メインメニューを開く

桶川駅

日本の埼玉県桶川市にある東日本旅客鉄道の駅

桶川駅(おけがわえき)は、埼玉県桶川市南一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線である。

桶川駅
Okegawa Station East Entrance 1.JPG
東口(2012年6月)
おけがわ
Okegawa
北上尾 (1.9km)
(4.6km) 北本
所在地 埼玉県桶川市南一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 高崎線
キロ程 11.8km(大宮起点)
東京から尾久経由で42.3km
電報略号 オケ←ヲケ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
26,484人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1885年明治18年)3月1日
備考 直営駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
西口(2012年7月)

歴史編集

桶川停車場の従業員と駅前にあった小公園。当時の駅舎や跨線橋も見える。(1907年頃)[1]
大正期の駅舎と駅員[2]

駅構造編集

上下線の間に上下線共用の中線を配し、上りが単式ホーム1面1線(1番線)、中線と下りが島式ホーム1面2線(2・3番線)の計2面3線ホームと、下り線の西側に側線(主に下り貨物列車待避に使用)が1線ある地上駅で、橋上駅舎を有している。出入口は線路をはさんで一つずつ、東口と西口とがある。改札は東西口を結ぶ自由通路の間に1箇所ある。各ホームともエスカレーターエレベーターが設置されている。2・3番線ホームには、帰宅ラッシュ時のホーム・階段の混雑を緩和するため、東京寄りに改札階につながるエレベーター・上りエスカレーター付きの廊下が設置されている。

直営駅であり、指定席券売機自動改札機が設置されている。なお2015年より上野東京ライン開通に伴い、ベビーカーなどが楽に通れる大型改札機も新設された。

初電 - 6:30の間の改札はインターホンを使用しての対応となっている[3]

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1 高崎線 上り 大宮東京新宿横浜方面[4]
湘南新宿ライン)(上野東京ライン
 
2 一部の列車
下り 熊谷高崎方面[4]
3  
  • 特急「あかぎ」の一部と湘南新宿ラインの列車は新宿方面に向かい、湘南新宿ラインの列車は新宿駅を経由して大船駅から東海道線へ直通する。上野東京ラインの列車は上野駅を経由して東京駅から東海道線へ直通する。
  • 上りの湘南新宿ライン特別快速は、土休日の朝3本を除き、当駅で普通列車(上野東京ライン)に接続するが、ホームが異なるため、普通列車の車内放送では手前の北本駅で乗り換えるよう案内する。
  • 2019年3月現在当駅2番線発車の定期下り列車は設定されていない。
  • 大幅な遅延が発生した場合、熊谷、吹上、鴻巣に次いで当駅で折り返す列車が設定される場合がある。

駅構内の施設編集

  • ロッテリア(東口駅前・1番線ホーム)
  • 日高屋(東口駅前・1番線ホーム)
  • そば処 中山道(自由通路改札前)※2019年8月に閉店、新店は未定
  • キヨスク(自由通路改札前)※2019年8月31日に閉店。そば処中山道共々撤去される
  • NewDays(改札内コンコース)

ロッテリアと日高屋は店内が2分割されており、駅前とホームのどちら側からも入店することができる。なお、日高屋の入居以前はコーヒー店(BECK'S COFFEE SHOP)だった。

非商業施設

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員26,484人である[利用客数 1]

近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 28,920
1991年(平成03年) 29,773
1992年(平成04年) 30,505
1993年(平成05年) 30,772
1994年(平成06年) 30,893
1995年(平成07年) 30,842
1996年(平成08年) 30,909
1997年(平成09年) 30,315
1998年(平成10年) 29,705
1999年(平成11年) 29,200 [* 1]
2000年(平成12年) [JR 1]28,798 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 2]28,550 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 3]28,179 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 4]27,855 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 5]27,508 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 6]27,501 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 7]28,147 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 8]28,314 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 9]27,953 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 10]27,459 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 11]27,055 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 12]26,753 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 13]26,784 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 14]26,951 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 15]26,161 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 16]26,225 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 17]26,177 [* 18]
2017年(平成29年) [JR 18]26,312 [* 19]
2018年(平成30年) [JR 19]26,484

