ベルトラン・タヴェルニエ

ベルトラン・タヴェルニエ(Bertrand Tavernier, 1941年4月25日 - 2021年3月25日[1])は、フランス映画監督脚本家である。リヨン出身。

ベルトラン・タヴェルニエ
Bertrand Tavernier
Bertrand Tavernier
生年月日 (1941-04-25) 1941年4月25日
没年月日 (2021-03-25) 2021年3月25日(79歳没)
出生地 フランスの旗 フランスリヨン
国籍 フランスの旗 フランス
 
受賞
カンヌ国際映画祭
監督賞
1984年『田舎の日曜日』
ヴェネツィア国際映画祭
栄誉金獅子賞
2015年
ベルリン国際映画祭
金熊賞
1995年ひとりぼっちの狩人たち
銀熊賞(審査員グランプリ)
1974年『サン・ポールの時計台』
東京国際映画祭
芸術貢献賞
1989年『素顔の貴婦人』
ヨーロッパ映画賞
審査員特別賞
1989年『素顔の貴婦人』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
外国語映画賞
1990年『素顔の貴婦人』
英国アカデミー賞
外国語作品賞
1989年『素顔の貴婦人』
セザール賞
監督賞
1976年『祭よ始まれ』
1997年『Capitaine Conan』
脚本賞
1976年『祭よ始まれ』
1977年『判事と殺人者』
脚色賞
1985年『田舎の日曜日』
その他の賞
テンプレートを表示

略歴編集

法学生であったが映画批評を書くようになり、1964年にオムニバス映画『キス!キス!キッス!』で映画監督としてデビューした。

1974年の長編デビュー作『サン・ポールの時計台』がルイ・デリュック賞第24回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。セザール賞では監督賞など、これまでに5度賞を受けている。

その後、1984年の『田舎の日曜日』で第37回カンヌ国際映画祭監督賞を、1989年の『素顔の貴婦人』で第2回ヨーロッパ映画賞審査員特別賞と第43回英国アカデミー賞外国語作品賞を、1995年の『ひとりぼっちの狩人たち』で第45回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した[2]

また、ドキュメンタリーも多数製作しており、1992年の『La guerre sans nom』は上映時間が240分の大作である。

2009年にはトミー・リー・ジョーンズを主演に『エレクトリック・ミスト 霧の捜査線』をアメリカで製作。第59回ベルリン国際映画祭で上映された。同年、それまでの功績を称えられルネ・クレール賞を受賞。

2010年の『La princesse de Montpensie(モントピーリアの王女)』は同年の第63回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され[3]2013年の『Quai d'Orsay(オルセー海岸)』は同年のサン・セバスティアン国際映画祭で脚本賞を受賞した。

親族編集

息子のニルス・タヴェルニエは俳優であり、『パッション・ベアトリス』にも出演した。その後、2000年に映画監督としてデビューしている。

娘のティファーとは『今日から始まる』の脚本を共同で執筆した。

監督作品編集

参考文献編集

  1. ^ “Bertrand Tavernier, French Filmmaker and Leader of a Generation, Dies at 79” (英語). Variety. (2021年3月25日). https://variety.com/2021/film/global/bertrand-tavernier-dead-1234938030/ 2021年3月26日閲覧。 
  2. ^ Berlinale: 1995 Prize Winners”. berlinale.de. 2011年12月29日閲覧。
  3. ^ Hollywood Reporter: Cannes Lineup”. Hollywood Reporter. 2010年4月16日閲覧。

外部リンク編集