メインメニューを開く

シーズン概要編集

 
マクラーレンMP4/2・TAGポルシェ。ドライバーはニキ・ラウダ。
 
ウィリアムズFW09・ホンダ。ドライバーはケケ・ロズベルグ。
 
ティレル012。ドライバーはステファン・ベロフ。
 
フェラーリ126C4。ドライバーはミケーレ・アルボレート。
 
トールマンTG184。アイルトン・セナのF1デビューマシン

チャンピオン争い ~0.5ポイント差~編集

「過給機付きエンジン車の最大燃料搭載量220L、および決勝レース中の再給油禁止」というレギュレーションが施行され、ターボエンジン開発は出力向上と共に燃費という新たな課題を負うことになった。

この年、本格始動したマクラーレンポルシェバッジネームTAG)のジョイントが16戦中12勝(うちワンツーフィニッシュ4回)。コンストラクターズポイントで2位に86点差をつける圧勝劇を演じた。予選ではブラバムBMWネルソン・ピケが9ポールポジションと最速だったが、信頼性を含めた総合力ではマクラーレンが抜きん出ていた。

ドライバーズチャンピオンもマクラーレンのチームメイト間の争いとなり、ルノーから復帰したアラン・プロストが7勝、ニキ・ラウダが5勝を挙げた。この年、ラウダは1度もポールポジションを獲得していないが、ベテランらしいレース運びでプロストの勢いに対抗した。最終戦も予選11位スタートから2位でゴールし、僅か0.5ポイントというF1史上最少得点差で3度目のワールドチャンピオンに輝いた。

大型新人登場編集

この年はF1ルーキーの当たり年となった。アイルトン・セナは中堅チームのトールマンからデビュー。モナコGPでは大雨の中でファステストラップを記録しながら首位のプロストを猛追した。最大で30秒以上あった差は、赤旗中止となったレース最終周では7秒差にまで縮まっていた。

BMWの秘蔵っ子ゲルハルト・ベルガーはBMWエンジンを搭載するATSからデビュー。のちにセナのライバル・盟友として時代を歩むことになる。

イギリスF3でセナと競い合ったマーティン・ブランドルステファン・ベロフと共にティレルからデビュー。非力なノンターボ車ながらモナコGPでベロフが3位、アメリカ東GPでブランドルが2位となる健闘をみせた。しかし、後述の「水タンク事件」によりこれらの結果は抹消された。

モナコGPの仮定編集

この年のモナコGPは大雨のため31周終了時点で打ち切られた。規定周回数に満たないため入賞ポイントが半分に減らされ、優勝したプロストは1位9ポイントの半分である4.5ポイントしか獲得できなかった。最終的にプロストが0.5点差でタイトルを逃したため、「もしレースが続行された場合」という様々な仮定を生むことになる。

  • もしレースが続行され、プロストが優勝か2位で4.5点以上を得ていれば、年間チャンピオンになれたという意見。ただし、競技委員に対しレースの切り上げをアピールしたのはプロストであり、最終的に自らの首を締める事となったのは皮肉と言えよう。
  • レースが続行されたとしても優勝できたかは疑問、という意見もある。後方からセナとベロフが猛烈なペースで追い上げており、雨を苦手とする(慎重な走りになる)プロストが3位(4点)に落ちる可能性もあった。
  • セナが勝った場合、F1デビュー6戦目での初優勝(トールマンにとっても初優勝)。しかし、セナよりベロフの方がペースが速く、ベロフの初優勝となった可能性もある。
  • もしふたりに抜かれたとしても、セナは火傷とマシンのサスペンションにトラブルを抱えており、ベロフは後に水タンク事件で年間ポイントを剥奪されている。プロストよりも速かったのはセナとベロフだけで、セナに抜かれたとしても2位で6ポイントを獲得していたことになり、年間ポイントでラウダを1ポイント上回っていたことになる。
  • もちろんセナとベロフに抜かれず優勝した可能性も大いにあり、そうなれば完全にラウダのポイントを上回っていたことになる。

