラッカー・クロースと対戦。2R中盤にクロースの右フックでぐらつくものの、直後に右フックで逆にクロースをぐらつかせ、最後は左ストレートで逆転のKO勝ち。3戦連続となるパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。また、ダリウシュはこの試合で同年のUFC カムバック・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2021年2月6日、UFC Fight Night: Overeem vs. Volkovでライト級ランキング10位のディエゴ・フェレイラと再戦し、2-1の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2021年5月15日、UFC 262でライト級ランキング5位の元UFC世界ライト級暫定王者トニー・ファーガソンと対戦。3度のテイクダウンを奪い、ヒールフックを極めかけるなどグラウンドの攻防で圧倒して3-0の判定勝ち。7連勝を飾った。

人物・エピソード編集

  • 2020年12月に妻がテスラ社の自動車を注文したが、半年が経過しても納車できていなかったことから、UFC 262の試合後インタビューで、テスラ社の社長イーロン・マスクに対して「イーロン、妻の車はどこにある?もう半年も待ち続けている」「俺には生後間もない子供がいる。良い車が必要だ。俺は娘を守らなければならない」と語りかけ、イーロン・マスクはTwitterで「もうすぐ届く。遅くなって申し訳ない」とツイートした[3]

戦績編集

総合格闘技 戦績
26 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 5 8 8 0 1 0
4 3 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
トニー・ファーガソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 262: Oliveira vs. Chandler 2021年5月15日
ディエゴ・フェレイラ 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Overeem vs. Volkov 2021年2月6日
スコット・ホルツマン 1R 4:38 KO(スビニング・バックフィスト) UFC Fight Night: Lewis vs. Oleinik 2020年8月8日
ドラッカー・クロース 2R 1:00 KO(左ストレート) UFC 248: Adesanya vs. Romero 2020年3月7日
フランク・カマチョ 1R 2:02 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Maia vs. Askren 2019年10月26日
ドリュー・ドーバー 2R 4:41 トライアングルアームバー UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos 2019年3月9日
ティアゴ・モイゼス 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Korean Zombie vs. Rodríguez 2018年11月10日
× アレクサンダー・ヘルナンデス 1R 0:42 KO(左ストレート) UFC 222: Cyborg vs. Kunitskaya 2018年3月3日
エヴァン・ダナム 5分3R終了 判定1-0 UFC 216: Ferguson vs. Lee 2017年10月7日
× エジソン・バルボーザ 2R 4:35 KO(右跳び膝蹴り) UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelum 2017年3月11日
ラシッド・マゴメドフ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: dos Anjos vs. Ferguson 2016年11月5日
ジェームス・ヴィック 1R 4:16 KO(スタンドパンチ連打) UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2 2016年6月4日
× マイケル・キエーザ 2R 1:20 リアネイキドチョーク UFC on FOX 19: Teixeira vs. Evans 2016年4月16日
マイケル・ジョンソン 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Teixeira vs. St. Preux 2015年8月8日
ジム・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 15: Machida vs. Rockhold 2015年4月18日
ダロン・クルックシャンク 2R 2:48 リアネイキドチョーク UFC 185: Pettis vs. dos Anjos 2015年3月14日
ディエゴ・フェレイラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 179: Aldo vs. Mendes 2 2014年10月25日
トニー・マーティン 2R 3:38 肩固め UFC Fight Night: Henderson vs. dos Anjos 2014年8月23日
× ラムジー・ニジェム 1R 4:20 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Nogueira vs. Nelson 2014年4月11日
チャーリー・ブレネマン 1R 1:45 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Rockhold vs. Philippou 2014年1月15日
ジェイソン・メアデアス 2R 0:43 KO(パンチ) Respect in the Cage
【RTCライト級タイトルマッチ】
2013年5月4日
トレース・グレー 1R 0:36 腕ひしぎ十字固め Respect in the Cage
【RTCライト級王座決定戦】
2013年1月19日
ジウベルト・ドス・サントス 1R 4:03 TKO(ドクターストップ) High Fight Rock 2 2012年10月27日
ドミニク・グティエレス 1R 1:16 リアネイキドチョーク Samurai Pro Sports: Samurai MMA Pro 2011 2011年10月21日
バンス・ベジャラノ 1R ギブアップ Respect in the Cage 2010年10月9日
ジョーダン・ベッツ 5分3R終了 判定2-1 Respect in the Cage 2 2009年11月20日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(4回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC カムバック・オブ・ザ・イヤー(2020年/ドラッカー・クロース戦)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集