メインメニューを開く

マイク・モンゴメリー (野球)

マイケル・ポール・モンゴメリーMichael Paul Montgomery, 1989年7月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラ郡ミッションヒルズ英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属。愛称はモンティーMonty[2]

マイク・モンゴメリー
Mike Montgomery
カンザスシティ・ロイヤルズ #21
Mike Montgomery pitched great (46979149974) (cropped).jpg
AAA級アイオワ時代
(2019年5月3日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタバーバラ郡ミッションヒルズ英語版
生年月日 (1989-07-01) 1989年7月1日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2015年6月2日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $515,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとロイヤルズ傘下時代編集

2008年MLBドラフト1巡目追補(全体36位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され[3]、6月15日に契約。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ロイヤルズでプロデビュー。12試合(先発9試合)に登板して2勝1敗、防御率1.69、34奪三振を記録した。

2009年はA級バーリントン・ビーズ英語版で12試合に登板後、7月22日にA+級ウィルミントン・ブルーロックスへ昇格。A+級ウィルミントンでは9試合に先発登板して4勝1敗、防御率2.25、46奪三振を記録した。

2010年はA+級ウィルミントンで開幕を迎え、4試合の先発登板で2勝0敗、防御率1.82、33奪三振と好投し、4月29日にAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズへ昇格した。しかし6月に左腕の故障で離脱。7月にルーキー級アリゾナリーグでリハビリを開始し、8月4日にAA級ノースウエストアーカンソーに復帰した。AA級ノースウエストアーカンソーでは13試合に先発登板して5勝4敗、防御率4.68、48奪三振を記録した。

2011年はAAA級オマハ・ストームチェイサーズで28試合(先発27試合)に登板して5勝11敗、防御率5.32、129奪三振を記録した。

2012年はAAA級オマハで開幕を迎えたが、17試合の先発登板で3勝6敗、防御率5.69、67奪三振と結果を残せず、7月11日にAA級ノースウエストアーカンソーへ降格した。AA級ノースウエストアーカンソーでは10試合に先発登板して2勝6敗、防御率6.67、44奪三振の成績を残した。オフの11月20日にロイヤルズとメジャー契約を結んで40人枠入りした[4]

レイズ傘下時代編集

2012年12月9日にウェイド・デービスジェームズ・シールズエリオット・ジョンソンとのトレードで、ウィル・マイヤーズジェイク・オドリッジパトリック・レナード英語版と共にタンパベイ・レイズへ移籍した[5]

2013年3月11日に傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ異動し、そのまま開幕を迎えた。しかし1戦目のノーフォーク・タイズ戦で、3.2回を5安打2失点と抑えられず、5月13日にA+級シャーロット・ストーンクラブズへ降格。A+級シャーロットで2試合に登板後に再びAAA級ダーラムへ昇格した。この年はメジャーへ昇格することができず、AAA級ダーラムで20試合(先発19試合)に登板して7勝8敗、防御率4.72、77奪三振を記録した。

2014年3月8日にAAA級ダーラムへ異動し、前年と同様AAA級で開幕を迎えた。この年もメジャーへ昇格できず、AAA級ダーラムで25試合に先発登板して10勝5敗、防御率4.29、98奪三振を記録した。

マリナーズ時代編集

 
シアトル・マリナーズ時代
(2015年7月5日)

2015年3月31日にエラスモ・ラミレスとのトレードで、シアトル・マリナーズへ移籍した[6]。4月2日に傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ異動し、開幕を迎えた。AAA級タコマでは9試合に登板して4勝3敗・防御率3.74の成績で、6月2日にメジャーへ初昇格した[7]。同日のニューヨーク・ヤンキース戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を4安打1失点4奪三振に抑えたが、後続がリードを守れず勝ち投手にはなれなかった[8]。3試合目の登板となった6月13日のヒューストン・アストロズ戦では、6回を1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた[9]。その後は先発ローテーションに定着し、6月23日のロイヤルズ戦で初完封勝利を挙げる[10]と、6月30日のサンディエゴ・パドレス戦では9回を1安打無失点に抑え、2試合連続となる完封勝利を記録[11]。二つの完封はこの年のリーグ最多タイとなった。しかし、7月5日のオークランド・アスレチックス戦を最後に勝ち星を挙げられず、8月30日にAAA級タコマへ降格した[12]。その後はAAA級タコマで2試合に登板したが、メジャーへ昇格することはなかった。この年メジャーでは16試合に先発登板して4勝6敗、防御率4.60、64奪三振を記録した。

2016年は主にリリーフで起用され、32試合中先発で投げたのは2試合だけだった。3勝4敗、防御率2.34、WHIP1.09、54奪三振と好投していた。

カブス時代編集

 
シカゴ・カブス時代
(2017年7月14日)

