中井貴惠

日本の女優、エッセイスト
中井貴恵から転送)

中井 貴惠(なかい きえ、1957年11月27日 - )は、日本の女優エッセイスト。本名・中沢(旧姓・中井)貴恵子。田園調布雙葉中学校・高等学校早稲田大学卒業。芸名「貴恵」の名付け親は木下惠介

なかい きえ
中井 貴惠
本名 中沢 貴惠子
生年月日 (1957-11-27) 1957年11月27日(63歳)
出生地 東京都世田谷区玉川田園調布
身長 167cm
血液型 O型
職業 俳優語り手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
著名な家族 佐田啓二(父)
中井貴一(弟)
公式サイト http://nakaikie.com/
主な作品
女王蜂 (1978年の映画)人生劇場
受賞
1982年 あゝ野麦峠・新緑篇制覇
日本アカデミー賞 助演女優賞・優秀賞
テンプレートを表示

来歴・人物編集

戦後のスターで 〝松竹三羽烏〟と言われた俳優・佐田啓二の長女として生まれた。しかし1964年、小学生になって初めての夏休みである6歳の頃に父である佐田が交通事故で他界し、その事故直前に信州蓼科高原の別荘に家族で過ごしたのが父との最後の思い出となった[1]。当時は幼かったこともあり生前父の仕事についてあまり良く知らなかったが父の死後、生前出演した映画を何本も見ることで俳優としての父を知った[1]

早稲田大学文学部在学中に女優デビューすることになり、一部から二部へ転部し日本文学科卒業。弟に俳優の中井貴一がいる。貴一は、仕事では姉の貴恵と共演したくないという姿勢であり、同じドラマに出演した際には一度も共演するシーンがなかった。

1977年市川崑監督の映画『女王蜂』でデビューする。トップクレジットでこそないもののタイトルが指し示すヒロイン役であり、本人によると「この映画は死んだ父に今の私ができるたった一つのプレゼント」との思いで撮影に臨んでいたという[1]。多数の大スターに囲まれながら一押しの大型新人として宣伝の中心に据えられる破格の待遇を受け、数々の新人賞を受賞した。

1982年に『あゝ野麦峠 新緑篇』『制覇』で日本アカデミー賞助演女優賞にノミネート。以後、映画やテレビドラマ・CMに出演し1983年には映画『人生劇場』にてヌードを披露した。

1987年の結婚を機に女優業を休業。夫の勤務地であるアメリカニューハンプシャー州、帰国後は札幌に居住していたが、現在は東京在住。2女の母。

近年は、絵本朗読を行う「大人と子供のための読みきかせの会」の活動を続けている。なお、「大人と子供のための読みきかせの会」は本名の「中沢貴恵子」併記で活動している。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

バラエティ・情報番組・アニメ編集

CM編集

書籍編集

  • 「貴恵のニューイングランド物語」文化出版局(1990年
  • 「娘から娘へ」文化出版局(1994年
  • 「父の贈りもの」角川書店〈角川文庫〉(1997年
  • 「ピリカコタン~北の大地からのラブレター」角川書店(2000年
  • 「赤毛のアンを探して」角川書店(2002年
  • 「手話ボランティア入門」旬報社(2003年
  • 「大人と子供のための読みきかせの会―「5年間の物語」」ブロンズ新社(2003年)
  • 「ラブレターズ」「小津安二郎 大全」朝日新聞出版(2019年)に収録

絵本編集

エピソード編集

  • 27歳で夭折した夏目雅子とは、共演こそ少なかったが、プライベートでは親交が深かった(2010年3月放送の『もう一度会いたい素顔の夏目雅子 〜親友・中井貴惠が時を訪ね行く… 〜』(BS朝日)ではナビゲーターを務めている)。
  • 『人生劇場』で脱いでから脱ぐオファーばかり来て閉口したが にっかつ からも来た時には驚いたと言う。雑誌の対談で松方弘樹と絡んだ時に 「松方さんのアレを見ちゃったんです」 とアッケラカンと発言していた。「ヌードはあまりにも好評だったのでもう脱ぎません」と念押ししていた。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 週刊現代6月12日・19日号「昭和の怪物」研究その122・佐田啓二「二枚目役者のかなしみ」p25-32
  2. ^ 光る壁画_脚本詳細データ_脚本データベース_一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムラジオドラマ資源:1984年

外部リンク編集