ミニオンズ(Minions) は、2015年公開のアメリカ合衆国3Dコンピュータアニメーションコメディ映画[3]イルミネーション・エンターテインメントイルミネーション・マック・ガフが組んだ怪盗グルーシリーズスピンオフ作品で、『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010年)、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013年)に登場したミニオンを主人公にしている。ミニオンたちが怪盗グルーと出会うまでを描いている[4]

ミニオンズ
Minions
Minions (film) yellow logo.svg
英語版ロゴ
監督 ピエール・コフィン
カイル・バルダ
脚本 ブライアン・リンチ
原案 セルジオ・パブロス英語版
製作 クリス・メレダンドリ英語版
ジャネット・ヒーリー
ナレーター ジェフリー・ラッシュ
出演者 サンドラ・ブロック
ジョン・ハム
スティーブ・クーガン
マイケル・キートン
マイケル・ビーティー
アリソン・ジャネイ
ケイティー・ミクソン
音楽 ヘイター・ペレイラ英語版
編集 クレア・ドジソン
製作会社 イルミネーション・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2015年6月11日 (ロンドンでのワールドプレミア)
アメリカ合衆国の旗 2015年7月10日
日本の旗 2015年7月31日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $74,000,000[1]
興行収入 世界の旗$1,159,094,243[1]
日本の旗52.1億円[2]
前作 怪盗グルーのミニオン危機一発
次作 ミニオンズ:アルバイト大作戦(短編)
怪盗グルーのミニオン大脱走
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

海で暮らす単細胞生物だったミニオンたちは、種別関係なしに最強最悪の主に仕えることを生きがいとし、地球史の中でティラノサウルス原始人エジプトファラオ吸血鬼ナポレオンといった様々な悪党や実力者に仕えてきた。だがミニオンたちの主となった者は皆、彼らが起こしたアクシデントに巻き込まれ、ことごとく死んでいった。仕えるべき主を次々と失った彼らは、偶然見つけた氷の洞窟内に居場所を移し、新しい生活を始めようとするものの、主のいない生活にやる気をなくしていた。

1968年、こうした状況を改善すべく立ち上がったケビンは、仲間のスチュアートとボブとともに、新たなる主を求めて旅立ち、ニューヨーク市へたどり着く。そこで彼らは、フロリダ州オーランドで“大悪党大会”が開かれていることを知って会場へ向かい、大悪党スカーレット・オーバーキルと出会う。ケビンたちをイギリスロンドンへと連れてきた彼女は、彼らにエリザベス女王から王冠を盗んでくるよう指示を与える。彼女は王冠を手に入れることにより、自分がイギリスの君主となることを目論んでいたのだった。

早速ケビンたちはスカーレットの指示通り王冠を盗もうとするが、その際ボブが偶然伝説の剣エクスカリバーを引き抜いてしまい、ボブはイギリスの国法に従い、新しいイギリスの君主として即位してしまう。これを知ったスカーレットは、ケビンたちが裏切ったと思い込む。

