メインメニューを開く

1994年モナコグランプリ (LII Grand Prix Automobile de Monaco) は、1994年F1世界選手権の第4戦として、1994年5月15日にモンテカルロ市街地コースで開催された。

モナコの旗 1994年モナコグランプリ
レース詳細
1994年F1世界選手権全16戦の第4戦
Circuit de Monaco 1986.png
日程 1994年シーズン
決勝開催日 5月15日
正式名称 LII Grand Prix Automobile de Monaco
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコ公国 モンテカルロ
コース Street circuit
コース長 3.328
レース距離 259.584
決勝日天候 Sunny
ポールポジション
ドライバー ベネトン-フォード
タイム 1:18.560
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード
タイム 1:21.076 (35周目)
決勝順位
優勝 ベネトン-フォード
2位 マクラーレン-プジョー
3位 フェラーリ

目次

背景編集

前戦サンマリノGPにおいてアイルトン・セナローランド・ラッツェンバーガーが死亡したことで、FIAは安全確保のための改正規則を発表した。その大半はモナコGPの後に導入される予定であったが、ピットレーンにおける制限速度は本GPから実施された。

ドライバー側も安全に対する協議の場として、休眠状態であったグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション (GPDA) を復活させ、セナとラッツェンバーガーの友人だったゲルハルト・ベルガーが取りまとめ役となってミーティングを行った。

セナとラッツェンバーガーに対する追悼の印として、FIAは第1、第2グリッドを空席とし、セナの母国ブラジルおよびラッツェンバーガーの母国オーストリア国旗をペイントした。1959年アメリカグランプリ以来初めて、元世界チャンピオンおよび元モナコグランプリ勝者が参加しないレースとなった。またこのレースではシューマッハ、ヒル、ベルガー、アルボレートの4人のみが優勝経験のあるドライバーであった。

セナの所属チームであったウィリアムズおよびラッツェンバーガーが所属したシムテックは共に、レース週末に走らせた車両は1台のみであった。

エディ・アーバインは開幕戦ブラジルグランプリでのクラッシュ原因を作ったとして3戦の出場停止を命じられ、このレースが停止3戦目であった。彼の代わりとしてアンドレア・デ・チェザリスがジョーダンをドライブした。アーバインはESPNのピットレポーターを務めている[1]

予選編集

ミハエル・シューマッハがそのキャリアにおける初のポールポジションを獲得した。ミカ・ハッキネンが2番手についたが、これは彼のこれまでにおける予選最高位であった。

カール・ヴェンドリンガーはヌーベル・シケインで大きくクラッシュしレースを欠場することとなる。彼はおよそ280km/hの速度で壁に接触した。ヴェンドリンガーは数週間昏睡し、そのF1キャリアが脅かされた。ザウバーチームは、この事故の後にレースからの撤退を決定した。

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2
1 5   ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード 1:20.230 1:18.560
2 7   ミカ・ハッキネン マクラーレン-プジョー 1:21.881 1:19.488 +0.928
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1:22.038 1:19.958 +1.398
4 0   デイモン・ヒル ウィリアムズ-ルノー 1:22.605 1:20.079 +1.519
5 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1:22.521 1:20.452 +1.892
6 9   クリスチャン・フィッティパルディ フットワーク-フォード 1:23.588 1:21.053 +2.493
7 10   ジャンニ・モルビデリ フットワーク-フォード 1:23.580 1:21.189 +2.629
8 8   マーティン・ブランドル マクラーレン-プジョー 1:21.580 1:21.222 +2.662
9 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 1:23.162 1:21.288 +2.728
10 4   マーク・ブランデル ティレル-ヤマハ 1:23.522 1:21.614 +3.054
11 3   片山右京 ティレル-ヤマハ 1:24.488 1:21.731 +3.171
12 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディ-フォード 1:25.421 1:21.793 +3.233
13 20   エリック・コマス ラルース-フォード 1:23.514 1:22.211 +3.651
14 15   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダン-ハート 1:24.519 1:22.265 +3.701
15 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダン-ハート 1:24.731 1:22.359 +3.799
16 12   ジョニー・ハーバート ロータス-無限ホンダ 1:24.103 1:22.375 +3.815
17 6   J.J.レート ベネトン-フォード 1:23.885 1:22.679 +4.119
18 19   オリビエ・ベレッタ ラルース-フォード 1:24.126 1:23.025 +4.465
19 11   ペドロ・ラミー ロータス-無限ホンダ 1:25.859 1:23.858 +5.298
20 26   オリビエ・パニス リジェ-ルノー 1:25.115 1:24.131 +5.571
21 25   エリック・ベルナール リジェ-ルノー 1:27.694 1:24.377 +5.817
22 31   デヴィッド・ブラバム シムテック-フォード 1:26.690 1:24.656 +6.096
23 34   ベルトラン・ガショー パシフィック-イルモア 1:48.173 1:26.082 +7.522
24 33   ポール・ベルモンド パシフィック-イルモア 1:29.984 8:36.897 +11.424
WD 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-メルセデス
WD 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバー-メルセデス

