メインメニューを開く
1988年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1987 翌年: 1989
一覧: 開催国 | 開催レース

1988年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第39回大会である。ブラジルリオデジャネイロにあるジャカレパグア・サーキットで開幕し、最終戦のオーストラリアアデレード市街地コースまで、全16戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

この年はターボエンジン車最後のシーズンとなった(2014年にハイブリッド技術などを交えたパワーユニット(PU)と言う形で復活する)。ターボエンジンへの規制が更に厳しくなり、最大ブースト圧が前年の4バールから2.5バールへ低減され、燃料使用量も195リッターから150リッターに抑制された(自然吸気車は燃料使用量の制限無し)。シーズン開幕前はマクラーレンとウィリアムズ、フェラーリ、ロータスなどのトップチームによる混戦や自然吸気エンジン搭載車の健闘など予想された。

エントリー台数が30台を上回ったため(31台)、規定に従い予備予選が行われた。予備予選免除対象は26台で、残る5台が予備予選の対象となった。初日の第1回フリー走行が予備予選を兼ね、予備予選対象者のうち、上位4台が予選に進むことができた。

マクラーレン・ホンダの圧勝編集

 
アイルトン・セナがドライブするマクラーレンMP4/4・ホンダ
 
フェラーリF188

シーズン前の混戦の予想に反し、アイルトン・セナアラン・プロストを擁するマクラーレン・ホンダが、16戦中15勝という圧倒的な強さを見せた(唯一逃したイタリアGPでは、フェラーリゲルハルト・ベルガーが優勝している)。

セナはプロストとの激戦の末に最終戦を待たずに日本GPで初のワールドチャンピオンに輝き(総獲得ポイントはプロストが上回っていたが、当時は有効ポイント制だった)、ホンダの創設者の本田宗一郎に祝福を受けた。

他チーム編集

フェラーリ編集

フェラーリはベルガーが地元で1勝を挙げたものの、終盤までトップを走っていたセナと周回遅れのウィリアムズ・ジャッドジャン=ルイ・シュレッサーがからんでリタイアしたことにより繰り上がっての勝利であり(プロストはマクラーレンにこの年唯一発生したエンジントラブルでリタイア)、純粋な速さではマクラーレン・ホンダには太刀打ち出来ず、コンストラクターズポイントはマクラーレンの199に対して65に終わった。

ベネトン編集

ベネトンフォードもマクラーレン・ホンダと伍して戦うことはできなかったが、その信頼性の高さから自然吸気エンジン車の中では最も良い成績を収めた。最上位は3位だったが、3位をブーツェンが5回、ナニーニが2回の計7回記録した。ベルギーGPではブーツェン3位、ナニーニ4位でフィニッシュしたが、2人とも燃料の規定違反で失格となっている。

ロータス編集

 
ロータス100T・ホンダ

名門チームのロータスは、マクラーレンと同じホンダエンジンを昨年に続き搭載し高い下馬評を得ていたものの、フランス人デザイナーのジェラール・ドゥカルージュがデザインしたマシンバランスの悪さと低い信頼性、エルフ・オイルとホンダエンジンの相性の悪さから、前年チャンピオンのネルソン・ピケのドライブと中嶋悟のセッティング能力を持ってしても、予選決勝を通じて低迷続きであった。

また、シートがレース中に外れるなどの初歩的なトラブルや、予選時にメカニックがマシンセッティングを間違えるなどのミスも目立ち、ピケと中嶋の両者が予選で後方に落ちてしまうケースも頻発した他、中嶋は上記のセッティングミスにより予選落ちすらしてしまうこともあった。

ピケ、中嶋ともにレース中や予選において度々2列目や3列目と言う上位に顔を出し、入賞圏内でフェラーリやベネトン、ウィリアムズなどとバトルを見せたものの、マシンの信頼性が低いことからピケと中嶋の2人で延べ13回のリタイアを喫し、最上位はピケによる3位が3回に終わった。ポイントは23(ピケ22、中嶋1)で、アロウズと同点だった。