第2期ホンダエンジンの勝利編集

アメリカグランプリにおいて、ウィリアムズケケ・ロズベルグがウィリアムズFW09・ホンダをドライブし優勝した。ホンダは前年からターボエンジンの供給者としてF1に復帰。ホンダエンジン搭載車の勝利は1967年のイタリアGP以来となる。

水タンク事件編集

アメリカ東GP後の車検で、ティレルのマシン(ティレル 012)の水タンクから微量の炭化水素が検出された。これがエンジンの違法な出力アップに関係していたとして、シーズン終盤にレギュレーション違反との判定が下された。これによって、このシーズンのティレルチームと所属ドライバー、ステファン・ベロフとマーティン・ブランドル、ステファン・ヨハンソンの全ての記録・ポイントが剥奪された。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   ブラジルグランプリ 3月25日 ジャカレパグア   エリオ・デ・アンジェリス   アラン・プロスト   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
2   南アフリカグランプリ 4月7日 キャラミ   ネルソン・ピケ   パトリック・タンベイ   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
3   ベルギーグランプリ 4月29日 ゾルダー   ミケーレ・アルボレート   ルネ・アルヌー   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 詳細
4   サンマリノグランプリ 5月6日 イモラ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
5   フランスグランプリ 5月20日 ディジョン・プレノワ   パトリック・タンベイ   アラン・プロスト   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
6   モナコグランプリ1 6月3日 モナコ   アラン・プロスト   アイルトン・セナ   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
7   カナダグランプリ 6月17日 モントリオール   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ ブラバム-BMW 詳細
8   デトロイトグランプリ 6月24日 デトロイト   ネルソン・ピケ   デレック・ワーウィック   ネルソン・ピケ ブラバム-BMW 詳細
9   ダラスグランプリ 7月8日 ダラス   ナイジェル・マンセル   ニキ・ラウダ   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズ-ホンダ 詳細
10   イギリスグランプリ 7月22日 ブランズ・ハッチ   ネルソン・ピケ   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
11   ドイツグランプリ 8月5日 ホッケンハイムリンク   アラン・プロスト   アラン・プロスト   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
12   オーストリアグランプリ 8月19日 エステルライヒリンク   ネルソン・ピケ   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
13   オランダグランプリ 8月26日 ザントフォールト   アラン・プロスト   ルネ・アルヌー   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
14   イタリアグランプリ 9月9日 モンツァ   ネルソン・ピケ   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
15   ヨーロッパグランプリ 10月7日 ニュルブルクリンク   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ

  ミケーレ・アルボレート

  アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
16   ポルトガルグランプリ 10月21日 エストリル   ネルソン・ピケ   ニキ・ラウダ   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
  1. ^ レースは大雨のため中断、ポイントは2分の1が与えられた。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 MRDインターナショナル ブラバム BT53 BMW M12/13直4ターボ M 1. ネルソン・ピケ
2. テオ・ファビ
(2.) コラード・ファビ
(2.) マンフレッド・ヴィンケルホック
 ティレル・レーシング・オーガナイゼーション ティレル 012 フォードDFYV8 G 3. マーティン・ブランドル
(3.) ステファン・ヨハンソン
4. ステファン・ベロフ
(4.) マイク・サックウェル
 ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング ウィリアムズ FW09,FW09B ホンダRA164E(V6ターボ) G 5. ジャック・ラフィット
6. ケケ・ロズベルグ
 マールボロ・マクラーレン・インターナショナル マクラーレン MP4/2 TAG TTE PO1(V6ターボ) M 7. ニキ・ラウダ
8. アラン・プロスト
 スコール・バンディット・フォーミュラ1・チーム RAM 03 ハート415T(直4ターボ) P 9. フィリップ・アリオー
10. ジョナサン・パーマー
(10.) マイク・サックウェル
 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス ロータス 95T ルノーEF4B(V6ターボ) G 11. エリオ・デ・アンジェリス
12. ナイジェル・マンセル
 チーム・ATS ATS D7 BMWM12/13(直4ターボ) P 14. マンフレッド・ヴィンケルホック
31.(14.) ゲルハルト・ベルガー
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RE50 ルノーEF4(V6ターボ) M 15. パトリック・タンベイ
16. デレック・ワーウィック
33. フィリップ・ストレイフ
 バークレイ・ノルディカ・アロウズ・BMW アロウズ A6,A7 フォードDFV(V8)
BMWM12/13(直4ターボ)
G 17. マルク・スレール
18. ティエリー・ブーツェン
 トールマン・グループ・モータースポーツ トールマン TG183B,TG184 ハート415T(直4ターボ) P

