メインメニューを開く

1994年日本グランプリ英語:1994 Japanese Grand Prix)は1994年のF1世界選手権第15戦として、11月6日に鈴鹿サーキットで決勝レースが開催された。

日本の旗 1994年日本グランプリ
レース詳細
Suzuka 1992 2003.svg
日程 1994年シーズン第15戦
決勝開催日 1994年11月6日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 鈴鹿
コース長 5.864km
レース距離 50周 (293.200km)
※53周 (310.792 km) より短縮
決勝日天候 雨(ウェット)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'37.209
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 デイモン・ヒル
タイム 1'56.597(Lap 26)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

ドライバーズチャンピオン争いはベネトンミハエル・シューマッハウィリアムズデイモン・ヒルを5ポイントリードして残り2戦を迎えた。このレースで差が10ポイントに拡がれば、最終戦を待たずシューマッハの初タイトルが決定する。

コンストクターズ部門もベネトンがウィリアムズを2ポイントリードするという接戦になっており、両チームのセカンドドライバーの働きも重要となっている。前戦よりウィリアムズにナイジェル・マンセルが復帰したのに対し、ベネトンもヨス・フェルスタッペンに替えて、このレースよりジョニー・ハーバートを起用した。

このレースでは3人の新人がF1デビューを果たす。ハーバートが抜けたリジェ国際F3000ランキング2位の新人フランク・ラゴルスを起用。チーム存続が不透明なロータスは、全日本F3000参戦中のミカ・サロ。国際F3000に参戦中の日本人の井上隆智穂シムテックからスポット参戦する。

5月のサンマリノGPで事故死したアイルトン・セナを偲び、決勝レース前にはセナの遺族が出席する追悼セレモニーが行われた。

予選編集

土曜日午前から降り出した雨により予選2回目のタイム更新が不可能となり、金曜日の予選1回目の暫定順位によってスターティンググリッドが決まった。シューマッハがポールポジション、ヒルが2位と、タイトルを争う2名がフロントロウに並び、3位にはザウバーハインツ=ハラルド・フレンツェンが割って入る大健闘を見せた。

日本人ドライバーは、今シーズン好調であった片山右京がチームメイトのマーク・ブランデルの次の14位に沈んだほか、野田秀樹が同じくチームメイトのエリック・コマスの次の23位、このレースがF1デビューとなる井上隆智穂は、チームメイトのデビッド・ブラバムの2つ次の26位となった。パシフィックの2台が予選落ちとなった。

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 5   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 1:37.209
2 0   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 1:37.696 +0.487
3 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーメルセデス 1:37.742 +0.533
4 2   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 1:37.768 +0.559
5 6   ジョニー・ハーバート ベネトンフォード 1:37.828 +0.619
6 15   エディ・アーバイン ジョーダンハート 1:37.880 +0.671
7 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1:37.907 +0.698
8 7   ミカ・ハッキネン マクラーレンプジョー 1:37.998 +0.789
9 8   マーティン・ブランドル マクラーレンプジョー 1:38.076 +0.877
10 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンハート 1:38.533 +1.324
11 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1:38.570 +1.361
12 10   ジャンニ・モルビデリ フットワークフォード 1:39.030 +1.821
13 4   マーク・ブランデル ティレルヤマハ 1:39.266 +2.057
14 3   片山右京 ティレルヤマハ 1:39.462 +2.253
15 29   J.J.レート ザウバーメルセデス 1:39.483 +2.274
16 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 1:39.548 +2.339
17 12   アレッサンドロ・ザナルディ ロータス無限ホンダ 1:39.721 +2.512
18 9   クリスチャン・フィッティパルディ アロウズフォード 1:39.868 +2.659
19 26   オリビエ・パニス リジェルノー 1:40.042 +2.833
20 25   フランク・ラゴルス リジェルノー 1:40.577 +3.368
21 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディフォード 1:40.652 +3.443
22 20   エリック・コマス ラルースフォード 1:40.978 +3.769
23 19   野田英樹 ラルースフォード 1:40.990 +3.781
24 31   デビッド・ブラバム シムテックフォード 1:41.659 +4.450
25 11   ミカ・サロ ロータス無限ホンダ 1:41.805 +4.596
26 32   井上隆智穂 シムテックフォード 1:45.004 +7.795
DNQ 34   ベルトラン・ガショー パシフィックイルモア 1:46.374 +9.165
DNQ 33   ポール・ベルモンド パシフィックイルモア 1:46.629 +9.420

決勝編集

1987年の鈴鹿初開催以来初めてフルウェットコンディションでのレースとなった[1]。スタート後に雨はより激しくなり、アクアプレーニングによりあちこちでスピンやコースアウトするマシンが続出。スピンした野田がその後エンジントラブルを起こし最初のラップで姿を消し、翌周には3位を走るフィレンツェンがコースアウトし順位を落とし、3周目には「川」ができたホームストレート上でハーバート、井上、片山が相次いでクラッシュし、足を痛めた片山はオフィシャルに抱えられながらピットレーンへ退避した。

コース上が危険な状態になったと判断されたため、4周目から7周に渡ってセーフティーカーが出動した。上位はミハエル・シューマッハ、デイモン・ヒル、ジャン・アレジ、ナイジェル・マンセル、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・ハッキネンという隊列で走行した。

