メインメニューを開く

概要編集

スクーデリア・イタリアとの合併によりチーム体制を強化。ドライバーはピエルルイジ・マルティニ(ミナルディ)とミケーレ・アルボレート(スクーデリア・イタリア)というエース同士の組み合わせで、テストドライバーはルカ・バドエルであった。

開幕から5戦はM193Bを使用し、第6戦カナダグランプリからM194が投入された。その後11戦に出走したが、マルティニがフランスグランプリで獲得した2ポイントが唯一の得点であった。

チームは1994年シーズンに5ポイントを獲得したが、3ポイントはM193Bによる物であった。ポイント獲得は前半戦のみで、後半戦はステップドボトムなどのレギュレーション変更への対応に追われてしまった。

M194は翌1995年にはM195に変えられた。アルボレートは引退し、バドエルがレギュラードライバーとなった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1994年 ミナルディ フォード HBD
V8
G BRA
 
PAC
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
JPN
 
AUS
 
5* 10位
ピエルルイジ・マルティニ 9 5 10 Ret Ret 8 Ret 12 15 Ret 9
ミケーレ・アルボレート 11 Ret Ret Ret 7 9 Ret 13 14 Ret Ret

* 3ポイントはM193Bでの記録。

参照編集