上今泉 (海老名市)

日本 > 神奈川県 > 海老名市 > 上今泉 (海老名市)

上今泉(かみいまいずみ)は、神奈川県海老名市にある地名。現行行政地名は上今泉一丁目から上今泉六丁目、および住居表示未実施の大字上今泉からなる。郵便番号は243-0431[3]

上今泉
—  町丁大字  —
秋葉山古墳群第一号墳
上今泉の位置(神奈川県内)
上今泉
上今泉
上今泉の位置
座標: 北緯35度27分58.98秒 東経139度23分58.5秒 / 北緯35.4663833度 東経139.399583度 / 35.4663833; 139.399583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Ebina, Kanagawa.svg 海老名市
設置 1889年明治22年)4月1日
面積[1]
 - 計 1.86km2 (0.7mi2)
人口 (2018年(平成30年)2月1日現在)[2]
 - 計 12,678人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 243-0431[3]
市外局番 046 (厚木MA)[4]
ナンバープレート 相模

目次

地理編集

市内北部の目久尻川右岸に位置し、座間丘陵から相模平野にかけて広がる。地内は住宅地がほとんどであるが、西部には水田が広がる。

東で柏ケ谷、南で国分北および、西で下今泉、北で座間市入谷・座間市西栗原および座間市南栗原とそれぞれ接する(特記ないものは海老名市)。

面積編集

面積は以下の通りである[1]

大字丁目 面積(km2
上今泉 0.40
上今泉一丁目 0.22
上今泉二丁目 0.21
上今泉三丁目 0.21
上今泉四丁目 0.27
上今泉五丁目 0.29
上今泉六丁目 0.26
1.86

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、上今泉6-5-11の地点で16万3000円/m2となっている。[5]

歴史編集

地名の由来編集

「今泉」の名は、常に水の湧いている場所を意味するとされる。

沿革編集

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前
上今泉一丁目 1976年1月1日 大字上今泉
上今泉二丁目
上今泉三丁目
上今泉四丁目
上今泉五丁目
上今泉六丁目 1983年11月1日

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
上今泉 2世帯 6人
上今泉一丁目 773世帯 1,962人
上今泉二丁目 1,109世帯 2,634人
上今泉三丁目 475世帯 1,046人
上今泉四丁目 875世帯 2,447人
上今泉五丁目 990世帯 2,514人
上今泉六丁目 871世帯 2,069人
5,095世帯 12,678人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
上今泉 1633~2044 海老名市立今泉小学校 海老名市立今泉中学校
上今泉一丁目 全域 海老名市立上星小学校
上今泉二丁目 全域 海老名市立今泉小学校
海老名市立上星小学校(選択可能)
上今泉三丁目 全域 海老名市立上星小学校
上今泉四丁目 全域
上今泉五丁目 全域
上今泉六丁目 20~39番
47番~51番
海老名市立柏ケ谷中学校
海老名市立今泉中学校(選択可能)
1~19番 海老名市立杉本小学校 海老名市立柏ケ谷中学校

交通編集

鉄道編集

小田急小田原線およびJR相模線が地内を通過するが、駅はない。最寄駅は海老名駅(小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線)、座間駅(小田急小田原線)、入谷駅(JR相模線)およびかしわ台駅(相鉄本線)の各駅。

バス編集

道路編集

国道

一般県道

施設編集

 
憲政碑

上今泉(住居表示未実施)

上今泉一丁目

上今泉二丁目

  • 上今泉第二児童遊園[10]
  • 上今泉才ノ神戸(さいのかみど)公園[10]

上今泉三丁目

  • 上今泉涯(かけ)第一児童遊園[10]
  • 上今泉涯第二児童遊園[10]

上今泉四丁目

  • 秋葉山古墳群
  • 常泉院
  • 上今泉配水池
  • 上今泉自然公園[10]
  • 上今泉秋葉台自然緑地[10]
  • 上今泉第一児童遊園[10]
  • 上今泉小桜団地児童遊園[10]
  • 上今泉山野(さんや)児童遊園[10]

上今泉五丁目

  • 上今泉第一児童公園[10]
  • 上今泉第二児童公園[10]
  • 上今泉第三児童公園[10]
  • 上今泉神後谷(じんごやと)児童公園[10]
  • 上今泉第四児童遊園[10]

上今泉六丁目

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集