メインメニューを開く

リーガ・エスパニョーラ1989-1990は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの59回目のシーズンである。1989年9月2日から1990年5月6日に開催された。
 セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1988-1989の成績上位によって自動昇格した「CDカステリョン」・「ラーヨ・バジェカーノ」と、プリメーラ・ディビシオン1988-1989の17位「RCDエスパニョール」との入れ替え戦に勝利した「RCDマヨルカ」と、18位「レアル・ベティス」との入れ替え戦に勝利した「CDテネリフェ」の合わせて4チーム。
 キンタ・デル・ブイトレと称された「レアル・マドリード」がプリメーラ・ディビシオン5連覇となる通算25回目の優勝を達成した。


リーガ・エスパニョーラ1989-1990のチーム本拠地 (カナリア諸島)

目次

順位編集

スペインプロリーグ機構の成績資料に基づく[1]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 レアル・マドリード 62 26 10 2 107 38 +69 UEFAチャンピオンズカップ 1990-91 一回戦出場権
2 バレンシアCF 53 20 13 5 67 42 +25 UEFAカップ1990-91 一回戦出場権
3 FCバルセロナ 51 23 5 10 83 39 +44 UEFAカップウィナーズカップ 1990-91 出場権[2]
4 アトレティコ・マドリード 50 20 10 8 55 35 +20 UEFAカップ1990-91 一回戦出場権
5 レアル・ソシエダ 44 15 14 9 43 35 +8
6 セビージャFC 43 18 7 13 64 46 +18
7 CDログロニェス 41 18 5 15 47 51 -4
8 CAオサスナ 40 14 12 12 42 42 0
9 レアル・サラゴサ 40 16 8 14 52 52 0
10 RCDマヨルカ 39 11 17 10 36 34 +2
11 レアル・オビエド 39 12 15 11 41 46 -5
12 アスレティック・ビルバオ 37 11 15 12 37 39 -2
13 スポルティング・デ・ヒホン 34 12 10 16 37 34 +3
14 CDカステリョン 32 9 14 15 30 48 -18
15 カディスCF 30 12 6 20 28 63 -35
16 レアル・バジャドリード 30 8 14 16 31 41 -10
17 CDマラガ 28 9 10 19 23 50 -27 セグンダ・ディビシオン4位との入れ替え戦
18 CDテネリフェ 26 8 10 20 42 60 -18 セグンダ・ディビシオン3位との入れ替え戦
19 セルタ・デ・ビーゴ 22 5 12 21 24 51 -27 セグンダ・ディビシオンに自動降格
20 ラーヨ・バジェカーノ 19 6 7 25 32 75 -43

入れ替え戦(降格プレーオフ)結果編集

第1戦:
ホームチーム アウェーチーム
CDテネリフェ 0-0 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
RCDエスパニョール 1-0 CDマラガ


第2戦:
ホームチーム アウェーチーム
デポルティーボ・ラ・コルーニャ 0-1 CDテネリフェ
CDマラガ 1-0 RCDエスパニョール


トータルスコア:
CDテネリフェ 5-2 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 1勝し、得点合計も上回ったCDテネリフェが勝利
RCDエスパニョール 1-1
(PK戦:6-5)
CDマラガ お互い1勝1敗で得失点差も同じだった為、PK戦対決によりRCDエスパニョールが勝利


RCDエスパニョール」が1990-1991シーズンの"プリメーラ・ディビシオン(スペイン1部リーグ)"に昇格し、「CDテネリフェ」がプリメーラ・ディビシオン残留を決めた。
CDマラガ」 が1990-1991シーズンの"セグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)"に降格し、昇格に失敗した「デポルティーボ・ラ・コルーニャ」がセグンダ・ディビシオンに残留。

ピチーチ賞編集

サモラ賞編集

脚注編集

  1. ^ スペインプロリーグ機構 (LFP)
  2. ^ FCバルセロナコパ・デル・レイ1989-90に優勝した為、出場権を獲得。
  3. ^ マルカ紙によれば、フェルナンド・ゴメスは15のゴールをしたことになっているが、LFPは13のゴールしか認めていない。