メインメニューを開く

ラシャ・スラカ(Raša Sraka 1979年10月10日- )は、スロベニアリュブリャナ出身の柔道選手。階級は70kg級。身長174cm[1]

獲得メダル

ラシャ・スラカ
スロベニアの旗 スロベニア
柔道
世界柔道選手権
2005 カイロ 70kg級
2010 東京 70kg級

人物編集

ジュニア時代は63kg級の選手だったが、シニアになると70kg級に階級を上げた。2004年のアテネオリンピックでは3回戦で上野雅恵有効を取られて敗れた[1]。2005年の世界選手権では初戦で上野に効果で勝つが、準決勝ではフランスのジブリズ・エマヌに敗れたものの、3位決定戦でドイツのアネット・ベームを破って3位となった。2008年の北京オリンピックには出場できなかった[1]。2009年の世界選手権では7位に終わったが、準々決勝で渡邊美奈袖釣込腰で一本負けした際には何度もを拳で叩いて悔しがって見せた。2010年の世界選手権では準々決勝でフランスのリュシ・ドコスに敗れるが、3位決定戦でオランダのエディス・ボッシュを有効で破って3位となった。2012年のロンドンオリンピックでは7位に終わった[1]。現在はスロベニア軍に所属している[2]

主な戦績編集

63kg級での戦績

70kg級での戦績

脚注編集

外部リンク編集