M

19. アイルトン・セナ
(19.・20.) ステファン・ヨハンソン
20. ジョニー・チェコット
(20.) ピエルルイジ・マルティニ
 スピリット・レーシング スピリット 101,101B ハート415T(直4ターボ) P 21. マウロ・バルディ
(21.) ヒューブ・ロテンガッター
 ベネトン・チーム・アルファ・ロメオ アルファロメオ 184T アルファ・ロメオ890T(V8ターボ) G 22. リカルド・パトレーゼ
23. エディ・チーバー
 オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1E,FA1F アルファロメオ890T(V8ターボ)
アルファ・ロメオ1260(V12
P 24. ピエルカルロ・ギンザーニ
30. ヨー・ガルトナー
 リジェ・ロト リジェ JS23 ルノーEF4(V6ターボ) M 25. フランソワ・エスノー
26. アンドレア・デ・チェザリス
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEAFC フェラーリ 126C4 フェラーリTipo031(V6ターボ) G 27. ミケーレ・アルボレート
28. ルネ・アルヌー

ドライバー変更編集

  • コラード・ファビ - 第6・7戦、第9戦にテオ・ファビの代役として出走
  • マンフレッド・ヴィンケルホック - 最終戦のみファビの代役として出走
  • ステファン・ヨハンソン - 第10戦から第13戦までブランドル、第14戦のみセナ、第15戦から最終戦までチェコットの代役として出走
  • マイク・サックウェル - 第7戦にパーマー、第11戦にベロフの代役として出走
  • ピエルルイジ・マルティニ - 第14戦のみ出走

エンジン変更編集

  • アロウズは、シーズン中盤からBMWにスイッチ。
  • スピリットは、第8戦のみフォードV8を搭載。
  • オゼッラは、第4戦のみアルファロメオV12を搭載。

