リアル・ARC1 (Rial ARC1) は、リアル・レーシングチームが1988年のF1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カー。デザイナーはグスタフ・ブルナー

リアル・ARC1
カテゴリー F1
コンストラクター リアル・レーシング
デザイナー グスタフ・ブルナー
後継 リアル・ARC2
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,600 mm (63 in)
ホイールベース 2,800 mm (110 in)
エンジン フォード-コスワース DFZ 3,494 cc (213.2 cu in), 90° V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション リアル 6速 MT
重量 500 kg (1,100 lb)
燃料 STP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リアル・レーシング
ドライバー イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

開発編集

リアル・レーシングはドイツ人企業家のギュンター・シュミットが創設した。シュミットはATSのオーナーとして1977年から84年までF1に参戦していたが、新たなチームを創設し、元フェラーリのエンジニアであったグスタフ・ブルナーがマシンを設計、エンジンはコスワース DFZを使用した[2]

ARC1はブルナーが前年担当したフェラーリ・F187によく似ており、「青いフェラーリ」の異名を取った。フェラーリと異なる点は、大型のエンジンと燃料タンクを覆うための大型カバー、より低くなったサイドポッドなどであった。ブルナーはユニークなフロントサスペンションの配置を行い、ダンパーはシャシー床部に縦方向に取り付けられた。リアルはギアボックスも自社製の物を作成した。ARC1は3台が製作された[2]

レース戦績編集

リアルは経験豊富であるが不安定なイタリア人ドライバーのアンドレア・デ・チェザリスを起用し、1台体制でシーズンに臨んだ。チェザリスは個人スポンサーのマールボロの資金をチームにもたらした。開幕戦のブラジルをチェザリスは予選14位で通過したが、決勝はエンジントラブルでリタイアした。このレースでチェザリスはタイヤ交換のストップ前に一時6位を走行している[2]。チェザリスのドライブするARC1は予選で問題を生ずることは無く、いずれのレースも中団を走行した。予選の最高位は12位であるが、5回記録している[1]

ARC1は信頼性が低く、多くのクラッシュの原因となったため、チェザリスは「デ・クラッシェリス "de Crasheris"」というありがたくない渾名を頂戴している。シーズンを通して完走は5回のみで、そのうち2回は燃料切れのためゴールできなかったものの、完走扱いとなっている(ARC1は1988年の自然吸気車中最小の燃料タンクを装備していた。)[1]。しかしながら、デトロイトでは4位に入賞している。この入賞でチームは3ポイントを獲得、ランキングは13位となっている[2]

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 リアル・レーシング コスワース DFZ 3.5 V8 G BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
3 13位
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret 9* 4 10 Ret 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8*

* ゴールしなかったが完走扱い。

編集

  1. ^ a b c Rial ARC1 @ StatsF1
  2. ^ a b c d Nye, 1992, p. 313

参照編集

  • Nye, Doug (1992). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966-1991. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138945 

外部リンク編集