ローランド・アローホ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアローホ第二姓(母方の)はアビラです。

ルイス・ローランド・アローホ・アビラLuis Rolando Arrojo Avila , 1968年7月18日 - )は、キューバ共和国ビジャ・クララ州サン・ホアン・デ・ロス・イエラス出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

ローランド・アローホ
Rolando Arrojo
基本情報
国籍 コスタリカの旗 コスタリカへ亡命)
出身地  キューバ
ビジャ・クララ州サン・ホアン・デ・ロス・イエラス
生年月日 (1968-07-18) 1968年7月18日(49歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
236 lb =約107 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 アマチュアFA
初出場 1998年4月1日 
最終出場 2002年9月22日 
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

目次

経歴編集

キューバ時代 - 亡命編集

1983-1984シーズンにキューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"デビュー。そのシーズンの新人王に輝いた。

ナランハス・デ・ビジャ・クララのエース級投手として1992-1993シーズンからのキューバリーグ3連覇に貢献した。1994-1995シーズンは86.0を投げて無の11防御率1.88を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

金メダルを獲得した1992年8月のバルセロナオリンピック野球キューバ代表に選ばれた。1994年8月に開催された第32回ワールドカップでは11・17奪三振の好投を見せるなど、キューバ代表として数多くの実績を挙げた[1]

アトランタオリンピック野球キューバ代表の一員としてアメリカ合衆国ジョージア州オールバニで最後の調整中の1996年7月9日に宿舎から逃走し、妻と2人の子供を残して亡命した[2]。かつては「この世代で最も優秀な投手[3]」と賞賛していたフィデル・カストロ国家評議会議長だったが、翌10日に行われたアトランタオリンピックの壮行会では、選手団を前にアローホを「裏切り者」と切り捨て、「去りたければ去れば良い。我々はフィールド上だけでは無く、アメリカの富の誘惑とも戦わなければならない」と演説して選手達を鼓舞した[2]。亡命会見の席上、アローホの代理人は「高齢と見せ掛けて、誘いを無くそうとしたキューバ政府による情報操作だった」と発表。32歳と言われているが、実は28歳だったという事で、亡命翌日から4歳若返った。しかし、鉄矢多美子1964年5月29日生まれと記載されたパスポートを見た事があり、亡命直前の1996年5月に日本遠征中のアローホと誕生日の盛大なお祝いをしたが、「1964年生まれで32歳」と言う彼のために32本のローソクを用意したという[4]

コスタリカで居住権を確立した後、1997年4月21日にMLBタンパベイ・デビルレイズと契約金700万ドルの3年契約を結び、入団した[5]

プロ入り後編集

1998年4月1日の対デトロイト・タイガース戦でMLB初登板。初登板では6回を投げて4失点したものの、勝利投手となった。平均91mph(約146km/h)の速球に切れのあるスライダーを武器に[6]制球良く打ち取るスタイルで活躍した。オールスターゲームにも選ばれ、チーム最多14勝・202.0回・防御率3.56の成績で新人王の投票では2位に入った[7]

1999年は140.2回・防御率5.18と前年より大きく成績を下げ、特に左打者を抑えられずに苦しんだ。12月13日にビニー・カスティーヤとのトレードアーロン・レデスマと共にコロラド・ロッキーズへ移籍。2000年7月27日にはジョン・ワズディンらとのトレードでボストン・レッドソックスへ移籍した。

2001年から中継ぎ投手として過ごした。2002年は中盤から肩や腰の痛みに苦しんで2度の故障者リスト(DL)入りを経験し[8]、12月21日にレッドソックスから放出された。

2003年マイナーリーグのAAA級コロンバスで9.0回を投げ、このシーズン限りで現役を引退した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集






















































W
H
I
P
1998 TB 32 32 2 2 0 14 12 0 0 .538 853 202.0 195 21 65 2 19 152 3 1 84 80 3.56 1.29
1999 24 24 2 0 0 7 12 0 0 .368 630 140.2 162 23 60 2 14 107 2 0 84 81 5.18 1.58
2000 COL 19 19 0 0 0 5 9 0 0 .357 470 101.1 120 14 46 6 12 80 1 2 77 68 6.04 1.74
BOS 13 13 0 0 0 5 2 0 0 .714 301 71.1 67 10 22 0 4 44 3 0 41 40 5.05 1.25
'00計 32 32 0 0 0 10 11 0 0 .476 771 172.2 187 24 68 6 16 124 4 2 118 108 5.63 1.48
2001 41 9 0 0 0 5 4 5 3 .556 438 103.1 88 8 35 4 12 78 2 0 44 40 3.48 1.19
2002 29 8 0 0 0 4 3 1 4 .571 348 81.1 83 7 27 1 6 51 2 0 47 45 4.98 1.35
MLB:5年 158 105 4 2 0 40 42 6 7 .488 3040 700.0 715 83 255 15 67 512 13 3 377 354 4.55 1.39

選抜リーグ含むキューバリーグ通算投手成績編集

13シーズン 15498 防御率3.50 与四球率1.96 奪三振率5.05 被本塁打率0.83 WHIP1.25
359試合 259先発 2027.2 442与四球(敬遠23) 169与死球 1138奪三振 187被本塁打

獲得タイトル・表彰・記録編集

CNS
MLB
キューバ時代のオールスターゲーム選出歴は不明

背番号編集

  • 30 (1998年)
  • 17 (1999年) 
  • 19 (2000年) 
  • 46 (2000年)
  • 30 (2000年) 
  • 44 (2001年 - 2002年)

脚注編集

  1. ^ Rolando Arrojo - BR Bullpen” (英語). Baseball-reference.com. 2008年8月31日閲覧。
  2. ^ a b 鉄矢多美子. 熱球伝説―キューバリナレスを育てた野球王国. 岩波書店. p. 166-167. 
  3. ^ Cuban Pitcher Is a Free Agent” (英語). The New York Times. 2013年6月19日閲覧。
  4. ^ 鉄矢多美子. 熱球伝説―キューバリナレスを育てた野球王国. 岩波書店. p. 174-175. 
  5. ^ Tampa Bay Rays Top 10 Prospects” (英語). BaseballAmerica.com. 2013年4月8日閲覧。
  6. ^ ARROJO MAKING A QUICK TRANSITION” (英語). Boston.com. 2013年6月20日閲覧。
  7. ^ Baseball Awards Voting for 1998” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年11月24日閲覧。
  8. ^ Arrojo goes on DL with back problems” (英語). UPI.com. 2013年6月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集