駅周辺編集

東口編集

駅前から中山道に向かう道が延びており、商店街を形成している。中山道まで足を運べば、宿場町の面影を残す旅籠や蔵造りの建物が散在している。

駅前はロータリーが設置できない狭い空間に、帯状のタクシー乗り場と路線バス乗り場が連なるが、大型路線バスは転回できる空間がなく、専用の転車台が備わっている。市内循環バスなどコミュニティバスは、専用に整備された小さなロータリーを使用している。

駅前商店街は再開発計画があり[5]、一部用地が一般車両向けの暫定ロータリーとなっている。

市営駐輪施設が整備されているが、駅から距離が離れているうえ、手狭であり、一般住戸が早朝から深夜にかけて提供している駐輪スペースの利用者が多数を占めている。

西口編集

西口側は工場跡地を利用して区画整理が行われた。比較的広いロータリーがあり、ロータリーと線路の間の花壇は、ボランティアによって定期的に手入れされている。ロータリーには比較的広い空間にバスタクシー等の乗り場が配置されている。また、改札階レベルのペデストリアンデッキにより、人車分離がなされており、西口から直接ショッピングセンター(パトリア・桶川マイン)にアクセスできる。都市公団による大規模な団地やタワーマンションが建設され、市営自転車駐輪施設も整備されており、多く利用されている。

周辺施設編集

西口
東口

バス路線編集

朝日自動車丸建自動車東武バス川越観光バスの各社と、桶川市内循環バスであるべにばなGO、上尾市内循環バスであるぐるっとくんが桶川駅より発着している。東口の発着場は構内が狭いため、転車台がある。

なお、東武バス・川越観光バス・朝日バスの路線はPASMOSuicaが利用可能である。(モラージュ菖蒲急行バスを除く)

東口発着編集

朝日バス 菖蒲営業所
  • 菖蒲車庫行
    • 細谷経由
    • 西窪台経由
    • 菖蒲役場経由
  • 加納循環
  • (急行)モラージュ菖蒲(滝のコート南入口)行
丸建自動車・けんちゃんバス
桶川市内循環バス・べにばなGO

西口発着編集

川越観光バス 森林公園営業所
東武バスウエスト 川越営業事務所
東武バスウエスト 大宮営業事務所京浜急行バス 京浜島営業所
桶川市内循環バス・べにばなGO
  • 西循環(川越観光バス森林公園営業所担当)
  • 東西循環(協同観光バス担当)
上尾市内循環バス・ぐるっとくん
  • 大石桶川線(東武バスウエスト上尾営業所担当)

その他編集

当駅構内のホームの北端先あたりを北緯36度線が通る。埼玉県内においてほぼ同緯度にある駅としては、高坂駅東武東上線)、伊奈中央駅ニューシャトル)、明覚駅JR八高線)、秩父駅秩父鉄道秩父本線)がある。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
高崎線
通勤快速(下りの一部のみ停車)・快速「アーバン」
上尾駅 - 桶川駅 - 鴻巣駅
特別快速
上尾駅 - 桶川駅 - 北本駅
普通
北上尾駅 - 桶川駅 - 北本駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

出典編集

  1. ^ 『目で見る上尾・桶川・北本・鴻巣の100年』郷土出版社、2002年12月16日、15頁。ISBN 978-4-876635955
  2. ^ 『目で見る上尾・桶川・北本・鴻巣の100年』郷土出版社、2002年12月16日、33頁。ISBN 978-4-876635955
  3. ^ 【お知らせ】高崎線内の一部の駅におけるインターホン対応等の実施について” (2016年2月1日). 2016年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  4. ^ a b 駅構内図(桶川駅)”. 東日本旅客鉄道. 2019年11月21日閲覧。
  5. ^ 一般質問(平成24年3月定例会) (PDF) 2P - 桶川市
広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

利用状況編集

JRの1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
JRの統計データ
  1. ^ 埼玉県統計年鑑 - 埼玉県
  2. ^ 桶川市の統計 - 桶川市
埼玉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集