タイヤ変更編集

  • トールマンは、第5戦からミシュランにスイッチ。

カーナンバー変更編集

  • ゲルハルト・ベルガー(ATS) - ヴィンケルホックが最終戦ブラバムから参戦し、No.31からNo.14に変更。

1984年のドライバーズランキング編集

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。

順位 ドライバー BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
USA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
ポイント
1   ニキ・ラウダ Ret 1 Ret Ret 1 Ret 2 Ret Ret 1 2 1 2 1 4 2 72
2   アラン・プロスト 1 2 Ret 1 7 1 3 4 Ret Ret 1 Ret 1 Ret 1 1 71.5
3   エリオ・デ・アンジェリス 3 7 5 3 5 5 4 2 3 4 Ret Ret 4 Ret Ret 5 34
4   ミケーレ・アルボレート Ret 11 1 Ret Ret 6 Ret Ret Ret 5 Ret 3 Ret 2 2 4 30.5
5   ネルソン・ピケ Ret Ret 9 Ret Ret Ret 1 1 Ret 7 Ret 2 Ret Ret 3 6 29
6   ルネ・アルヌー Ret Ret 3 2 4 3 5 Ret 2 6 6 7 11 Ret 5 9 27
7   デレック・ワーウィック Ret 3 2 4 Ret Ret Ret Ret Ret 2 3 Ret Ret Ret 11 Ret 23
8   ケケ・ロズベルグ 2 Ret 4 Ret 6 4 Ret Ret 1 Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret 20.5
9   アイルトン・セナ Ret 6 6 DNQ Ret 2 7 Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 3 13
10   ナイジェル・マンセル Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret 6 Ret 4 Ret 3 Ret Ret Ret 13
11   パトリック・タンベイ 5 Ret 7 Ret 2 Ret DNS Ret Ret 8 5 Ret 6 Ret Ret 7 11
12   テオ・ファビ Ret Ret Ret Ret 9 3 Ret Ret 4 5 Ret Ret 9
13   リカルド・パトレーゼ Ret 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret 10 Ret 3 6 8 8
14   ジャック・ラフィット Ret Ret Ret Ret 8 8 Ret 5 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 5
15   ティエリー・ブーツェン 6 12 Ret 5 11 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 10 9 Ret 5
16   エディ・チーバー 4 Ret Ret 7 Ret DNQ 11 Ret Ret Ret Ret Ret 13 9 Ret 17 3
17   ステファン・ヨハンソン DSQ DSQ DNQ DSQ 4 Ret 11 3
18   アンドレア・デ・チェザリス Ret 5 Ret 6 10 Ret Ret Ret Ret 10 7 Ret Ret Ret 7 12 3
19   ピエルカルロ・ギンザーニ Ret DNS Ret DNQ 12 7 Ret Ret 5 9 Ret Ret Ret 7 Ret Ret 2
20   マルク・スレール 7 9 8 Ret Ret DNQ Ret Ret Ret 11 Ret 6 Ret Ret Ret Ret 1
-   ヨー・ガルトナー Ret Ret Ret Ret 12 5 Ret 16 0
-   ゲルハルト・ベルガー 12 6 Ret 13 0
-   フランソワ・エスノー Ret 10 Ret Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret 8 8 7 Ret 10 Ret 0
-   コラード・ファビ Ret Ret 7 0
-   マウロ・バルディ Ret 8 Ret 8 Ret DNQ 8 15 0
-   マンフレッド・ヴィンケルホック DSQ Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 8 Ret Ret DNS Ret DNS 10 0
-   ジョナサン・パーマー 8 Ret 10 9 13 DNQ Ret Ret Ret Ret 9 9 Ret Ret Ret 0
-   ヒューブ・ロテンガッター NC DNQ Ret NC 9 NC Ret 8 0
-   ジョニー・チェコット Ret Ret Ret NC Ret Ret 9 Ret Ret DNQ 0
-   フィリップ・アリオー Ret Ret DNQ Ret Ret DNQ 10 Ret DNS Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret 0
-   ステファン・ベロフ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ EX DSQ DSQ 0
-   マーティン・ブランドル DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DNQ DSQ DSQ DNQ 0
-   マイク・サックウェル Ret DNQ 0
-   フィリップ・ストレイフ Ret 0
-   ピエルルイジ・マルティニ DNQ 0
順位 ドライバー BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
DAL
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
ポイント
  • モナコグランプリは予定走行距離の75%を消化していたが大雨のため中断、ポイントは2分の1が与えられた。
  • イタリアグランプリでのガルトナーの5位入賞、ベルガーの6位入賞については、シーズン開幕前時点でオゼッラがギンザーニ、ATSがヴィンケルホックのそれぞれ1台体制としてエントリーしていたため、「2台目」だったガルトナー、ベルガーにはポイントが与えられなかった。
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1984年のコンストラクターズランキング編集

