メインメニューを開く

三井 甲之(みつい こうし、1883年(明治16年)10月16日 - 1953年(昭和28年)4月3日)は、日本の文学者歌人右翼思想家。本名は甲之助

経歴編集

山梨県中巨摩郡松島村(旧同郡敷島村→敷島町、現甲斐市大下条)出身。生家は地主の家庭。甲府中学(現在の山梨県立甲府第一高等学校)に入学したが校風になじめず、上京して京華中学校に転入する。第一高等学校を経て、1904年(明治37年)に東京帝国大学文学部国文科へ入学。一高時代の1902年(明治35年)に死去した正岡子規短歌革新に共感する。三井の日記や手帳には子規句の書き抜きや、子規の死に際した追悼句が記されている。

一高俳句会や高浜虚子の句会に参加し、帝大時代には万葉研究を行うほか根岸短歌会に属し、伊藤左千夫から指導を受ける。1904年(明治37年)からは、子規の没後に伊藤や長塚節らによって結成された根岸短歌会の機関誌である「馬酔木(あしび)」に歌や評論を発表し、編集にも携わる。伊藤や長塚らとは個人的にも親交が深く、山梨の実家に招いては御岳昇仙峡など名所を案内している。この頃、東京帝国大学文学部選科に在学していた近角常音と交遊するが、常音の兄である真宗大谷派僧侶の近角常観とも知遇を得る。

1907年(明治40年)に帝大を卒業した三井は、1908年(明治41年)に馬酔木(伊藤の多忙や資金難で刊行が危ぶまれていた)の後継誌「アカネ」を創刊する(誌名は伊藤による)。アカネは根岸派の歌人と帝大出身の文人らが集まり、伊藤らの歌壇のほか小説や西洋文学、戯曲や批評なども扱う文芸総合誌となる。しかし、三井の西洋文学傾斜や学究的姿勢、伊藤の文学的姿勢への非難や選歌の不満などで、伊藤や長塚をはじめ参加者の多くが離反したため、三井は独力で刊行を続けた。

1909年(明治42年)には、蕨真一郎の創刊した歌誌「阿羅々木(アララギ)」との合流が計画されるが、伊藤や斎藤茂吉らの反対を受け、三井はアカネを休刊させる。また三井は評論家としても活躍し、総合雑誌『日本及日本人』において短歌選者となり、陸羯南『日本』と三宅雪嶺日本人』が合流した「日本及日本人」でも精力的に執筆した。評論やゲーテ『ファウスト』の翻訳などを発表した。1910年(明治43年)には結婚し、翌年には上京して作家活動と並んで母校である京華中学の教師となる。

1911年(明治44年)にはアカネを新聞として復刊し、翌年5月には誌名を「人生と表現」に改め、1925年(大正14年)まで刊行を続けた。1915年(大正4年)には山梨へ帰郷し、「人生と表現」の編集と「日本及日本人」での評論活動に専念するほか、数多くの著作を刊行している。この頃には親鸞やドイツ人心理学者のヴィルヘルム・ヴントなどを研究していた。

1925年(大正14年)には、蓑田胸喜松田福松らと右翼団体原理日本社を結成し、機関誌『原理日本』を刊行した。帝国大学に見られた自由主義的風潮やマルクス・レーニン主義を激しく批判した。また、甲斐国出身の尊皇思想家である山県大弐の顕彰活動にも携わった。1928年(昭和3年)にはしきしまの道会を設立し、明治天皇御製拝唱運動を起こした。

 
甲斐市竜王・山県神社の三井甲之歌碑

代表歌としては、

ますらをのかなしきいのちつみかさねつみかさねまもるやまとしまねを

が著名である(没後、甲斐市竜王の山県神社にこの歌の碑が建立されている)。

終戦後、占領軍により公職追放され、農地改革により土地のほとんどを失った上に脳梗塞により半身不随に陥る。さらに戦地から引き上げて来た次男を失う。その後は戦前同様に昭和天皇の御製を称揚する一方、民主主義や普遍的価値観を称揚する姿勢に転向した[注釈 1]

没後には歌集や書簡集、選集や全集などが刊行された。また、彼の文学史料は山梨県立文学館に所蔵されている。

手のひら療治編集

江口俊博が創唱実行した「手のひら療治」は、三井が理論的体系を与え、浅川源澄が体操形式を発案して、発展したと言われている。三井の著書には『手のひら療治』(アルス出版/ヴォルテックス/レイキ・ヒーリング・システムで復刻)がある。

著作編集

  • 1907年(明治40年):歌集『消なば消ぬがに』
  • 1929年(大正14年):『ヴント氏民族心理学研究』
  • 1927年(昭和2年):『祖国礼拝』
  • 1928年(昭和3年):『明治天皇御集研究』
  • 1929年(昭和4年):『ヴント氏民族心理学研究、附古事記論』
  • 1930年(昭和5年):翻訳『ファウスト』
  • 1934年(昭和9年):『しきしまのみち原論』
  • 1940年(昭和15年):『文学概論』
  • 1941年(昭和16年):『日本の歓喜』
  • 1942年(昭和17年):『和歌維新』
  • 1943年(昭和18年):『親鸞研究』
  • 1944年(昭和19年):『三條実美論』

ほか

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし、昆野伸幸によれば、三井の思想は戦前・戦後を通して一貫しているという。

出典編集

関連文献編集

  • 中島岳志『親鸞と日本主義』新潮社〈新潮選書〉、2017年8月。ISBN 978-4-10-603814-3

参考文献編集