アロウズ編集

 
アロウズA10B・メガトロン

アロウズは前年のマシンA10の改良型、A10Bを使用した。エンジンも引き続きメガトロン(BMW)の直4を使用し、ドライバーラインアップもワーウィックとチーバーに変更は無かった。最上位はイタリアグランプリの3位1回(チーバー)だったが、安定したドライビングでコンスタントにポイントを獲得したのはワーウィックの方だった。

最終的な順位は4位であったが、実はシーズン最終戦を終えた時点では6位となっていた。しかし、ベルギーGPベネトンの燃料規定違反による失格裁定が確定すると、このレースで7、8位フィニッシュしていたアロウズが繰上げで5、6位となり、この3ポイントがきいて、同点で並んでいたウィリアムズや2点先行していたマーチをかわし、ロータスと並ぶコンストラクターズ4位に躍進することとなった(当時は現在と異なり、ポイント圏外の成績までを考慮した順位ではなかった)。

マーチ編集

 
イヴァン・カペリがドライブするマーチ881・ジャッド
 
オスカー・ララウリがドライブするユーロブルンER188・フォード

バブル景気を受けてレイトンハウスから潤沢な予算を獲得したマーチは、この年よりブラジル人のルーキーであるマウリシオ・グージェルミンを迎えて2台体制での参戦となり、自然吸気のジャッドエンジンのパワーと信頼性には欠けるが空力バランスに優れたマシンにより、たびたび上位に顔を見せるようになった。イヴァン・カペリが、日本GPでの1周のみとはいえ、自然吸気エンジン搭載車で唯一ラップリーダーを記録した。カペリは2回表彰台に乗り、22ポイントを挙げた。 マシンデザイナーは後にウィリアムズ、マクラーレンで数々のチャンピオンマシンを手掛けることになるエイドリアン・ニューウェイ

ウィリアムズ編集

 
ナイジェル・マンセルがドライブするウィリアムズFW12・ジャッド

ウィリアムズは前年まで搭載していたホンダエンジンを失い、自然吸気のジャッドエンジンを搭載したが、信頼性に欠けた。マンセルは14レースに出走し完走2回、パトレーゼは出走16回のうち完走8回に終わった。所々で光る走りを見せたものの優勝はなく、最上位はマンセルの2位が2回であり、パトレーゼと合わせ20ポイントを獲得するも1978年以来のシーズン未勝利に終わってしまった。

