メインメニューを開く

一村一山(いっそんいちやま)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が、上野駅 - 土合駅間を東北本線高崎線上越線経由で運行する臨時快速列車愛称

一村一山
183系で運転される「一村一山」
183系で運転される「一村一山」
運行者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
運行区間 上野駅土合駅
経由線区 東北本線高崎線上越線
使用車両 185系電車大宮車両センター
運行開始 2001年8月25日?
備考 臨時列車扱い
テンプレートを表示

運行概要編集

この列車は、JR東日本が主催するウォーキングイベント「駅からハイキング」にタイアップする形で、上越線沿線でのイベント実施日に運転される。列車名はJR東日本高崎支社による上越線観光のキャッチフレーズ「一村一山上越線」に由来している。列車は一部指定席の全車普通車で運転され、毎年7月と9月の1往復ずつという低頻度の運転ながら、使用車両である183系電車には専用のイラスト入りヘッドマークが用意され使用されている(ただし、2004年運転分は7月に4日分、9月に2日分設定されていた)。

土合駅は構造上折り返すことが不可能なため、土合駅 - 石打駅間を回送運転する。

停車駅編集

車両編集

設定当初はJR東日本新前橋電車区(現:高崎車両センター)所属の165系で運転されていたが、2003年から2012年までは大宮総合車両センターに所属する183系(6両編成)が使用され、2013年から2014年まで新潟車両センターに所属していた485系電車が使用され、2015年は、185系電車200番台が使用された。

沿革編集

外部リンク編集