メインメニューを開く

SCG ムアントン・ユナイテッドFCタイ語: สโมสรฟุตบอลเอสซีจี เมืองทอง ยูไนเต็ด, 英語: SCG Muangthong United Football Club)は、タイ中部、ノンタブリー県ムアントンタニ(en:Muang Thong Thani)をホームタウンとする、タイプロサッカーリーグ(タイ・プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

ムアントン・ユナイテッドFC
原語表記 SCG Muangthong United Football Club
สโมสรฟุตบอลเอสซีจี เมืองทอง ยูไนเต็ด
愛称 Twin Qilin
(กิเลนผยอง)
クラブカラー 赤・黒・白
創設年 1989年
所属リーグ タイ・リーグ1
ホームタウン ノンタブリー県ムアントンタニ
ホームスタジアム SCGスタジアム
収容人数 13,000
監督 タイ王国の旗 トッチャタウァン・スリーパーン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

1989年に創立した。ホームタウンはノンタブリー県ムアントンタニ(en:Muang Thong Thani)である。

実力・人気・資金力を兼ね備えたTPLを代表するビッグクラブ。近年はブリーラム・ユナイテッドFCチョンブリーFCの3クラブ間で激しいタイトル争いを演じており、この3クラブが絡むカードはプラチナ・チケットとなるほど注目が高い。

歴史編集

2007年

2007年にディヴィジョン2リーグ(3部)で優勝した。

2008年

2008年にはタイ・ディヴィジョン1リーグ(2部)で優勝した。

2009年

2009年にタイ・プレミアリーグに昇格した。昇格1年目の2009年にタイ・プレミアリーグで初優勝。

2010年

2010年シーズンには、リーグ連覇を達成した。

タイトル編集

過去の成績編集

年度 所属 順位 FAカップ リーグカップ コー・ロイヤルカップ ACL AFCカップ
2007 ディヴィジョン2 1位 22 50 15 5 2 39 19
2008 ディヴィジョン1 1位 30 65 19 8 3 58 17
2009 プレミア 1位 30 65 19 8 3 48 20 3回戦
2010 プレミア 1位 30 67 20 7 3 64 19 準優勝 3回戦 優勝 プレーオフ決勝 ベスト4
2011 プレミア 3位 34 60 17 9 8 54 32 準優勝 ベスト8 準優勝 プレーオフ準決勝 ベスト8
2012 プレミア 1位 34 84 25 9 0 78 31 ベスト8 ベスト8
2013 プレミア 2位 32 71 21 8 3 61 33 ベスト4 3回戦 準優勝 グループリーグ
2014 プレミア - 38 準優勝 プレーオフ3回戦

アジアでの成績編集

年度 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
2010 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ準決勝   ダナン 3-0 3-0
プレーオフ決勝   アームド・フォーシズ 0-0 (延長) 0-0 (PK 3-4)
2010 AFCカップ グループG   南華 0-1 0-0 2位
  VBスポーツクラブ 3-1 3-2
  ペルシワ・ワメナ 4-1 2-2
ラウンド16   アル・ラーヤン 1-1 (延長) 1-1 (PK 4-2)
準々決勝   アル・カラーマ 2-0 0-1 2-1
準決勝   アル・イテハド 1-0 0-2 1-2
2011 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ準決勝   スリウィジャヤ 2-2 (延長) 2-2 (PK 6-7)
2011 AFCカップ グループG   ハノイT&T 4-0 0-0 1位
  タンピネス・ローバース 4-0 1-1
  ヴィクトリー 1-0 4-0
ラウンド16   アル・アヘド 4-0 4-0
準々決勝   アル・クウェート 0-0 0-1 0-1
2013 AFCチャンピオンズリーグ グループF   全北現代モータース 2-2 0-2 4位
  浦和レッドダイヤモンズ 0-1 1-4
  広州恒大 1-4 0-4
2014 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ2回戦   ハノイT&T 2-0 2-0
プレーオフ3回戦   メルボルン・ビクトリー 1-2 1-2

現所属メンバー編集

2015年7月22日現在
No. Pos. 選手名
1   GK カウィン・タンマサッチャーナン (第3主将)
2   DF テーラトン・ブンマタン
3   DF トッサポン・ラーテート
4   MF ピヤポン・パーニチャクル
5   DF 青山直晃
7   MF ダッサコーン・トンラオ ( )
8   DF アーテット・ダオサワング
10   FW ティーラシン・デーンダー (副主将)
15   MF 李 浩
16   MF サーラット・ユーイェン
20   MF マリオ・ジュロヴスキー
No. Pos. 選手名
21   MF パティワット・スークジザムマクル
22   FW チャンナナン・ポームバファ
23   FW クレイトン・シウバ
24   MF カシデート・ウェータヤーウォン
25   MF ティティパン・プアンチャン
27   DF サラーウット・カンラヤーナバンディット
28   DF スリヤー・シンムイ
30   GK チャクリー・ニムヌアン
37   DF スポーン・ピーナカーターポー
39   GK ウィサヌサック・ケーオルアン

※星印は外国人選手を示す。

監督

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
2   DF ピーラパット・ノットチャイヤー (BECテロ・サーサナFC)
17   MF タナブーン・ケーサーラット (BECテロ・サーサナFC)
No. Pos. 選手名
18   MF チャナティップ・ソングラシン (BECテロ・サーサナFC)
out
No. Pos. 選手名
--   GK カンポン・パトムアッカクン (ナコーンラーチャシーマー)
--   DF マテイ・ラプニック (ノンタブリー)
--   MF サラウット・マスク (ナコーンラーチャシーマー)
--   MF ディアッラ・アリ (ポート)
--   MF パトンポン・チャルーンラタナーピロム (アユタヤ)
No. Pos. 選手名
--   MF パティパン・ピンサーンスーツリ (パタヤ・ユナイテッド)
--   FW チャヤワット・シーナーウォン (PTTラヨーン)
--   FW チャイナロン・タートーン (オーソットサパー)
--   DF ウィーラウット・カーイェム (PTTラヨーン)

スタジアム編集

 
SCGスタジアム
  • ホームスタジアムはタイ王国ノンタブリー県のサンダードーム・スポーツコンプレックス内にある[1]サッカー専用スタジアムである。
  • タイ王国初のサッカー専用スタジアムとして建設された。テニスのタイ・オープンが行われるインパクト・アリーナに隣接している。収容人数は13,000人〜15,000人。当初の名前はサンダードーム・スタジアムだったが、2009年に命名権取得によりヤマハスタジアムと名称が変更になった。2012年2月に「シャム・セメント・グループ(SCGグループ)」が6億バーツで命名権を取得し、現在はSCGスタジアムと呼ばれている。
  • スタジアムはサッカー専用で非常にピッチが近く臨場感抜群。サポーターも非常に多く、TPLではあまり見られないコレオグラフィを用いたり、スタンド別にコールを回すなどサポーターの応援も洗練されている。

提携クラブ編集

脚注編集

  1. ^ สิงห์ ฟุตบอล ปาร์ค “Kick Off Your Passion” thunderdomesports.com(タイ語)
  2. ^ 浦和と対戦するムアントン・ユナイテッドの実力とは?”. フットボールチャンネル (2013年3月11日). 2013年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集