新チーム編集

この年からリアルユーロブルンダラーラといった新興チームが参戦した。なお新参戦したチームはいずれもコスワースやジャッドの市販エンジンを搭載していた。

また、いずれのチームもメインスポンサーなしの低予算で、レースごとにスポットスポンサーを得て戦った上、予備予選から勝ち上がらねばならなかったものの、そのような状況下でリアルはカナダGPにおいてアンドレア・デ・チェザリスのドライブで4位入賞を果たした。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   ブラジルグランプリ 4月3日 ジャカレパグア   アイルトン・セナ   ゲルハルト・ベルガー   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
2   サンマリノグランプリ 5月1日 イモラ   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
3   モナコグランプリ 5月15日 モナコ   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
4   メキシコグランプリ 5月29日 メキシコシティ   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
5   カナダグランプリ 6月12日 モントリオール   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
6   デトロイトグランプリ 6月19日 デトロイト   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
7   フランスグランプリ 7月3日 ポール・リカール   アラン・プロスト   アラン・プロスト   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
8   イギリスグランプリ 7月10日 シルバーストン   ゲルハルト・ベルガー   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
9   ドイツグランプリ 7月24日 ホッケンハイムリンク   アイルトン・セナ   アレッサンドロ・ナニーニ   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
10   ハンガリーグランプリ 8月7日 ハンガロリンク   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
11   ベルギーグランプリ 8月28日 スパ・フランコルシャン   アイルトン・セナ   ゲルハルト・ベルガー   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
12   イタリアグランプリ 9月11日 モンツァ   アイルトン・セナ   ミケーレ・アルボレート   ゲルハルト・ベルガー   フェラーリ 詳細
13   ポルトガルグランプリ 9月25日 エストリル   アラン・プロスト   ゲルハルト・ベルガー   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
14   スペイングランプリ 10月2日 ヘレス   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細
15   日本グランプリ 10月30日 鈴鹿   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
16   オーストラリアグランプリ 11月13日 アデレード   アイルトン・セナ   アラン・プロスト   アラン・プロスト   マクラーレン-ホンダ 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ マシン エンジン タイヤ ドライバー
 キャメル・チーム・ロータス・ホンダ ロータス 100T ホンダRA168E(V6ターボ) G 1. ネルソン・ピケ
2. 中嶋悟
 コートールズ・ティレル・レーシング・オーガニゼーション ティレル 017 フォードDFZ(V8) G 3. ジョナサン・パーマー
4. ジュリアン・ベイリー
 キヤノン・ウィリアムズ・チーム ウィリアムズ FW12 ジャッドCV(V8) G 5. ナイジェル・マンセル
(5.) マーティン・ブランドル
(5.) ジャン=ルイ・シュレッサー
6. リカルド・パトレーゼ
 ウェスト・ザクスピード・レーシング ザクスピード 881 ザクスピード F1[1](直4ターボ) G 9. ピエルカルロ・ギンザーニ
10. ベルント・シュナイダー
 ホンダ・マールボロ・マクラーレン マクラーレン MP4/4 ホンダRA168E(V6ターボ) G 11. アラン・プロスト
12. アイルトン・セナ 
 オートモビルズ・ゴンファロネーズ・スポルティブ AGS JH23 フォードDFZ(V8) G 14. フィリップ・ストレイフ
 レイトンハウス・マーチ・レーシング マーチ 881 ジャッドCV(V8) G 15. マウリシオ・グージェルミン
16. イヴァン・カペリ
 USF&G・アロウズ・メガトロン アロウズ A10B メガトロン(BMW) M12/13(直4ターボ) G 17. デレック・ワーウィック
18. エディ・チーバー
 ベネトン・フォーミュラ Ltd ベネトン B188 フォードDFR(V8) G 19. アレッサンドロ・ナニーニ
20. ティエリー・ブーツェン
 ステバーニ・オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1I,FA1L オゼッラ(アルファロメオ)
890T(V8ターボ)
G 21. ニコラ・ラリーニ
 リアル・レーシング リアル ARC01 フォードDFZ(V8) G 22. アンドレア・デ・チェザリス
 ロイス・ミナルディ・チーム SpA ミナルディ M188 フォードDFZ(V8) G 23. エイドリアン・カンポス
(23.) ピエルルイジ・マルティニ
24. ルイス・ペレス=サラ
 リジェ・ロト リジェ JS31 ジャッドCV(V8) G 25. ルネ・アルヌー
26. ステファン・ヨハンソン
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ F187/88C フェラーリTipo033E(V6ターボ) G 27. ミケーレ・アルボレート
28. ゲルハルト・ベルガー
 ラルース・カルメル ローラ LC88 フォードDFZ(V8) G 29. ヤニック・ダルマス
(29.) 鈴木亜久里
(29.) ピエール=アンリ・ラファネル
30. フィリップ・アリオー
 コローニ SpA コローニ FC188 フォードDFZ(V8) G 31. ガブリエル・タルキーニ
 AP・ユーロブルン・レーシング ユーロブルン ER188 フォードDFZ(V8) G 32. オスカー・ララウリ
33. ステファノ・モデナ
 AP・BMS・スクーデリア・イタリア ダラーラ F3087,BMS188 フォードDFV,DFR(V8) G 36. アレックス・カフィ

ドライバー変更編集

  • ウィリアムズのNo.5は第11戦をブランドル、第12戦をシュレッサーがドライブ。
  • ミナルディのNo.23は第6戦以降マルティニがドライブ。
  • ラルースのNo.29は第15戦を鈴木、最終戦をラファネルがドライブ。