 
ロータスはコンストラクターズ3位を獲得した。

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。

順位 コンストラクター 車番 BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
DAL
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
ポイント
1   マクラーレン-TAG 7 1 2 Ret 1 7 1 3 4 Ret Ret 1 Ret 1 Ret 1 1 143.5
8 Ret 1 Ret Ret 1 Ret 2 Ret Ret 1 2 1 2 1 4 2
2   フェラーリ 27 Ret 11 1 Ret Ret 6 Ret Ret Ret 5 Ret 3 Ret 2 2 4 57.5
28 Ret Ret 3 2 4 3 5 Ret 2 6 6 7 11 Ret 5 9
3   ロータス-ルノー 11 3 7 5 3 5 5 4 2 3 4 Ret Ret 4 Ret Ret 5 47
12 Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret 6 Ret 4 Ret 3 Ret Ret Ret
4   ブラバム-BMW 1 Ret Ret 9 Ret Ret Ret 1 1 Ret 7 Ret 2 Ret Ret 3 6 38
2 Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret 3 7 Ret Ret 4 5 Ret Ret 10
5   ルノー 15 5 Ret 7 Ret 2 Ret DNS Ret Ret 8 5 Ret 6 Ret Ret 7 34
16 Ret 3 2 4 Ret Ret Ret Ret Ret 2 3 Ret Ret Ret 11 Ret
33 Ret
6   ウィリアムズ-ホンダ 5 Ret Ret Ret Ret 8 8 Ret 5 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 25.5
6 2 Ret 4 Ret 6 4 Ret Ret 1 Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret
7   トールマン-ハート 19 Ret 6 6 DNQ Ret 2 7 Ret Ret 3 Ret Ret Ret 4 Ret 3 16
20 Ret Ret Ret NC Ret Ret 9 Ret Ret DNQ DNQ Ret 11
8   アルファロメオ 22 Ret 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret 10 Ret 3 6 8 11
23 4 Ret Ret 7 Ret DNQ 11 Ret Ret Ret Ret Ret 13 9 Ret 17
9   リジェ-ルノー 25 Ret 10 Ret Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret 8 8 7 Ret 10 Ret 3
26 Ret 5 Ret 6 10 Ret Ret Ret Ret 10 7 Ret Ret Ret 7 12
10   アロウズ-フォード 17 7 9 8 Ret DNQ Ret Ret 3
18 6 12 5
11   アロウズ-BMW 17 Ret Ret 11 Ret 6 Ret Ret Ret Ret 3
18 Ret 11 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 10 9 Ret
12   オゼッラ-アルファロメオ 24 Ret DNS Ret DNQ 12 7 Ret Ret 5 9 Ret Ret Ret 7 Ret Ret 2
30 Ret Ret Ret Ret 12 5 Ret 16
-   ATS-BMW 14 DSQ Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 8 Ret Ret DNS Ret DNS 13 0
31 12 6 Ret
-   スピリット-ハート 21 Ret 8 Ret 8 Ret DNQ NC Ret NC 9 NC Ret 8 8 15 0
-   RAM-ハート 9 Ret Ret DNQ Ret Ret DNQ 10 Ret DNS Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret 0
10 8 Ret 10 9 13 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 9 9 Ret Ret Ret
-   スピリット-フォード 21 DNQ 0
DSQ   ティレル-フォード 3 DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DNQ DSQ DSQ DNQ DSQ DSQ DNQ DSQ 0
4 DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DNQ DSQ DSQ
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
DAL
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
ポイント
  • ティレルは水タンクに燃料を入れるというレギュレーション違反が判明、7月18日にランキングから除外されることが決定した。
  • モナコグランプリは予定走行距離の75%を消化していたが大雨のため中断、ポイントは2分の1が与えられた。
  • イタリアグランプリでのオゼッラの5位、ATSの6位入賞については、シーズン開幕前時点でオゼッラがギンザーニ、ATSがヴィンケルホックのそれぞれ1台体制としてエントリーしていたため、それぞれ「2台目」だったガルトナー、ベルガーによるポイントは与えられなかった。

参照編集


外部リンク編集