登場人物編集

ミニオン・ケビン
ピエール・コフィン / 多田野曜平
背が高く目は二つ、頭頂から飛び出た逆毛が特徴のミニオン。慎重な計画を練る思慮深さとリーダーシップがあり、仲間達のために新たなボスを探しに旅に出る。周りの失敗に対してモノマネでからかうなど、多少見下しているような態度をとることもあるが、仲間を身を挺して守る男気も持ち合わせている。
ミニオンたちの中では、人間の言葉の片言(スペイン語“Para tu”(どうぞ、君のだ)、“Uno”(一つ)、日本語”Kampai”(乾杯)など)が比較的上手く話せ、大人の人間に化けロンドン塔に入場する。
怪盗グルーのミニオン危機一発』にも登場している。モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の長女・マーゴ。
ミニオン・スチュアート
声:ピエール・コフィン / 青山穣
背は標準で目は一つ、真ん中分けのヘアスタイルのミニオン。常にウクレレを持ち歩いており、ロックスターになることを夢見ている。ボス探しにはあまり興味がなく、周りに乗せられるまま旅のメンバーになる。ケビン・ボブをバナナと見間違えて食べようとするほどバナナ好き。
怪盗グルーの月泥棒 3D』『怪盗グルーのミニオン危機一発』にも登場しており、シリーズ3作全てに登場する唯一のミニオン。モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の次女・イディス。
ミニオン・ボブ
声:ピエール・コフィン / 佐藤せつじ
背が小さく、目は二つのオッドアイ、毛の生えていないミニオン。やる気はありボス探しに真っ先に立候補するが、ケビンに「ヤワすぎる」と思われており、なかなか認めてもらえなかった。テディベアにティムと名付け大事にしていたり、自分より小さい生き物にプチと名付け可愛がったりと、無邪気で純粋。
怪盗グルーのミニオン危機一発』エンディングロールにも登場しているが、デザインが若干異なっている。モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の末っ子・アグネス。
スカーレット・オーバーキル
声:サンドラ・ブロック / 天海祐希
悪党界に彗星の如く現れたカリスマ女怪盗。幼少期は髪を結い、歯を矯正しているような普通の女の子だったが、13歳になる頃には悪の帝国を築き上げた犯罪の天才。スカート部分が兵器に変形する特殊な赤いドレスを常に身にまとっている。
幼い頃からお姫様になることを夢見ており、エリザベス女王の王冠とイギリス君主の立場に非常に執着している。大悪党大会にて、ミニオンズの3人を自らの右腕として迎え入れる。
ハーブ・オーバーキル
声:ジョン・ハム / 宮野真守
スカーレットの夫で発明家。スカーレット曰く「超天才でセクシー」。普段はキザな態度だが、アイデアが閃くと突然はしゃぎだすなど実は陽気な性格で、自らの仕込みネタをひけらかさずにはいられない正直さも持つ。
スカーレットのことは心から愛しており、彼女が女王になることを何より願っている。ミニオンズに発明品である「意外と伸び伸びスーツ」「溶岩飛ばし銃」「催眠帽子」を与える。
エリザベス女王
声:ジェニファー・ソーンダース / 雨蘭咲木子
イギリス君主。スカーレットは彼女の大ファン。見た目は上品で穏やかだが、パレード中に王冠を盗むため乗り込んできたスチュアートを逆に返り討ちにするなど、実はパワフルな女性。ボブに王位を奪われたあとも、屈強な男たち相手に腕相撲で圧勝しながらバーで大酒を飲んでいた。
マージ・ネルソン
声:アリソン・ジャネイ / LiSA
強盗一家の母親。ヒッチハイクのミニオンたちを車に乗せてくれ、「悪いやつに拾われなくてよかった」と語るなど、悪党のわりに親切で友好的。
ウォルター・ネルソン
声:マイケル・キートン / 設楽統
強盗一家の父親。「大悪党大会」に行くため、家族を車に乗せオーランドに向かう。幼い子供たちに銀行強盗を手伝わせるなど、英才教育をしている。警察の妨害をしたケビンたちを褒める。
ウォルター・ネルソン・ジュニア
声:マイケル・ビーティ / 日村勇紀
強盗一家の長男。大柄な腕白坊主だが、ミニオンたちを隣に座らせたり、お菓子をくれたお礼を言うなど、見かけによらず優しい。
ティナ・ネルソン
声:ケイティ・ミクソン / 藤田彩華
強盗一家の長女。銀行襲撃の際に失敗して嘆くが、「パパも昔はドジだった」と慰められた。
強盗一家には他にまだ赤ん坊とペットの猫がいて、犯行時に彼らはミニオンズと車内で留守番をさせられる。
コスプレ男(Wannabe)
オーランドでもロンドンでも現れたスカーレットの大ファン。いつも彼女と同じ仮装をしている。
古代魚(Hexanchus)
微生物だったミニオンたちの水中での最後のボス。ボスとともに、ミニオンたちも海からに上がる。最期は陸に上がった瞬間ティラノサウルスに踏み潰される。
ファラオ(Pharaoh)
紀元前にミニオンが仕えた文明人の最初のボス。ピラミッド建造時にミニオンの不手際で事故死。
雪男(Antarctic Yeti)
スカーレットに出会う前のミニオンたちのボス。例によってミニオン自身のドジで殺してしまい、怒った雪男の家族からミニオンは追放され、ボスなしの暮らしが始まる。
グルー(Young Gru)
声:スティーヴ・カレル / 笑福亭鶴瓶
怪盗グルーシリーズの主人公で後のミニオンズ達のボス。実は大悪党大会に遊びに来て『冷凍光線銃』の一般公開を見ており、この時はミニオンズ達の存在を知らなかった。
ラストはスカーレットを出し抜き、王冠を盗み出し、ミニオンズ達に気に入られる。まだ若く、髪の毛がある。