1988年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
ポイント[2]
1   アイルトン・セナ DSQ 1 Ret 2 1 1 2 1 1 1 1 10 6 4 1 2 90 (94)*
2   アラン・プロスト 1 2 1 1 2 2 1 Ret 2 2 2 Ret 1 1 2 1 87 (105)*
3   ゲルハルト・ベルガー 2 5 2 3 Ret Ret 4 9 3 4 Ret 1 Ret 6 4 Ret 41
4   ティエリー・ブーツェン 7 4 8 8 3 3 Ret Ret 6 3 DSQ 6 3 9 3 5 27
5   ミケーレ・アルボレート 5 18 3 4 Ret Ret 3 17 4 Ret Ret 2 5 Ret 11 Ret 24
6   ネルソン・ピケ 3 3 Ret Ret 4 Ret 5 5 Ret 8 4 Ret Ret 8 Ret 3 22
7   イヴァン・カペリ Ret Ret 10 16 5 DNS 9 Ret 5 Ret 3 5 2 Ret Ret 6 17
8   デレック・ワーウィック 4 9 4 5 7 Ret Ret 6 7 Ret 5 4 4 Ret Ret Ret 17
9   ナイジェル・マンセル Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 2 Ret Ret Ret 2 Ret Ret 12
10   アレッサンドロ・ナニーニ Ret 6 Ret 7 Ret Ret 6 3 18 Ret DSQ 9 Ret 3 5 Ret 12
11   リカルド・パトレーゼ Ret 13 6 Ret Ret Ret Ret 8 Ret 6 Ret 7 Ret 5 6 4 8
12   エディ・チーバー 8 7 Ret 6 Ret Ret 11 7 10 Ret 6 3 Ret Ret Ret Ret 6
13   マウリシオ・グージェルミン Ret 15 Ret Ret Ret Ret 8 4 8 5 Ret 8 Ret 7 10 Ret 5
14   ジョナサン・パーマー Ret 14 5 DNQ 6 5 Ret Ret 11 Ret 12 DNQ Ret Ret 12 Ret 5
15   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret 9 4 10 Ret 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 3
16   中嶋悟 6 8 DNQ Ret 11 DNQ 7 10 9 7 Ret Ret Ret Ret 7 Ret 1
17   ピエルルイジ・マルティニ 6 15 15 DNQ Ret DNQ Ret Ret Ret 13 7 1
-   ヤニック・ダルマス Ret 12 7 9 DNQ 7 13 13 19 9 Ret Ret Ret 11 0
-   アレックス・カフィ DNPQ Ret Ret Ret DNPQ 8 12 11 15 Ret 8 Ret 7 10 Ret Ret 0
-   マーティン・ブランドル 7 0
-   フィリップ・ストレイフ Ret 10 Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret 9 Ret 8 11 0
-   ルイス・ペレス=サラ Ret 11 Ret 11 13 Ret NC Ret DNQ 10 DNQ Ret 8 12 15 Ret 0
-   ガブリエル・タルキーニ Ret Ret Ret 14 8 DNQ DNPQ DNPQ DNPQ 13 Ret DNQ 11 DNPQ DNPQ DNQ 0
-   フィリップ・アリオー Ret 17 Ret Ret 10 Ret Ret 14 Ret 12 9 Ret Ret 14 9 10 0
-   ステファン・ヨハンソン 9 DNQ Ret 10 Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret 11 DNQ Ret Ret DNQ 9 0
-   ジュリアン・ベイリー DNQ Ret DNQ DNQ Ret 9 DNQ 16 DNQ DNQ DNQ 12 DNQ DNQ 14 DNQ 0
-   ニコラ・ラリーニ DNQ DSQ 9 DNQ DNQ Ret Ret 19 Ret DNPQ Ret Ret 12 Ret Ret DNPQ 0
-   ルネ・アルヌー Ret DNQ Ret Ret Ret Ret DNQ 18 17 Ret Ret 13 10 Ret 17 Ret 0
-   ステファノ・モデナ Ret NC DSQ DSQ 12 Ret 14 12 Ret 11 DNQ DNQ DNQ 13 DNQ Ret 0
-   ジャン=ルイ・シュレッサー 11 0
-   ベルント・シュナイダー DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret DNQ 12 DNQ 13 Ret DNQ DNQ Ret DNQ 0
-   オスカー・ララウリ Ret DNQ Ret 13 Ret Ret Ret DNQ 16 DNQ DNPQ DNPQ DNPQ DNQ DNQ Ret 0
-   ピエルカルロ・ギンザーニ DNQ Ret Ret 15 14 DNQ DSQ DNQ 14 DNQ Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret 0
-   エイドリアン・カンポス Ret 16 DNQ DNQ DNQ 0
-   鈴木亜久里 16 0
-   ピエール=アンリ・ラファネル DNQ 0
順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)
  • ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた[3]
  • ベスト11戦がポイントランキングに数えられた[4]。 プロストは105ポイントを獲得したが、ランキングでは87ポイントのみが有効とされた。セナの獲得ポイントは94であったが、優勝回数の差で有効ポイントは90となった。結果として総獲得ポイントが劣るセナがタイトルを獲得した。

