ベルビュー航空(べるびゅーこうくう、英語: Bellview Airlines)は、かつて存在したナイジェリア航空会社1992年ラゴス州イケジャで設立され、ラゴスのムルタラ・モハンマド国際空港から国際線を含む定期路線を運行していた[1]2009年に倒産し、その従業員を引き継ぐ形でファースト・ネーション航空が設立された[2]

ベルビュー航空
IATA
B3
ICAO
BLV
コールサイン
BELLVIEW AIRLINES
設立 1992年
運航停止 2009年
ハブ空港 ムルタラ・モハンマド国際空港
焦点空港 ンナムディ・アジキウェ国際空港
ポートハーコート国際空港
マイレージサービス プレミアム・クラブ
保有機材数 13機
本拠地 ラゴス州イケジャ
外部リンク https://web.archive.org/*/http://www.flybellviewair.com/
テンプレートを表示

歴史編集

1992年ベルビュー・トラベルズとして設立。設立当初はラゴスを拠点とした旅行代理店であり、Yak-40を使用したチャーター機の運行を行なっていた。そしてその翌年にはダグラス DC-9をリースして定期旅客便の運行を開始した。1995年には会社の拡大を進めるためにシエラレオネに子会社を設立した。

就航地編集

 
ベルビュー航空のエアバスA300-600
 
ベルビュー航空のボーイング737-200

2009年6月の時点でベルビュー航空は以下の空港へ就航していた[3]

アフリカ編集

ヨーロッパ編集

インシデント・事故編集

  • 2005年12月19日、ラゴスからシエラレオネの首都フリータウンへ向かうベルビュー航空の機体が、油圧系統のトラブルでガーナの首都アクラにあるコトカ国際空港へ緊急着陸した。これにより、ナイジェリア当局はベルビュー航空の機体に対して22日までの運行禁止を命じた[5]

機体編集

ベルビュー航空が運用していた機体は以下の通り[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 85. (2007年3月27日) 
  2. ^ Bellview Airlines at airlineupdate.com Archived 2012-09-04 at Archive.is
  3. ^ August 15, Atqnews on (2016年8月15日). “Bellview Airlines: A tale of life, peak and plunge” (英語). ATQ News. 2020年7月31日閲覧。
  4. ^ [1]Lagos crash 2005
  5. ^ Nzeshi, Andy Ekugo And Onwuka (2006年1月3日). “Nigeria: FG Clears Chanchangi, Converts Bellview License Revocation to Suspension”. This Day (Lagos). http://allafrica.com/stories/200601030379.html 2017年8月29日閲覧。 
  6. ^ Bellview Airlines Fleet | Airfleets aviation”. www.airfleets.net. 2017年8月29日閲覧。

外部リンク編集