レース再開後の13周目、ダンロップコーナー出口でフットワークのジャンニ・モルビデリがクラッシュ。直後に同じ場所でマクラーレンのマーティン・ブランドルもスピンし、タイヤバリアにクラッシュした。その際、モルビデリ車の撤去作業を行っていたコースマーシャルをブランドルのマシンが跳ね、マーシャルが脚を骨折する重傷を負ってしまう。コース上に救急車が入るためレースは赤旗中断となり、レースディレクターとチーム代表が集まって中止か続行かを議論した。結局、雨足が弱まるのを待って、25分後に2ヒート制で再開されることになった。

2ヒート目は安全のためローリングスタートで再開された。赤旗の時点では、シューマッハが2位のヒルに6.8秒の差をつけてトップに立っていた。2ヒート制の場合、コース上の見かけ上の順位ではなく、両ヒートの合計タイムで最終順位が決定するタイムレースとなる。再スタート後もシューマッハが先行したが、ベネトンが予定通り2回ピットストップ作戦を遂行したのに対して、ウィリアムズはヒルのピットストップを1回にしてタイムの逆転を狙った。

シューマッハは18周目に最初のピットストップを行うが、後続の車列に入ってしまいタイムを失った。ヒルは25周目に最初で最後のピットインを行い、見かけ上でも合計タイムでもトップのままコースに復帰した。その後、搭載燃料の軽いシューマッハはペースを上げ、36周目には合計タイムでヒルを逆転したが、40周目に2回目のピットストップを行い、10周を残してヒルが14秒余り先行した。

ふたりの差が6.8秒以内に縮まればシューマッハの優勝となるため、ニュータイヤを履いたシューマッハは1周につき1秒以上速いペースでヒルを追い上げた。しかし、ヒルは濡れた路面と消耗したタイヤ[2]という厳しい状況を乗り切り、シューマッハより10.1秒先にフィニッシュし、合計タイムでは3.365秒差でヒルに軍配が挙がった。

ベネトンは得意のピット戦術で不覚を取ったが、シューマッハは潔く敗戦を認めた。ヒルはシューマッハと渡り合っての勝利で、チャンピオン候補として資質を問う声を払拭した。後にウィリアムズのパトリック・ヘッドは「ヒルの走りの中で最高のレースだった」と語った。これによりタイトル争いはわずか1ポイント差で最終戦オーストラリアGPに持ち越されることになった。

3位争いはアレジとマンセルがテール・トゥ・ノーズの激しいバトルを展開。最終ラップのシケインでマンセルがアレジをパスしたが、合計タイムの関係で3位アレジ、4位マンセルの順となった。5位にジョーダンのエディ・アーバイン、6位にザウバーのフレンツェンが入り、ここまでが入賞となった。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 0   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 50 1:55:53.532 2 10
2 5   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 50 +3.365 1 6
3 27   ジャン・アレジ フェラーリ 50 +52.045 7 4
4 2   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 50 +56.074 4 3
5 15   エディ・アーバイン ジョーダンハート 50 +1:42.107 6 2
6 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーメルセデス 50 +1:59.863 3 1
7 7   ミカ・ハッキネン マクラーレンプジョー 50 +2:02.985 8  
8 9   クリスチャン・フィッティパルディ フットワークフォード 49 +1 Lap 18  
9 20   エリック・コマス ラルースフォード 49 +1 Lap 22  
10 11   ミカ・サロ ロータス無限ホンダ 49 +1 Lap 25  
11 26   オリビエ・パニス リジェルノー 49 +1 Lap 19  
12 31   デビッド・ブラバム シムテックフォード 48 +2 Laps 24  
13 12   アレッサンドロ・ザナルディ ロータス無限ホンダ 48 +2 Laps 17  
Ret 4   マーク・ブランデル ティレルヤマハ 26 エンジン 13  
Ret 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンハート 16 ギアボックス 10  
Ret 8   マーティン・ブランドル マクラーレンプジョー 13 スピン 9  
Ret 10   ジャンニ・モルビデリ フットワークフォード 13 スピン 12  
Ret 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 10 イグニッション 11  
Ret 25   フランク・ラゴルス リジェルノー 10 スピン 20  
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 10 接触 16  
Ret 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディフォード 10 スピン 21  
Ret 6   ジョニー・ハーバート ベネトンフォード 3 スピン 5  
Ret 3   片山右京 ティレルヤマハ 3 スピン 14  
Ret 32   井上隆智穂 シムテックフォード 3 スピン 26  
Ret 6   J.J.レート ザウバーメルセデス 0 エンジン 15  
Ret 19   野田英樹 ラルースフォード 0 エンジン 23  

脚注編集

  1. ^ 前年はレース中通り雨が降ったが、レース後半は天候が回復した。
  2. ^ ピットストップ時に右リアのナットが外れなかったため、右後輪はスタートから無交換で走りきった。
前戦
1994年ヨーロッパグランプリ
FIA F1世界選手権
1994年シーズン
次戦
1994年オーストラリアグランプリ
前回開催
1993年日本グランプリ
  日本グランプリ次回開催
1995年日本グランプリ