1988年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   マクラーレン-ホンダ 11 1 2 1 1 2 2 1 Ret 2 2 2 Ret 1 1 2 1 199
12 DSQ 1 Ret 2 1 1 2 1 1 1 1 10 6 4 1 2
2   フェラーリ 27 5 18 3 4 Ret Ret 3 17 4 Ret Ret 2 5 Ret 11 Ret 65
28 2 5 2 3 Ret Ret 4 9 3 4 Ret 1 Ret 6 4 Ret
3   ベネトン-フォード 19 Ret 6 Ret 7 Ret Ret 6 3 18 Ret DSQ 9 Ret 3 5 Ret 39
20 7 4 8 8 3 3 Ret Ret 6 3 DSQ 6 3 9 3 5
4   ロータス-ホンダ 1 3 3 Ret Ret 4 Ret 5 5 Ret 8 4 Ret Ret 8 Ret 3 23
2 6 8 DNQ Ret 11 DNQ 7 10 9 7 Ret Ret Ret Ret 7 Ret
5   アロウズ-メガトロン 17 4 9 4 5 7 Ret Ret 6 7 Ret 5 4 4 Ret Ret Ret 23
18 8 7 Ret 6 Ret Ret 11 7 10 Ret 6 3 Ret Ret Ret Ret
6   マーチ-ジャッド 15 Ret 15 Ret Ret Ret Ret 8 4 8 5 Ret 8 Ret 7 10 Ret 22
16 Ret Ret 10 16 5 DNS 9 Ret 5 Ret 3 5 2 Ret Ret 6
7   ウィリアムズ-ジャッド 5 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 2 Ret Ret 7 11 Ret 2 Ret Ret 20
6 Ret 13 6 Ret Ret Ret Ret 8 Ret 6 Ret 7 Ret 5 6 4
8   ティレル-フォード 3 Ret 14 5 DNQ 6 5 Ret Ret 11 Ret 12 DNQ Ret Ret 12 Ret 5
4 DNQ Ret DNQ DNQ Ret 9 DNQ 16 DNQ DNQ DNQ 12 DNQ DNQ 14 DNQ
9   リアル-フォード 22 Ret Ret Ret Ret 9 4 10 Ret 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 3
10   ミナルディ-フォード 23 Ret 16 DNQ DNQ DNQ 6 15 15 DNQ Ret DNQ Ret Ret Ret 13 7 1
24 Ret 11 Ret 11 13 Ret NC Ret DNQ 10 DNQ Ret 8 12 15 Ret
-   ローラ-フォード 29 Ret 12 7 9 DNQ 7 13 13 19 9 Ret Ret Ret 11 16 DNQ 0
30 Ret 17 Ret Ret 10 Ret Ret 14 Ret 12 9 Ret Ret 14 9 10
-   ダラーラ-フォード 36 DNPQ Ret Ret Ret DNPQ 8 12 11 15 Ret 8 Ret 7 10 Ret Ret 0
-   AGS-フォード 14 Ret 10 Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret 9 Ret 8 11 0
-   コローニ-フォード 31 Ret Ret Ret 14 8 DNQ DNPQ DNPQ DNPQ 13 Ret DNQ 11 DNPQ DNPQ DNQ 0
-   リジェ-ジャッド 25 Ret DNQ Ret Ret Ret Ret DNQ 18 17 Ret Ret 13 10 Ret 17 Ret 0
26 9 DNQ Ret 10 Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret 11 DNQ Ret Ret DNQ 9
-   オゼッラ-アルファロメオ 21 DNQ DSQ 9 DNQ DNQ Ret Ret 19 Ret DNPQ Ret Ret 12 Ret Ret DNPQ 0
-   ユーロブルン-フォード 32 Ret DNQ Ret 13 Ret Ret Ret DNQ 16 DNQ DNPQ DNPQ DNPQ DNQ DNQ Ret 0
33 Ret NC DSQ DSQ 12 Ret 14 12 Ret 11 DNQ DNQ DNQ 13 DNQ Ret
-   ザクスピード 9 DNQ Ret Ret 15 14 DNQ DSQ DNQ 14 DNQ Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret 0
10 DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret DNQ 12 DNQ 13 Ret DNQ DNQ Ret DNQ
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
ポイント