決勝編集

予選2位のミカ・ハッキネンと4位のデイモン・ヒルはスタート直後に1コーナーで接触し、両者ともリタイアした。

レースは終始ミハエル・シューマッハによってリードされた。シューマッハは今シーズン、開幕から連勝を続けており、このレースも制したことで4連勝となった。また、シューマッハはファステストラップも記録し、そのキャリアにおける初のグランド・スラムを達成したことになる。さらに、フリー走行を含む全走行で1位を獲得し、レースも1度もトップを譲らない快挙を成し遂げた。1983年以来モナコグランプリアラン・プロストとアイルトン・セナによって勝利が分けられていたが、シューマッハはセナ、プロスト以外に勝利した初のドライバーとなった。

2位にはセナのイギリスF3時代のライバルであるマーティン・ブランドル、3位には母国オーストリアの後輩ラッツェンバーガーとヴェンドリンガー、そしてセナの相次ぐ事故に心を痛めるゲルハルト・ベルガーが入った。

ミナルディのミケーレ・アルボレートは6位に入り、1ポイントを獲得した。これは彼のF1経歴における最後のポイント獲得となった。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 5   ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード 78 1:49:55.372 1 10
2 8   マーティン・ブランドル マクラーレン-プジョー 78 +37.278 8 6
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 78 +1:16.824 3 4
4 15   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダン-ハート 77 +1 Lap 14 3
5 27   ジャン・アレジ フェラーリ 77 +1 Lap 5 2
6 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディ-フォード 77 +1 Lap 12 1
7 6   J.J.レート ベネトン-フォード 77 +1 Lap 17  
8 19   オリビエ・ベレッタ ラルース-フォード 76 +2 Laps 18  
9 26   オリビエ・パニス リジェ-ルノー 76 +2 Laps 20  
10 20   エリック・コマス ラルース-フォード 75 +3 Laps 13  
11 11   ペドロ・ラミー ロータス-無限ホンダ 73 +5 Laps 19  
リタイア 12   ジョニー・ハーバート ロータス-無限ホンダ 68 ギアボックス 16  
リタイア 33   ポール・ベルモンド パシフィック-イルモア 53 体調 24  
リタイア 34   ベルトラン・ガショー パシフィック-イルモア 49 ギアボックス 23  
リタイア 9   クリスチャン・フィッティパルディ フットワーク-フォード 47 ギアボックス 6  
リタイア 31   デヴィッド・ブラバム シムテック-フォード 45 エンジン 22  
リタイア 4   マーク・ブランデル ティレル-ヤマハ 40 エンジン 10  
リタイア 3   片山右京 ティレル-ヤマハ 38 ギアボックス 11  
リタイア 25   エリック・ベルナール リジェ-ルノー 34 スピン 21  
リタイア 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダン-ハート 27 電気系 15  
リタイア 7   ミカ・ハッキネン マクラーレン-プジョー 0 接触 2  
リタイア 0   デイモン・ヒル ウィリアムズ-ルノー 0 接触 4  
リタイア 10   ジャンニ・モルビデリ フットワーク-フォード 0 接触 7  
リタイア 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 0 接触 9  
WD 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-メルセデス   撤退  
DNS 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバー-メルセデス   負傷  

第4戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集