キャスト編集

役名 原語版 日本語吹替版
ミニオン・ケビン ピエール・コフィン 多田野曜平
ミニオン・スチュアート 青山穣
ミニオン・ボブ 佐藤せつじ
スカーレット・オーバーキル サンドラ・ブロック 天海祐希
ハーブ・オーバーキル ジョン・ハム 宮野真守
フラックス教授 スティーブ・クーガン
ウォルター・ネルソン マイケル・キートン 設楽統
バナナマン
マージ・ネルソン アリソン・ジャネイ LiSA
ウォルターJr.・ネルソン マイケル・ビーティ 日村勇紀
(バナナマン)
ティナ・ネルソン ケイティ・ミクソン 藤田彩華
グルー スティーヴ・カレル 笑福亭鶴瓶
ナレーター ジェフリー・ラッシュ 真田広之
VNCスポークスマン マイケル・ビーティ 山寺宏一
エリザベス女王 ジェニファー・ソーンダース 雨蘭咲木子
王冠係 スティーブ・クーガン 銀河万丈
英キャスター ポール・ソーンリー 青山穣
ファブリース デイヴ・ローゼンバウム 日村勇紀
ホスト 佐藤せつじ
魚人ギョギョーン アンディ・ナイマン 多田野曜平
ビッグ・グーン 間宮康弘
どうも・ザ・スモウ 真田広之 小林達也
窓口女性 高乃麗
エージェント 安達忍
馬車の女 神代知衣
隙っ歯悪党 辻本耕志
剣悪党 吉田ウーロン太
釣り餌店員 竹森千人
男ヒッピー 赤坂柾之
駅構内放送 斎藤寛仁
悪党 中島ヨシキ

日本語版制作スタッフ編集

  • 演出:宇出喜美
  • 翻訳:中村久世
  • 調整:金谷和美
  • 録音:槇洋介/都築寿文
  • 録音スタジオ:スタジオ・ユニ/サウンドインスタジオBang Zoom Entertainment
  • ダビングスタジオ:東京テレビセンター
  • 制作担当:高橋正浩/沖田真梨子/大塚慶介(ニュージャパンフィルム)
  • プロデューサー:安達佳孝/三樹祐太/松尾亘(東宝東和)

評価編集

興行収入編集

『ミニオンズ』の全世界での興行収入は11億5707万ドル(北米で3億3584万ドル、それ以外で8億2123万ドル)に達し[1]、『アナと雪の女王』に次ぐ世界歴代2番目に興行収入の多かったアニメーション映画となった。 日本国内での興行収入は52.3億円を記録し[5]、これまで国内で公開されたディズニー/ピクサーを除くハリウッド・アニメーションでは過去最高興収となった。

受賞編集

映画賞 結果
2015年 第33回ゴールデングロス賞 外国映画部門 優秀銀賞 受賞[6]
2016年 第27回アメリカ製作者組合賞[7] アニメーション映画部門 未決定
2016 キッズ・チョイス・アワード[8] お気に入りのアニメ映画 未決定

トリビア編集

作中では、1968年という時代設定を踏まえた場面が随所に挿入されている。

サウンドトラック編集

公式サウンドトラックがバックロット・ミュージックより2015年7月10日にリリースされた。日本未発売。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「Universal Fanfare」    
2. 「Happy Together」    
3. 「I'm a Man」    
4. 「You Really Got Me」    
5. 「My Generation」    
6. 「Mellow Yellow」    
7. 「Revolution」    
8. 「Minions Through Time」    
9. 「Kevin, Stuart and Bob」    
10. 「Minions Run Amok」    
11. 「Tortellini」    
12. 「The VNC」    
13. 「Minions in the U.S.A.」    
14. 「Orlando」    
15. 「Scarlet Overkill」    
16. 「Ruby Fight」    
17. 「Make 'Em Laugh」    
18. 「Scarlet's Fortress」    
19. 「Traveling Tribe」    
20. 「Tower of London」    
21. 「Hair」    
22. 「Fighting the Crown Keeper」    
23. 「King Bob」    
24. 「(Theme From) The Monkees」    
25. 「Dungeon Mayhem」    
26. 「Goodbye Fabrice」    
27. 「Minion Mission」    
28. 「Sneaking In」    
29. 「King Kong Kevin」    
30. 「Our Hero Is Back」    
31. 「Minions Victory」    
32. 「Greatest Renegade Unveiling (GRU)」    
合計時間:

ミニオン・パーク / ミニオンズラン編集

2017年4月21日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™️にて「ミニオン・パーク」がグランドオープン。アトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」を始めとした、様々なショップなどで構成されている。

ミニオン・ハチャメチャ・ライド 詳細
タイプ ライド・アトラクション
所要時間 18分
身長制限 付き添い者同伴なしの場合は122cm以上、付き添い者同伴ありの場合は102cm以上

2017年6月2日には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™にて「ミニオンズラン」が開催される。

参加者は事前に配布されるミニオンの衣装を身にまとい、謎解き体験する体験型イベント。

このイベントは、2017年6月2日以降も日本全国各地やアジア圏で開催される予定。

テレビ放送編集

2017年8月11日フジテレビ系列の『金曜プレミアム』で地上波初放送された。

脚注編集

外部リンク編集