メインメニューを開く

1988年メキシコグランプリは、1988年F1世界選手権の第4戦として、1988年5月29日エルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催された。

メキシコの旗 1988年メキシコグランプリ
レース詳細
Autódromo Hermanos Rodríguez.svg
日程 1988年シーズン第4戦
決勝開催日 5月29日
開催地 エルマノス・ロドリゲス・サーキット
メキシコ メキシコシティ
コース長 4.421km
レース距離 67周
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'17.468
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1'18.608(Lap 52)
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

予選編集

予選では、開幕戦から圧倒的な速さを見せていたマクラーレンホンダアイルトン・セナポールポジションを獲得した。2位にはチームメイトのアラン・プロストが続いた。

約2,300メートルの高地にあり気圧が平地よりも低いことから、昨年に続きターボエンジン車が上位を独占し、フェラーリゲルハルト・ベルガーミケーレ・アルボレートが3位と5位に、ロータス・ホンダのネルソン・ピケ中嶋悟がそれぞれ4位と6位に続いた。なお6位の中嶋は、予選での本人のみならず、日本人としての過去最高順位となった。自然吸気エンジン勢のトップは、8位のベネトンフォードアレッサンドロ・ナニーニだった。なお、予選2日目にローラ・カーズフィリップ・アリオーが最終コーナーでグリップを失いウォールに激突しマシンが横転する大クラッシュを演じたが無傷だったため決勝に進出した。

決勝編集

ホンダ勢のトップ独占編集

1回目のスタートでエンジンストールしたベネトンフォードアレッサンドロ・ナニーニがピットスタートとなった。再スタートでは、マクラーレン・ホンダのアラン・プロストがロータス・ホンダのピケに競り勝って1コーナーを制した。続いてピケ同様にスタートで順位を上げることに成功した中嶋に1コーナー争いで競り勝ったセナと中嶋が続き、ホンダエンジン勢が1-4位を独占することとなった。

ロータス・ホンダの不運編集

 
ロータス100T・ホンダ

しかしマシン性能がマクラーレン・ホンダに比べて完全に劣るロータス・ホンダをドライブするピケは1周目の最終コーナーでセナにかわされ、その数周後にはピケも中嶋も、ベルガーとアルボレートのフェラーリの2台にかわされてしまう。なお中嶋は暫くアルボレートを押さえていたものの、突然ポップオフバルブが開くトラブルが起きアルボレートにかわされてしまった。その後はマクラーレン・ホンダの2台がファステストラップを更新しながらフェラーリの2台を突き放し、フェラーリの2台の直後にロータス・ホンダの2台が続き、それ以下を突き放す展開となった。

しかし序盤からエンジンにトラブルが出ていた中嶋は28周目に白煙を吐きリタイヤし、その後ピケも残り10周を残して、チームメイトの中嶋同様にエンジントラブルでリタイヤし、予選から好調であったロータス・ホンダの2台はノーポイントに終わってしまう。リタイアの直接の原因は、エルフの燃料に不純物が混じっていたことがトラブルの原因だった。

単調なレース展開編集

その後上位陣の順位は変わらず、単調なレース展開となった。なお後方では、ウィリアムズジャッドリカルド・パトレーゼが16周目に、チームメイトで昨年の優勝者のナイジェル・マンセルが20周目にエンジントラブルでリタイアした。

最終的にスタート直後から1度もトップの座を譲らなかったプロストと、序盤に3位に落ちた後2位に返り咲いたセナのマクラーレン・ホンダ勢が1位と2位でゴール、ベルガーとアルボレートのフェラーリ勢が3位と4位になり、5位と6位には、最終ラップまでチームメイト同士で競り合っていたアロウズメガトロンデレック・ワーウィックエディ・チーバーが続いた。

ターボ勢の独占編集

なお、優勝したプロストから6位のチーバーまで、ポイント圏内はターボ勢が独占した。また、3位のベルガーまでが同周回で、4位のアルボレートから6位のチーバーまでが1周遅れとなったが、自然吸気エンジンのマシンは、ベネトン・フォードのナニーニが2周遅れで7位に入るのが精いっぱいで、最下位のマーチ・ジャッドのイヴァン・カペリに至っては6周遅れでのゴールとなり、高地にあるサーキットにおけるターボエンジンの強さが際立つレースとなった。

結果編集

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 11   アラン・プロスト マクラーレンホンダ 67 1:30'15.737 2 9
2 12   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 67 + 7.104 1 6
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 67 + 57.314 3 4
4 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 66 1周遅れ 5 3
5 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 66 1周遅れ 9 2
6 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 66 1周遅れ 7 1
7 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトンフォード 65 2周遅れ 8  
8 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 64 3周遅れ 11  
9 29   ヤニック・ダルマス ローラフォード 64 3周遅れ 22  
10 26   ステファン・ヨハンソン リジェジャッド 63 4周遅れ 24  
11 24   ルイス・ペレス=サラ ミナルディフォード 63 4周遅れ 25  
12 14   フィリップ・ストレイフ AGSフォード 63 4周遅れ 19  
13 32   オスカー・ララウリ ユーロブルンフォード 63 4周遅れ 26  
14 31   ガブリエル・タルキーニ コローニフォード 62 5周遅れ 21  
15 9   ピエルカルロ・ギンザーニ ザクスピード 61 6周遅れ 18  
16 16   イヴァン・カペリ マーチジャッド 61 6周遅れ 10  
Ret 1   ネルソン・ピケ ロータスホンダ 58 エンジン 4  
Ret 22   アンドレア・デ・チェザリス リアルコスワース 52 ギアボックス 12  
Ret 2   中嶋悟 ロータスホンダ 27 エンジン 6  
Ret 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズジャッド 20 エンジン 14  
Ret 10   ベルント・シュナイダー ザクスピード 16 エンジン 15  
Ret 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズジャッド 16 エンジン 17  
Ret 25   ルネ・アルヌー リジェジャッド 13 衝突 20  
Ret 36   アレックス・カフィ ダラーラフォード 13 衝突 23  
Ret 15   マウリシオ・グージェルミン マーチジャッド 10 電気系 16  
Ret 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 0 サスペンション 13  
DNQ 23   エイドリアン・カンポス ミナルディフォード        
DNQ 3   ジョナサン・パーマー ティレルフォード        
DNQ 21   ニコラ・ラリーニ オゼッラ        
DNQ 4   ジュリアン・ベイリー ティレルフォード        
EX 33   ステファノ・モデナ ユーロブルンフォード   失格    
  • 決勝順位は公式サイト[1]より。

エピソード編集

脚注編集