メインメニューを開く

ランニングフリー1983年4月20日 - 2006年10月)は日本競走馬。1980年代後半から1990年代初頭にかけて中央競馬G1戦線で息の長い活躍を続けた。馬主は作家で保守派の論客としても知られた藤島泰輔

ランニングフリー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1983年4月20日
死没 2006年10月
サーペンフロ
サンマロ
生国 日本の旗 日本北海道伊達市
生産 高橋農場
馬主 藤島泰輔
調教師 本郷一彦美浦南
競走成績
生涯成績 47戦7勝
獲得賞金 4億0066万1600円
テンプレートを表示

戦績編集

(※馬齢は旧表記とする)

1985年9月に中山でデビュー、年を越して4戦目の未勝利戦で初勝利を挙げた。4戦を経て5月に2勝目を挙げるが、その後は秋まで900万下条件で走り続けた。しかし10月の津久井特別で3勝目を挙げると、次走、格上挑戦となったG3福島記念で50キロという軽ハンデを活かして勝利し、オープン馬となった。馬主の希望で次走グランプリ有馬記念に登録するが除外となった。

しかしオープン馬となった後は6戦して2度の5着が最高と苦戦を強いられ、1987年2月には獲得賞金規定により準オープン馬に格下げとなった。しかし直後に内外タイムス杯を2着とした後、芝のオープン戦マーチステークス(当時は中山芝1800のレース、さらにこの年は中山競馬場の改修に伴って、東京競馬場での代替開催)を4馬身差で勝利しオープンに復帰した。次走の春の天皇賞でも、13番人気ながらタマモクロスの2着と健闘し、波乱を演出した。

その後はオープンに定着し、G1戦線で常に掲示板をキープする好走を続けた。7歳時にはアメリカジョッキークラブカップ日経賞とG2を2連勝するなど活躍した。この日経賞が最後の勝利となったものの、その後も中長距離路線を走り続け、9歳になった年頭のアメリカジョッキークラブカップ3着を最後に引退した。 華々しい活躍こそなかったがコツコツと走り続け、堅実に賞金を稼いでいた事から競走生活の晩年には「馬主孝行」「無事是名馬」の代名詞といわれるようになり、ファンからも愛される存在となった。

競走生活後半の成績において、2度の重賞勝ち、低人気ながら2年連続の有馬記念4着など、中山競馬場に活躍が集中していることから、中山巧者としても注目されるようになったが、福島記念、マーチステークス、春の天皇賞など他場での活躍もあり、陣営はランニングフリーが中山得意という認識はなかったことが、馬主の著書に記されている。

引退後編集

現役引退後は生まれ故郷の高橋農場で種牡馬となった。成績、血統ともに地味であったことから繁殖牝馬が集まらなかったが、数少ない産駒の中から1997年弥生賞を圧勝したランニングゲイルを出し、父子ともに注目を集めた。2006年10月死亡。

血統表編集

ランニングフリー血統(サーゲイロード系(ロイヤルチャージャー系) / アウトクロス (血統表の出典)

*サーペンフロ
Sir Penfro
1971 黒鹿毛
父の父
Sir Ivor
1965 鹿毛
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Attica Mr. Trouble
Athenia
父の母
Running Blue
1957 栗毛
Blue Peter Fairway
Fancy Free
Run Honey Hyperion
Honey Buzzard

サンマロ
1976 黒鹿毛
*ステューペンダス
Stupendous
1963 青毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Magneto Ambiorix
Dynamo
母の母
*テサロニアン
Thessalonian
1970 鹿毛
Milesian My Babu
Oatflake
Thetis *ガーサント
Three Rock F-No.22

1つ年上の全姉・ゴールデンローズの曾孫に2013年愛知杯2014年中山牝馬ステークスを制したフーラブライドがいる。

参考文献編集

  1. 藤島 泰輔 『馬主の愉しみ―ランニングフリーと私』 草思社、1991年 ISBN 4-794-20432-9

関連項目編集

外部リンク編集