2016年7月20日にダン・ボーゲルバックポール・ブラックバーンとのトレードで、ジョーダン・プライーズ英語版と共にシカゴ・カブスへ移籍した[13]。カブス加入後は先発で起用される頻度も高まったが、それでもリリーフの比重が高く、12試合がリリーフ・5試合が先発登板だった。移籍後は38.1イニングで20四球と制球面でイマイチの感があったが、全体では防御率2.82と安定してはいた。マリナーズ時代との合算では、49試合に登板(うち7試合が先発登板)して防御率2.52・4勝5敗・WHIP1.17という好成績を記録した。また、クリーブランド・インディアンスとのワールドシリーズではシリーズ最終戦となった第7戦で108年ぶりの世界一を決める最後のアウトを奪い、日本でいう「胴上げ投手」となった[14]

2017年は前年移籍後以上に先発での登板が増え、44試合中14試合が先発登板であった。結果7勝8敗3セーブ、防御率3.38、WHIP1.21、奪三振100と、自己最多の勝ち星かつ自身初の100奪三振を記録した。

ロイヤルズ時代編集

2019年7月15日にマーティン・マルドナードとのトレードで、ロイヤルズへ移籍した[15]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 SEA 16 16 2 2 0 4 6 0 0 .400 395 90.0 92 11 37 1 4 64 10 0 49 46 4.60 1.43
2016 32 2 0 0 0 3 4 0 3 .429 250 61.2 49 3 18 2 6 54 5 0 18 16 2.34 1.09
CHC 17 5 0 0 0 1 1 0 2 .500 164 38.1 30 5 20 0 4 38 5 0 15 12 2.82 1.30
'16計 49 7 0 0 0 4 5 0 5 .429 414 100.0 79 8 38 2 10 92 10 0 33 28 2.52 1.17
2017 44 14 0 0 0 7 8 3 1 .467 540 130.2 103 10 55 4 8 100 7 0 52 49 3.38 1.21
2018 38 19 0 0 0 5 6 0 0 .455 534 124.0 131 10 39 4 7 86 4 0 58 55 3.99 1.37
2019 20 0 0 0 0 1 2 0 3 .333 123 27.0 35 6 13 1 0 18 0 0 18 17 5.67 1.78
KC 13 13 0 0 0 2 7 0 0 .222 279 64.0 78 12 21 0 4 51 3 0 37 33 4.64 1.55
'19計 33 13 0 0 0 3 9 0 3 .250 402 91.0 113 18 34 1 4 69 3 0 55 50 4.95 1.62
MLB:5年 180 69 2 2 0 23 34 3 9 .404 2285 535.2 518 57 203 12 33 411 34 0 247 228 3.83 1.35
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手(P)












2015 SEA 16 5 10 0 2 1.000
2016 32 3 3 2 0 .750
CHC 17 3 6 0 0 1.000
'16計 49 6 9 2 0 .882
2017 44 5 23 0 3 1.000
2018 38 16 22 1 1 .974
2019 20 2 5 0 0 1.000
KC 13 3 10 0 0 1.000
'19計 33 5 15 0 0 1.000
MLB 180 37 79 3 6 .975
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 37(2015年 - 2016年7月19日)
  • 38(2016年7月20日 - 2019年7月14日)
  • 21(2019年7月19日 - )

脚注編集

  1. ^ Mike Montgomery Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月26日閲覧。
  2. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ Royals complete first day of Draft”. MLB.com Royals Press Release (2008年6月5日). 2015年12月2日閲覧。
  4. ^ Royals set 40-man roster ahead of tonight’s deadline”. MLB.com Royals Press Release (2012年11月20日). 2015年12月2日閲覧。
  5. ^ Rays complete seven-player trade with Royals”. MLB.com Rays Press Release (2012年12月9日). 2015年12月2日閲覧。
  6. ^ Greg Johns (2015年3月31日). “Mariners deal Ramirez to Rays for Montgomery”. MLB.com. 2015年12月2日閲覧。
  7. ^ Mariners recall LHP Mike Montgomery from AAA Tacoma to start tonight's game vs. the New York Yankees”. MLB.com Mariners Press Release (2015年6月2日). 2015年12月2日閲覧。
  8. ^ Scores for Jun 2, 2015”. ESPN (2015年6月2日). 2015年12月2日閲覧。
  9. ^ Scores for Jun 13, 2015”. ESPN (2015年6月13日). 2015年12月2日閲覧。
  10. ^ Scores for Jun 23, 2015”. ESPN (2015年6月23日). 2015年12月2日閲覧。
  11. ^ Scores for Jun 30, 2015”. ESPN (2015年6月30日). 2015年12月2日閲覧。
  12. ^ Mariners recall RHP Mayckol from AAA Tacoma”. MLB.com Mariners Press Release (2015年8月30日). 2015年12月2日閲覧。
  13. ^ https://twitter.com/MLBRosterMoves/status/755901482688315392
  14. ^ Chicago Cubs win 2016 World Series” (英語). MLB.com (2016年11月3日). 2017年3月8日閲覧。
  15. ^ Jeff Arnold (2019年7月16日). “Cubs land Maldonado, deal Montgomery to KC” (英語). MLB.com. 2019年7月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集