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。

シーズン詳細編集

開幕戦ブラジルGP
予選では地元のセナが、マクラーレン移籍初戦でPPを獲得、2位グリッドにはノンターボながらマンセルが入った。決勝でセナは、マンセルをオーバーヒートさせようと、故意にフォーメーション・ラップを極端にスローペースで行うが[5]、自分のマシンにシフトトラブルが発生。結果として、同様にトラブルの起きたカペリと共にピットスタートとなったセナは、25位から猛攻し2位まで追い上げたが、32周目に黒旗を提示され失格となった。その理由はメカニックが「グリーンランプ点灯後にマシンを乗り換えてはならない」という規定を忘れ、再スタート前にTカーに乗り換えさせてしまっていたことによるものだったが、本来ならその時点で失格処分を下すべきだったにもかかわらず、30周以上も走行させた末に黒旗を提示したことは物議を醸した(地元のセナを、極力長く走らせたかったとの解釈もある)。
レースは、プロストが予選3位からトップを奪い、そのまま優勝。2位にはフェラーリのベルガー、3位にはロータスに移籍したばかりのピケが入った。
第2戦サンマリノGP
第3戦モナコGP
第4戦メキシコGP
第5戦カナダGP
第6戦デトロイトGP
第7戦フランスGP
第8戦イギリスGP
第9戦西ドイツGP
第10戦ハンガリーGP
第11戦ベルギーGP
第12戦イタリアGP
第13戦ポルトガルGP
第14戦スペインGP
第15戦日本GP
1988年日本グランプリを参照
第16戦オーストラリアGP

トピック編集

  • 昨年まで参戦していた名門チームのブラバムが、BMWからのエンジンの提供を受けられなかったことからこの年のみ参戦を休止した。なお翌シーズンは復帰している。
  • この年デビューした有力選手はマウリシオ・グージェルミン
  • 日本グランプリで鈴木亜久里がラルース・ローラからスポット参戦を行った。
  • 1985年シーズンからウィリアムズのスポンサーを行っていたキヤノンや、前年からマーチのスポンサーを始めた上記のレイトンハウスに加え、この年からロータスのスポンサーとなったセイコーエプソンなど、日本におけるF1ブームの始まりを受け多くの日本企業がスポンサーとなり始めた。また日本GPでは多くの弱小チームがスポットスポンサーを得た。

脚注編集

  1. ^ 単にこう呼ばれるが正式名称は無い。(イアン・バムゼイ『世界のレーシングエンジン』三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.198。ISBN 4-906189-99-7)
  2. ^ ベスト11戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。
  3. ^ Peter Higham, The Guinness Guide to International Motor Racing, 1995, page 6
  4. ^ Peter Higham, The Guinness Guide to International Motor Racing, 1995, page 126
  5. ^ 「1988年フジテレビF1総集編」等より。

外部リンク編集